チョコレートの世界に革命を起こした「リンツ」の滑らかタブレットとは

シェアする

リンドール

約140年前、チョコレートの世界に革命を起こした「Lindtリンツ)」。

あまりにも有名すぎるスイスの歴史的メゾンですが、「そもそもどんなブランドなの?」というのは意外と知らない方も多いのでは。

…というワケでこのページでは、そんな「Lindtリンツ)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

リンツとは?

リンツは、1845年創業、スイスのチョコレートーメーカーです。

リンツの偉業といえば、史上初の「なめらかな」「とろける」チョコレートを発明したこと!
これまでザラザラとした舌ざわりが当たり前だった「チョコレート」に、それを叶える「コンチング」という手法、製造過程を取り入れたのは、1879年のことでした。

(その時に発売されたのが、後述する「ビタースイーツサーフィン」という板チョコです。)

リンツはクーベルチュール(製菓用のすっぴんチョコレート生地)メーカーでもあり、以前このサイトでご紹介したスイスの新星「トーマスミュラー」でも、リンツのクーベルチュールを使用しています。

リンツ おすすめ商品

リンドール

「リンツといえばコレ!」

とろりとしたフィリングを詰めた1949円創製の「リンドール」。
キャンディのような包みがキュートで、その見た目も◎

リンドール

1年通していつでも好評なリンドールギフトボックスは、10個入り、25個入り、50個入り、80個入り、100個入りの5タイプ。

そのほか、リンドールのギフトボックスを大きさのグラデーションに積み重ねたリンドールタワーや、スイスらしいミルク缶を模したパッケージも!

リンドールタワー

ビタースイーツサーフィン

コンチングが発明されたその年、その手法を使って作られ発売されたのが、「ビタースイーツサーフィン」です。

100年以上の歴史を持つリンツの代表的なタブレット(板チョコ)。
甘みと苦みが見事にマッチ。カカオの香りも存分に楽しむことが出来ます。

また、リンツにはそのほか、想像以上の数のタブレットが用意されています!

スタッフさんも「その数に驚いていただきたい!」とのこと。ぜひ店舗に足を運んでみて。

リンドール タブレット 板チョコ

リンツ 店舗&通販情報

スイスの本店の他、日本では、渋谷や自由が丘、吉祥寺、銀座、表参道などに店舗が!
カフェも併設されているので、利用しやすくオススメです。

地方にも多くのショップがあるのも嬉しいですね。

リンツ自由が丘店

渋谷店は個人的によく利用します。
意外に穴場なのよね~。

リンツ渋谷店

そしてもちろん!オンラインショップも。

会員登録での割引なども充実していますので、ぜひ一度チェックをば。

やじるしリンツ・チョコレート オンラインショップ

グルメライター ケイのひとりごと

記事中にも書いた通り、ちょくちょくリンドールのカフェを利用します。

自由が丘のカフェも、とっても気分が良くて、天気が良い日には3Fのテラスもおススメ。

とはいえやはり、立ち寄りやすい渋谷も利用頻度が高かったり…とかとか。

リンツショコラカフェ

リンツショコラカフェで提供されるスイーツも楽しいし!

シーズン限定のメニューもあります♪

リンツショコラカフェ

実はランチメニューっぽいモノもあったりするので、少しゆっくりできる午後なんかも、利用しがいがあるのです。

スポンサーリンク