元バッキングガム宮殿お姫様専属のアイス職人が作るチョコ「シャポン」

シェアする

シャポン クーベルチュール

元バッキングガム宮殿のお姫様専属のアイス職人だったという、なんともキュンとくる経歴を持つパティシエ「パトリス・シャポン」。

彼が作るチョコレートは、もう30年以上もパリで愛されています。そのこだわりには驚くべきモノが!

今日はそんな「CHAPONシャポン)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

シャポンとは?

パリに5店舗を構えるビーントゥバー*のショコラトリー「シャポン」。

ここ数年で大変なブームになったチョコの新潮流。カカオ豆の選定から自社で行う製造方法のこと。

ビーントゥバーについて解説してあるコンテンツなどでは、必ずその名が挙がるほど、実は、その道の第一人者。

その製法が浸透するずっと以前からそれを取り入れ、チョコレートを作り続けています。

シャポンのこだわり

パトリスシャポンは、全世界各地のカカオ生産地に自ら足を運び、ファームの様子を見、そして生産者たちとコミュニケーションをとりながらカカオを選定しています。

パトリス・シャポン

そうやって手にしたカカオをさまざまな加工によって最高の状態でチョコレートに。

ロースター(焙煎機)も、100年以上前の機会をわざわざメンテナンスしたものを使う…など、細部にまでこだわります。

CHAPON パリ サロンデュショコラ

シャポン おすすめ商品

…と、そんなシャポンについて、おすすめ商品をご紹介します。

カカオにこだわるビーントゥバー、という事で、まず体験していただきたいのはタブレット(板チョコ)です。
タブレットは産地別などで約15種類ほど用意されており、1枚は2000円~。

ベネゼエラ75%カカオ

苦みが強いタイプ。長い時間かけて焙煎しているために、カカオ豆の味を楽しむことが出来る。
それもベネズエラならではの寒暖差あってこその特徴。

マダガスカル73%カカオ

世界でも最高品質と名高いマダガスカルカカオで作られたタブレットは酸味が強いタイプ。
ワインのような味わいが特徴!

シャポン マダガスカル

カカオワールドセレクション

期間限定数量限定?などで登場することもある、タブレットのセット「カカオワールドセレクション」。
全世界のカカオ産地から、シャポンが12箇所のカカオ産地を厳選しています。

カカオワールドセレクション

このほか、アイスバーやボンボンショコラなども。
限定出展予定はウェブからチェックを~!

シャポン 店舗&通販情報

ニュースです!

なんと、2017年1月、シャポンが日本上陸。

自由が丘に店舗が出来ました。

シャポン 自由が丘店

シャポンの超お洒落なカトラリーで楽しめる店内での飲食…

そして何より楽しく嬉しいのは、タブレットの食べ比べができるスペースです。

シャポン 自由が丘店

みなさま、ぜひぜひ体験してみてくださいね♪

シャポン自由が丘店住所:東京都目黒区自由が丘2-8-8 Le ciel blue 102
営業時間:10:00~20:00 定休日 無

スポンサーリンク