【チョコレート用語集】ビーントゥバーとは?

シェアする

ビーントゥバーとは

このページでは、ビーントゥバーBean to Bar)の意味を解説します。

ビーントゥバーとは、チョコレートの作り方、製法の1つ。

「ビーン()からバー(板チョコ)」の単語があらわす通り、「原料であるカカオ豆の選定から自社で一貫して行う」という製法で、これは、「一般的なチョコレート専門店が、すでにチョコレート生地として出来上がった製菓用のクーベルチュールをメーカーから購入する」のに対して、かなり珍しい作り方だと言えます。

スポンサーリンク

ビーントゥバー ブームの背景

チョコレート界において、ここ数年、大変なブームになっている「ビーントゥバー」。

そのブームの始まりは、コーヒー豆を産地から厳選するサードウェーブが話題になり始めたのと同じころ。2000年代にアメリカから、と言われています。

小さな爆発は2007年、NYのブランド「マストブラザーズチョコレート」の創業。その時点でそういった「クラフトチョコレート」メーカーは数社でしたが、その約2年後、2009年ごろにはトレンドに。

現在、その数は、どんどんと増えており、そのブームは日本(詳細後述)にも。

ビーントゥバーの面白さとは

ビーントゥバーで作られるチョコレートは、そのほとんどが、単一産地のカカオ豆(シングルオリジン)を使って作られています。

マルゥ ビーントゥバー

そのため、カカオ自体が持つ風味をダイレクトに味わえる…といった面白さがあります。
産地のよっての味の違い、また、発酵や焙煎の時間や方法によっても、それは様々に変化します。

チョコレート自体を、単なる「菓子」としてではなく「嗜好品」として楽しめるわけですね。

ビーントゥバーとは

また、「チョコレートの原料がカカオ」である事と、その産地を一般消費者に広く意識させることで、その生産者への支援、フェアトレードなどの活動にもつながるといったメリットも。

日本にも広がるビーントゥバー

2010年を過ぎるころには、日本にも、ポツポツとビーントゥバーのショコラトリーが登場します。

そしてそれが知られる大きなきっかけが、2014年創業の「ミニマル」が「ビーントゥバー」という言葉を全面に押し出し、PRしたこと。

ミニマル ビーントゥバー

スイーツ関係のメディアがこぞって取り上げたため、日本での「ビーントゥバー」の認知度は大きく上がりました。

その後、「ダンデライオンチョコレート」が上陸するなど、ますます広がりを見せています。

現在では、首都圏だけでなく、サタデイズ チョコレート(北海道)、コンチェ(静岡)、ダリケー(京都)、33.8グッドカカオ(愛媛)、ウシオ チョコラトル(広島)、カカオ研究所(福岡)、タイムレス チョコレート(沖縄)など、地方にも多くのショコラトリーが。

さらなる潮流?時代は「ファームトゥバー」へ

そして2017年、「ビーントゥバー」のブームはさらに進化し、「ファームトゥバー」へ。

そう、カカオ豆(ビーン)からではなく、それ以前、カカオ豆が出来る農園(ファーム)から関わるというスタイルです。

シャポン

それは農業指導といった側面だけでなく、ショコラティエ自身が、より、カカオのことを知ろうと、発展途上の国へ自ら足を運び、さまざまなインスピレーションを得るといった意味合いも含みます。

*写真はパリで30年以上店を構えるチョコレート職人パトリス・シャポン。

これからの、また新しいカタチのチョコレートが楽しみですね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする