サンフランシスコ発のお洒落ビーントゥバー「ダンデライオン」を詳しく紹介します。

シェアする

ダンデライオン 日本店舗 蔵前

アメリカ サンフランシスコ発、シングルオリジンの豆から作る希少なチョコレートファクトリー「DANDELION CHOCOLATEダンデライオン チョコレート)」。

最近、海外店舗1号店として日本の蔵前にもショップが出来たことから、日本のショコラ女子にも一気に知られる存在となった同ブランド…

今日はそんな「DANDELION CHOCOLATEダンデライオン チョコレート)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

ダンデライオン チョコレートとは?

ダンデライオンは、Todd MasonisとCameron Ringの二人が2010年に立ち上げたブランド。

その当時、アメリカで広まりつつあった「ビーントゥバー(カカオ豆の選定から自社で行う製法)」を採用。世界中のカカオ農園から良質なカカオ豆を買い付け、焙煎、テンパリング、成形、ラッピング全て一貫して行っています。

ダンデライオン コンチングマシーン

そのため、生産量はあくまでも自社内のキャパシティ内。品質に自信が持てる数だけを丁寧に製造しています。

原材料について

さらに原材料について詳しく。

上記で紹介した通り、世界各地から取り寄せたカカオ豆を使っているダンデライオンですが、その他の材料は…と言えば、オーガニックのきび砂糖だけ。

カカオ豆によって、焙煎、コンチングの時間や温度などを変えていくことにより、味の変化をつけています。
華やかな香りになったり、トロピカルフルーツのようになったり…とその味わいは、充実した試食によって体験することが出来ますので(サンフランシスコのお店も、日本のお店も。)、安心してお買い物ができるのも嬉しい。

ダンデライオン チョコレート おすすめ商品

マダガスカル産カカオ70%バー

ダンデライオンの看板商品といえば、もちろん、カカオの味を十分堪能できるタブレット(板チョコ)です。

パッケージのお洒落さも、人気の秘密。プレゼントにしてもイイですよね。

ダンデライオン おすすめタブレット 板チョコ

さて、その中でも特に人気なのが、マダガスカル産カカオ70%のモノ。

ダンデライオンの板チョコの中で、最も酸味が強い、ツウ好みの1枚。

レモネードやシトラスを思い起こすフレーバーが特徴です。

ブラウニーバイトフライト

コレ、日本のショップ限定のカフェメニューかもしれないのですが、3種のシングルオリジンチョコレートを使った「ブラウニーバイトフライト」もおススメです。

ブラウニーバイトフライト

エクアドル、ドミニカ共和国、ペリーズそれぞれの国のカカオが使われた3種類の焼き菓子、食べ比べが楽しい♪

ダンデライオン チョコレート 店舗&通販情報

サンフランシスコのショップは、Mission地区にあります。

自動車修理工場を改装して、ファクトリー兼カフェとして2012年11月にオープン。

海外進出第1号店は、日本!
職人の街、蔵前にあります。

ダンデライオン 蔵前店

住所:〒111-0051 東京都台東区蔵前4丁目14−6
グーグルマップで開く

1Fが、ファクトリー&ショップ。
2Fは、カフェ&ワークショップスペースになっていて、1Fファクトリーでは、カカオ豆貯蔵室から、カカオ焙煎、全ての工程を見ることができます。

ダンデライオン おすすめチョコレート メニュー

甘いものが苦手…という男性もご安心を。

もちろん、コーヒーなどの通常メニューも充実していますので、ぜひ彼女に付き合ってあげてください(笑)

あ、そうそう、オンラインショップもありますので、地方の方はぜひお取り寄せしてみてくださいね。

スポンサーリンク