カカオ農園が自ら作る「アケッソンズ」チョコはまるで料理みたいな味わいです!

シェアする

アケッソンズとは?

「INVITE YOU TO A JOURNEY OF DISCOVERIES THE WORLD」「旅するように味わうチョコレート」

…の謳い文句で紹介される「AKESSON’Sアケッソンズ)」。

カカオ生産者が自ら作る絶品チョコレートとは?

というワケでこのページでは、「アケッソンズ」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

アケッソンズとは?

アケッソンズは、世界三大陸アジア、南米、アフリカのカカオ農園の特別なカカオ豆を使用したチョコレートメゾン。

最大の特徴は、創業者であるベルティル アケッソン氏自らが「カカオ栽培者」であること。

現在、マダガスカル、ブラジル、インドネシアに自社農園を持っています。

そうなんです!
今流行りの「bean to bar(豆の選定から)」よりもさらに高いレベルの、いわゆる「plantation to bar(カカオ豆の栽培から!)」ともいえる、そんなブランドなんです。

また、彼が、カカオと同じく専門としているスパイス(特に胡椒)をチョコレートに使うことでも有名!

それは、彼がさまざまな国に暮らし(彼の父は、スウェーデンの外交官としてパリ大使館で働き、その後、旅行代理店を経営してカメルーン、そしてマダガスカルへと移住した)、そこで感じたテロワールの素晴らしさを大切に思って、のこと。

よって、使われるスパイスは、カカオの産地と同じ物を使用して、一体感を出しているんだそうです。

そんなアケッソンズのチョコレートは、インターナショナル・チョコレート・アワード、アカデミー・オブ・チョコレート、グレイト・テイストなど、権威のあるアワードも受賞しています。

アケッソンズ おすすめ商品

さまざまな味のタブレット(板チョコ)を展開しているアケッソンズから、ライターケイが特におすすめだと思う物をピックアップして紹介します。

アケッソンズ 板チョコの種類

アケッソンズ 板チョコの種類

アケッソンズ 板チョコの種類

マダガスカル75%トリニタリオ&ヴォティペリフェリペッパー

私がアケッソンズのことを「コレ、美味しい!」と認識するに至ったきっかけになったのがこちら「マダガスカル75%トリニタリオ&ヴォティペリフェリペッパー」です。

ブランド説明のところでふれたとおり、アケッソンズは胡椒を使った物が多いのですが、それもその1つ。

パッケージを見ていただいたらわかる通り、チョコレートアワードやらグレートテイストやら、各賞を受賞した1枚でもあります。

アケッソンズとは?

さて、こちらはその名の通り、「ヴォーティペリフェリペッパー」という野生の胡椒が使われています。

「料理のよう」と評されることが多いアケッソンズのチョコですが、これはまさにそれ!

ビターチョコに、胡椒のパンチがピリリと。フローラルでありウッディな香りもあります。

ちなみに、アケッソンズでは、この胡椒単体の販売もあるんですよ。

アケッソンズ 原材料名 例

カカオ豆、砂糖、カカオバター、ワイルドペッパー、乳化剤(大豆由来)

アケッソンズ マダガスカル75%トリニタリオ&ヴォーティペリフェリペッパー

アケッソンズ 店舗&通販情報

アケッソンズは、チョコレートシーズンでのデパート催事、および、そのデパートのオンライン通販などで手に入れることが出来ます。

伊勢丹(サロンデュショコラ)や阪急などで扱われることが多いようです。

やじるし伊勢丹 オンラインショップ

輸入販売はTOMOE SAVEUR

スポンサーリンク