天才ショコラティエと評される「オリヴィエ・ヴィダル」のチョコレートとは

シェアする

オリヴィエヴィダル サロンデュショコラ セレクションボックス

2015年、サロンデュショコラにて日本初上陸。
「マツコの知らない世界」で紹介されたこともあり、日本での人気を確固たるものにしている「Olivier Vidalオリヴィエ・ヴィダル)」。

このページでは、そんな「Olivier Vidalオリヴィエ・ヴィダル)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

オリヴィエ・ヴィダルとは?

フランス ブルゴーニュ地方 オクセール(Auxerre)にあるショコラトリー。

ショコラティエ オリヴィエヴィダルは、1967年生まれ。

18歳からファブリス・ジロットの元で修行し、2007年にはM.O.F(フランス国家最優秀職人章。日本でいう人間国宝みたいな感じ)を取得しました。

現在のショップは2012年オープン。

2015年には、日本のサロンデュショコラに初参加しています。

オリヴィエヴィダル サロンデュショコラ セレクションボックス

彼のチョコレートはメゾン創業以来、洗練されておりエレガンス。「天才」と評されることも。

味、香り…職人技の組み合わせにより、そのプロダクトは原材料を超越します。

オリヴィエヴィダル

オリヴィエ・ヴィダル おすすめ商品

エスカルゴ(Escargots Pralinés)

本店のあるブルゴーニュの名物 エスカルゴをモチーフにしたチョコレート。

中にはムースのように滑らかなプラリネ(チョコにペースト状のナッツと砂糖を混ぜたクリーム)が入っています。

通常のボンボンショコラの倍近い大きさ、重さで、食べごたえあり!

エクアドルのダークチョコレート67%の「noir」、
ミルクチョコレート38%の「Chocolat lait」、
ベリーが使われた「Rouges」、

などの種類があります。また日本で行われたサロンデュショコラ(バレンタイン催事)では、過去、フランボワーズの他、柚子やコブミカンが使われた、色鮮やかなものも!

アソート フリュイ(Chocofruits)

綺麗なまるい形と、グラデーションが美しい、フルーツピュレを使ったボンボンショコラ(1口サイズのチョコ)。

オリヴィエヴィダル サロンデュショコラ

レモン、パイナップル、パッション、ブラッドオレンジなどの黄色いフルーツを使った「ジョーヌ デ トロピック(Fruits jaunes des Tropiques)」、
ラズベリー、チェリー、カシス、ブラックベリーブルゴーニュなど、赤いベリーを使った「ルージュ ドウ ブルゴーニュ(Fruits rouges de Bourgogne)」などの種類があります。

オリヴィエ・ヴィダル 店舗&通販情報

店舗は、ランス ブルゴーニュ地方 オクセールに。
3 Place Charles Surugue, 89000 Auxerre, フランス

残念ながら日本に店舗はありませんが、バレンタイン、チョコレートシーズン(1~2月)には、デパートの催事などに登場する可能性が高いです!

2015年から3年連続で、三越伊勢丹主催のサロンデュショコラに出展しているので、今後も出るんじゃないでしょうか。

同時期、伊勢丹のオンラインショップにも登場しますので、タイミングを逃さずGETが吉。

やじるし伊勢丹 オンラインショップ

グルメライターケイのひとりごと

2017年のサロンデュショコラでセレクションボックス フルールをGETしました。

オリヴィエヴィダル プルメリア

オリヴィエヴィダルの1粒は、彼が旅先で出会ったというプルメリアを使ったお花のボンボンショコラ…

オリヴィエヴィダル プルメリア

他ブランドの、バラが使われたようなものとは違い、「花」感が強く個性的。

もっと食べたかった!1粒じゃ足りません~~~っ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする