新鮮ミルクで作るフレッシュチョコレートは必食「レダラッハ」

シェアする

フレッシュ チョコレート(4枚入)

スイスアルプスでとれた新鮮な牛乳を、贅沢に使い作られたフレッシュチョコレート…誰が食べても、どこで食べても、幸せにとろけそうになる甘チョコ「Läderachレダラッハ)」。

このページでは、そんな「Läderachレダラッハ)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

レダラッハとは?

レダラッハは、1962年、ルドルフ・レダラッハにより、スイスアルプスの麓エネンダという小さな町に誕生したチョコレートメーカーです。

エネンダは自然豊かな町。
冒頭で書いた通り、レダラッハのチョコレートはその土地で育った牛の新鮮なミルクを使って作られています。

フレッシュミルク由来のバター、生クリームは、ミルクチョコレートととにかく相性バッチリ。

トイスチャーやリンツと同じ、スイスのブランドです。

レダラッハ 量り売り

レダラッハ おすすめ商品

フレッシュ チョコレート

レダラッハの代名詞「フレッシュ チョコレート」は造りたての新鮮な味わいをお届けするために、工房で造られてから間もなく、航空便で日本に届けられます。

スイスのチョコレートらしく、ベースは甘めなミルクチョコレート。

レダラッハ フレッシュ チョコレート(4枚入)

その種類は様々。期間限定や新作のフレーバーなども。

人気のヘーゼルナッツの他、オレンジアーモンド、クランベリー、ブラックベリーラズベリー&ブラックベリー…

最近食べた中でお気に入りはフロランタンとフルーツ&ナッツ。美味しくないワケないですよね(笑)

レダラッハ

1欠片からの購入だけでなく、4種類セット8種類セット、さらには量り売りで販売されることも。

フレッシュ チョコレート(4枚入)

ナチュール スイス

フレッシュチョコレートがあまりに有名なレダラッハですが、もちろんボンボンショコラ(1口サイズのチョコ)もたくさん作っています。

ミツバチのチョコには、蜂蜜とジャンデューヤが入っています。

スイスらしいデザインがキュート。

ナチュール スイス

レダラッハ 原材料名 例

砂糖、ココアバター、アーモンド、カカオマス、ヘーゼルナッツ、脱脂粉乳、全粉乳、クランベリー、果糖、植物油脂、ブラックベリー、ラズベリー、大麦麦芽、パーム油、乳化剤(大豆由来)、香料、酸味料、着色料(二酸化チタン、クルクミン)

レダラッハ 原材料名

レダラッハ 店舗&通販情報

本店はスイスに。

日本における店舗は…かつて青山に直営店がありましたが撤退してしまいました。残念。

現在は、チョコレートシーズン(1~2月)に、各百貨店の催事にて購入可能です。もちろんその時期、各百貨店のオンラインショップでも購入可能。

やじるし高島屋 オンラインショップ
やじるし伊勢丹 オンラインショップ

ライターのひとりごと

「2017年は、本当にラッキー。池袋西武、そして伊勢丹主催のサロンデュショコラでレダラッハ出会うことができて、一番大好きなフレッシュチョコレートをほぼ全種類、購入することが出来たんです。

それもそのはず…販売員さんに聞いたところ、なんと、今年は53年ぶりに、レダラッハの主要アイテムが揃ったんだそう。

それにしてもフレッシュチョコ…やっぱり良い!厚みがあって食べ応えはあるし、それぞれの特徴があるので、どのフレーバーも試してみたくなっちゃうんですよね。

そうそう、サロンデュショコラ(日本)では、限定の味が必ず用意されています。
特に人気の味は、イベント開催1週間以内に完売するほど人気があるそう!

…ちなみに…、日本の食材、抹茶を使ったものはスイス本店では不人気だった…なんてこぼれ話も。」(超チョコマニアhitomi)

レダラッハ

「今までさほどスイスのチョコレートに興味がなかった私。
hitomiさんに紹介されたレダラッハを食べて、驚いてしまいました(笑)

やっぱり食べず嫌いはよくない!こんな美味しいチョコを今まで知らなかったなんて。

…というワケで、スイスの山をイメージしたパッケージに入った4種類セットの他、量り売りにもチャレンジ。

レダラッハ 量り売り

hitomiさんによると日本での量り売りはちょっと珍しいそうですよ。
私は2000円ほどの予算で、気になる種類を4つほど購入しました。

レダラッハ フレッシュチョコレート 種類

誰からも愛される味は、お配りチョコにも。

1欠片500円ほどなので、意外にリーズナブルです。」(グルメライター ケイ)

スポンサーリンク