一度は食べなきゃ!ミスターカカオが作るチョコレート「テオブロマ」

シェアする

パティシエ 土屋公二

カカオに詳しく「ミスターカカオ」と呼ばれるショコラティエ 土屋公二さん。

彼が1999年富ヶ谷にオープンした「ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ」は、スイーツ好きの間で話題を呼び、「日本を代表するショコラティエ」と言われるまでになりました。

このページでは、そんな「テオブロマ」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細などお届けします。

スポンサーリンク

ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマって?

店名、ブランド名にもなっている「テオブロマ」は、カカオの木の学名から取られたもの。
(もともとは「神の食べ物」という意味を持ちます。)

カカオにこだわる土屋さんらしいネーミングが楽しい!

テオブロマ看板 サロンデュショコラ

使われているクーベルチュール(製菓用のすっぴんチョコレート)は、いくつものメーカーの1000を超す中から厳選したもの。

それらを商品ごとに使い分けているんだそう。

ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ おすすめ商品

マロンショコラ

まずご紹介するのは、各専門書にも必ずと言っていいほど掲載されている「マロンショコラ」。

イタリア産の大粒マロンを丁寧に柔らかく煮、ビターなチョコレートを薄くコーティングした1粒。

タブレット

ビーントゥバー(カカオの選定から自社で行う製造方法)で作られたタブレット(板チョコ)。

カメレオン、水牛、アルパカなど、動物の絵柄のパッケージがキュートです。

「ワインのように、チョコレートを嗜好品として楽しむ人のためのチョコ。」だそうで、土屋さん曰く「お値段が安くないのはわかっています。でも、こちらも真剣に作っているので、チョコ好きの人にはぜひ試してほしい」とのこと。

テオブロマ タブレット アニマル

ちなみにコチラ、2015年、代々木公園にオープンした、カカオがテーマの新ブランド「CACAO STOREカカオストア)」のロゴが入っており、テオブロマの物、というよりはカカオストアというブランドのもの?なのかな、という感じ。

カカオストアには、オリジナルの物だけでなく、世界中のビーントゥバーのタブレットが置かれていて、チョコ好きにはたまらない空間に!

カフェも併設していますのでぜひ。

ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ 店舗情報

テオブロマ

所在地: 〒151-0063 東京都渋谷区 富ヶ谷1丁目14−9
電話: 03-5790-2181

カカオストア

所在地: 〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1丁目6−8
電話: 03-3460-1726

グルメライター ケイのひとりごと

数年前のパリのサロンデュショコラにて、土屋公二さんに初めてお会いしました。

写真をお願いすると、ひょうきんな笑顔で答えてくれたり…人柄が素晴らしい!でもチョコレートのコトを語りだすと、カチッとスイッチがはいる感じの方でした。

パティシエ 土屋公二

余談ですが、その際、どこからともなくフラリと初代アンリルルー氏が現れて、土屋さんと親し気にお話していたのが印象的でした。

パティシエ 土屋公二 アンリルルー

うーんさすが…顔が広くてらっしゃる!

ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ スペシャリテ2016

ちなみに…その時私が購入したのは、アワードをとったアソート「ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ スペシャリテ2016」。

「つい2日前に詰めたんだよ。もちろん日本でも買えるけどココで買う方が安いし、出来立てだよ。」なんて言われて買わないワケにはいかないでしょう(笑)

カカオ紅茶

良い思い出です!

スポンサーリンク