燻製チョコを買いに♪「アルノー・ラエール」

シェアする

高島屋スペシャルエディション アルノーラエール

高島屋 アルノーラエール

チョコレートマニアとして有名な楠田枝里子さんによって、テレビで紹介されたこともあり、日本でも人気に火が付いた「ARNAUD LARHERアルノー・ラエール)」。

今日は、そんな「ARNAUD LARHERアルノー・ラエール)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

アルノー・ラエールとは?

M.O.F(国家最優秀職人章)の他、C.C.Cからも評価されているパリジャンから高い人気を誇るアルノーラエール。

塩で有名なブルターニュ出身のラエール氏は、厳しい目で素材を選び、特に良質なカカオを見極めることに優れています。

アートにも感心が高い彼だからこそ造り出せるチョコレートはセンスが良く、見た目も味わいも抜群。

フォション時代にピエール・エルメに師事。

1997年、モンマルトルに一号店をオープン。現在はパリに3店舗を構えます。

アルノーラエール ショコラティエ プロフィール

アルノーラエールのオフィシャルサイトには、そのクリエイションを極めるために日々努力し、新しい味を生み出すためには、堅牢な基礎と、そして何事にもとらわれない気持ちを持つこと…という哲学が紹介されています。

アルノーラエール

アルノー・ラエール おすすめ商品

ラエール

「ラエール氏、究極のチョコレート」と評される、その名も「Larher(ラエール)」。

ラエール

コクのあるビターチョコレートの絶妙なバランスが〇

100%サンプルサン

砂糖を入れない100%ピュアなカカオベーストのみを使った1粒。

100%サンプルサン

フェモア

かの「マツコの知らない世界」のチョコレート回で紹介された、燻製チョコ。

アルノーラエール 燻製チョコレート

“ブナの木で燻製したマダガスカル産カカオ64%のダークチョコレートガナッシュ”を、70%カカオのダークチョコレートでコーティング。

中のガナッシュが燻製されているそうで、燻された味と香りが本当に不思議!
個人的には大好きな一粒。

人によって、「燻製チーズを食べた後みたい」だとか、また、どうしてもベーコンなどの肉類の味の記憶を思い出させことから「動物的な味がする」と感じる人もいるみたい…。

楽しいので、ぜひ一度チャレンジを!

アルノーラエール 燻製チョコレート

そのほか、ベーシックな見た目のボンボンに加え、「ポップアート」など、見目楽しい商品もあり、チョコレートに詳しくない友人への贈り物としても楽しいですよ!

高島屋 アルノーラエール

アルノー・ラエール 原材料名 例

チョコレート、生クリーム、転化糖、バター、グルコース、ソルビトール、乳化剤(大豆由来)、着色料(黄4、黄5、酸化チタン)

アルノーラエール 原材料名

アルノー・ラエール 店舗&通販情報

パリに3店舗。

アルノーラエール 店舗

セーヌ店
93 rue de seine 75006 Paris
ダムレモン店
57 Rue Damrémont 75018 Paris
コランクール店
53 rue Caulaincourt 75018 Paris

残念ながら日本にはまだ店舗がないようですが、楽天市場などの輸入ショップから安全に購入できるようです!

スポンサーリンク