【オーガニック】40年以上前からフェアトレード!「ゲパ」のオーガニックチョコを食べよう

シェアする

GEPA チョコレート

フェアトレード*のパイオニア企業「GEPAゲパ)」。

ゲパが作るチョコレートは、原料の品質の高さだけでなく、生産者の想いが詰まっています。

個人的お気に入りはオーガニック ストロベリーミルク♪

そんな「GEPAゲパ)」について、その特徴、おすすめ商品、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

ゲパとは?

「ゲパ」社は、1975年にドイツで設立された、フェアトレード*のパイオニア的存在の会社。

なんと、創業以来40年以上も発展途上国の生産者をサポートし続けています。

*フェアトレードとは、途上国の社会的、経済的に立場の弱い人々、例えばカカオ豆の生産者などに対して、公平な価格で仕事を依頼し、彼らの自立を支援する活動。

その商品展開はチョコレートだけでなく、コーヒーや、パスタ、調味料などの食料品、さらにはバッグやスカーフ、バスルーム商品などのライフスタイルグッズなど…!
フェアトレード、オーガニックの商品を広く扱っています。

ゲパのオーガニック原料について

ゲパ(チョコレートプロダクト)の原材料には、ICCO(国際ココア機関)によって定められた、とても希少な「ファインフレーバーカカオ」が使われています。

また、使用する砂糖は、フィリピンのネグロス島で生産されている「マスコバド糖」と呼ばれるサトウキビ由来のモノ。
これは、サトウキビを絞って煮詰めただけ…というシンプルな製法で作られています。一般的な白砂糖と比較するとミネラルが豊富な上に、クセもなく食べやすいという特徴があります。
サトウキビを絞り、煮詰めただけの伝統的な製法で作られています。ミネラルが豊富でクセのない風味が特徴。

その他、ドイツのミルクや、パラグアイの生産者から輸入した砂糖などを採用。

特筆すべきは、フェアトレード認証のオーガニック原材料の配合量。製品に対して40~100%という高配合率は、他ブランドのフェアトレード商品と比較しても珍しい数字です。

また、こだわりはパッケージングにも。
GEPAのチョコレートバーやキャンディーバーはアルミを使わずにパッケージされています。 その素材は94%再生可能な原料で構成されています。

ゲパ 原材料名 例

ココアバター、粗製糖、脱脂粉乳(乳成分を含む)、脱脂粉乳ヨーグルトパウダー(乳成分を含む)、クリームパウダー(乳製品)、スイートホエイパウダー(乳製品)、ストロベリー

GEPA オーガニック ストロベリー ホワイトチョコレート 原材料名

ゲパ おすすめ商品

オーガニック ストロベリー ホワイトチョコレート

さて、そんなゲパから本日イチオシでご紹介するのは、「オーガニック ストロベリー ホワイトチョコレート」。

GEPA オーガニック ストロベリー ホワイトチョコレート

ホワイトチョコの風味が「あ、重くなっちゃうかな?」というギリギリの瞬間に、スッとイチゴの酸味と、フリーズドライ独特の軽やかな食感がフォロー。

GEPA ストロベリー

甘ったるくならずにいただけるホワイトチョコレートは、男性にも食べていただきたい逸品!

GEPA ストロベリー 味 ブログ

オーガニック キヌアミルクチョコレートバー

もう1つのおススメは、最近何かと話題のスーパーフード「キヌア」が使われたもの。

まろやかなミルクチョコに、食物繊維をはじめとした栄養抜群のキヌアをたっぷりと閉じ込めています。
キヌアのサクサクとした軽めの食感が楽しい。

ゲパ 店舗&通販情報

実店舗ではなかなか見つけるのが難しいゲパ。

確実なのは、正規輸入代理店「おもちゃ箱」さんが運営する公式オンラインショップの他、楽天市場、Amazonなどのショッピングモールからのお取り寄せでしょうか。

気になる方はぜひ検索をば!

スポンサーリンク