プラリーヌを開発!老舗ショコラトリー「ノイハウス」

シェアする

ブリュッセル ノイハウス 店舗

160年以上の歴史を持つ、ベルギー王室御用達のショコラトリー「neuhausノイハウス)」。

ショコラ界に多くの革命を巻き起こし、今もなお多くの人たちから愛されている伝説のメゾン…

このページでは、そんな「neuhausノイハウス)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

ノイハウスとは?

1857年、ベルギー ブリュッセルで薬と菓子を商う店として誕生。

1912年、3代目のジャン・ノイハウスが、プラリネ(チョコにペースト状のナッツと砂糖を混ぜたクリーム)をはじめ、美味しいフィリング(中身)をチョコレートの中に包みこんだ一口サイズのチョコレート=ボンボンショコラ=プラリーヌを誕生させた事でも有名です。

また、ボンボンショコラの発明だけでなく、1915年には、チョコレート専門の箱「バロタン」も考案。

オリヴィエ・デモル

伝統のあるメゾンでありつつも、常に革新し続け、ショコラティエを目指す若者の憧れ、挑戦できる場所として愛されています。

ノイハウス おすすめ商品

ノイハウス プラリーヌ 人気

コルネ

ノイハウスの代表作といえばコレ!

ヘーゼルナッツのジャンドゥーヤを「コルネ」の形にした、その名も「コルネ」。

ノイハウス コルネ

そのほか、キャラメルフィユティーヌ入り、クランチヘーゼルナッツ入り、合計3種の味わいがあります。
渦巻きの織りなす滑らかな食感がやみつきに!

カプリス

バニラクリームをたっぷり詰め込んだボンボンショコラ。

オリヴィエ・デモル

ダークチョコでコーティングしています。発売以来高い人気を誇る、コルネに並ぶノイハウスのスペシャリテ。

ノイハウス 店舗&通販情報

本店はベルギーに。

ブリュッセルを中心に多くの店舗があります。

ブリュッセル ノイハウス 店舗

写真は世界一美しい広場「グランプラス」近くのギャルリー・サンテュベール Les Galeries Royales Saint-Hubert内店舗。

残念ながら、現在、日本の本店 銀座店はビルなどの改装により休業中です。

ライターのひとりごと

「ブリュッセルにあるチョコレート博物館に行ったことがあります。
そこで見たのがコレ↓古い時代の、ノイハウスのモールド(型)です。

ノイハウス プラリーヌ モールド型

よく見たらもしかするとコルネかしら?というイラストが入っていて、いかにもノイハウスぽく、キュート!」(グルメライター ケイ)

ノイハウス プラリーヌ モールド型

「赤いNのブランドロゴが印象的なノイハウスの店舗。
店舗中央には、大きなシャンデリア…高級感あふれる店内も素敵でした。

日本から撤退してしまう数年前までは、日本人の好みに合わせた詰め合わせ(アソート)などを定期的にチェックしたりしていたのですが…。また、日本に戻ってきて欲しい!」(超チョコマニアhitomi)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする