ドイツの伝統菓子が美味しい♪「レープクーヘン シュミット」

シェアする

シュミット ドミノス

ドイツ ニュルンベルクにおいて90年以上の歴史を持つ老舗菓子店「Lebkuchen Schmidtレープクーヘン シュミット)」。

ドイツの伝統的なお菓子を販売し、地元から愛されているお店ですが、こちらでもチョコレートを使った商品があります。

…というワケでこのページでは、「Lebkuchen Schmidtレープクーヘン シュミット)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

レープクーヘン シュミットとは?

1926年創業 ドイツの菓子店。

店名にもなっている通り、ドイツのクリスマススイーツである「レープクーヘン」が主力商品で、売り上げのほとんどを占めているそう。

クリスマスシーズンを様々なイベントで楽しむドイツにおいて、欠かせないお店になっています。

レープクーヘン・シュミットLebkuchen Schmidt

かつてのヨーロッパを思い起こさせる、レトロなパッケージや缶も人気で、それ目当てでお買い物する人も。

レープクーヘン シュミット おすすめ商品

レープクーヘン

チョコレート商品ではありませんが、やはり一番にご紹介しなければいけないのは「レープクーヘン」ですね。

レープクーヘンとは、ヘーゼルナッツやアーモンドなどのナッツ類の他、スパイスを使ったクッキーのようなモノ。前述の通り、クリスマス時期によく食べられる「クリスマススイーツ」です。

ニュルンベルク クリスマス

デンマークで言えばスペキュロスのようなものでしょうか。別名「ジンジャーブレッド」とも。

ドミノシュタイネ(ドミノス)

そんなレープクーヘンでアップルゼリーをサンドし、チョコレートでコーティングした「ドミノシュタイネ」。

もともと旧東ドイツのお菓子なので、今でも西ドイツの人たちにはさほど知られていないとか。

シュミット ドミノス 味 ブログ

私がこれを購入した通販サイトフェリシモでは「ドミノス」という名前で販売されていました。↓コレです。

シュミット ドミノス

その名前(ドミノの駒)の通り、四角いカタチをしています。

チョココーティングがパリっと、そしてレープクーヘン部分はシットリと、しかし、ゼリーが入っているために、グッとシッカリ目の食感もありつつ、…と、とても不思議なスイーツ。

味の方もまた、スパイスとリンゴの酸味が、日本で食べるスイーツにはない不思議なマリアージュ。

シュミット ドミノス 味 ブログ

クセがあるので好き嫌い別れそうですが、私は大好き!

レープクーヘン シュミット 原材料名 例

砂糖、りんご、カカオマス、小麦粉、液状ぶどう糖、ココアバター、デンプン(じゃがいも由来)、菜種油、香辛料、キャラメルシロップ(乳成分を含む)、寒天、バニラ、酸味料、乳化剤(大豆由来)

シュレット 原材料名

レープクーヘン シュミット 店舗&通販情報

さて、そんなレープクーヘンシュミットは、何度も書いている通り、ドイツ ニュルンベルクに。職人広場内にあり、観光客も多く訪れます。

スイーツショップというよりはお土産屋さんのような風情。

近くには、St. Sebaldus Church(聖セバルドゥス教会)もあるのでまとめて訪れてもイイかもですね。

聖セバルドゥス教会

日本で手に入れるには、フェリシモという通販サイトで唯一購入が可能になっています。

バレンタインやホワイトデイの時期のみ、ですので、欲しい方はタイミングを見てGETをば~。

スポンサーリンク