チョコなのにパン食べてるみたい?!不思議なおいしさ「パンプストリートベーカリー」

シェアする

パン粉入りチョコレート 断面

パン屋さんが作ったチョコレート、なんと、食べるとパンの味がする…?!

そんな変わり種チョコ…だけども、日本のサロンデュショコラへの出店を果たした実力派でもある「PUMPSTREETBAKERYパンプストリートベーカリー)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

パンプストリートベーカリーのチョコレートとは?

イギリス東部サフォーク州オーフォード村にある小さなベーカリーが作る、まるで朝食、焼き立てのパンのようなチョコレート。

パン屋さんなのに、本気でチョコレート作りに取り込む父娘の傑作が、今回ご紹介するパンプストリートベーカリーのチョコです。

パンプストリートベーカリー パッケージ

特筆すべきはその作り方の面白さ。

こちらビーントゥバー(カカオ豆の選定から一貫して行う作り方)ブランドなのですが、パンを焼くオーブン使ってカカオ豆の焙煎をしているそう!

パンプストリートベーカリー おすすめ商品

サワードゥ&シーソルト 66%

さて、そんなパンプストリートベーカリーでまず食べていただきたいのが「サワードゥ&シーソルト」。

その名の通り、海塩と、パンプストリートベーカリー自家製のパン粉を入れたタブレット(板チョコ)です!

パン粉入りチョコレート 断面

↑断面にパン粉が見えるでしょうか。

食べるたびに、カリッシャリッとしたパン粉の食感。そして香ばしい風味。

これは…そう…「チョココロネだ!」

塩味もきいていて、飽きずにいただけます。

カカオの風味はややキノコっぽいので、もしかしたら苦手な方もいるかも?という感じ。(ただし、私コレ、1年くらいの期間を開けて2回食べたのですが、2回目の方が、よりキノコ風味だったので、ロットによっても味わいがかなり違うのかもしれません。)

さて、このほか、ライクラム ミルク&シーソルト、ホンジュラス ブレッド&バター、ホンジュラス フィンカトレスマリア80%、マダガスカルミルク58%などの種類もありますので、ぜひお好きなものを。いずれもタブレット(板チョコ)です。

パンプストリートベーカリー 原材料名 例

カカオ豆、砂糖、カカオバター、小麦粉、塩(シーソルト)、イースト

サワードゥ&シーソルト66%

パンプストリートベーカリー 店舗&通販情報

実店舗はイギリス東部サフォーク州オーフォード村に。

日本から手に入れるには、チョコレートのセレクトショップ「c7h8n4o2」さんの催事や、バレンタイン時期のデパート催事などで可能です。

最近では三越伊勢丹が主催するチョコの祭典「サロンデュショコラ」にも出展しています。
同時期、伊勢丹のオンラインショップでも販売されますので、チェックをば。やじるし伊勢丹 オンラインショップ

グルメライターケイのひとりごと

毎度、渋谷ヒカリエの期間限定ショップで購入しています。

前述のチョコレートのセレクトショップ「c7h8n4o2」さんがたまにお店出すんですよね~。

パンプストリートベーカリー

私、こちらのTwitterをいつもチェックしているので、先日の「ショコラZakkaフェスティバル」(ヒカリエのバレンタイン催事)でも、「いつも見てます!」と話しかけてしまいました(笑)

スポンサーリンク