超ラグジュアリーホテル「アマン東京」で人気アフタヌーンティーを体験してきた!

シェアする


アマン東京のブラックアフタヌーンティーの写真

ザ・ペニンシュラ東京、ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ、ザ・リッツ・カールトン東京、マンダリン オリエンタル 東京…などなど…

ショコラ女子としては、色んなラグジュアリーホテルのチョコレートもハズせないわ…と、積極的に楽しんでおります。

さて、そんな中、今日ご紹介するのは2014年 東京大手町にオープンした「アマン東京」。チョコレートも体験できる33F「ザ・ラウンジ by アマン」のアフタヌーンティーを体験して参りました。

やじるし「ザ・ラウンジ by アマン」の予約はコチラから
やじるし「アマン東京」宿泊予約はコチラから

スポンサーリンク

「アマン東京」「ザ・ラウンジ by アマン」に行ってきた!

…というワケで、ポイントが溜まっていた(笑)一休レストランで予約しまして、東京メトロ線 大手町駅からアマン東京「ブラックアフタヌーンティー」に行ってきました。

アマン東京の入り口

「ザ・ラウンジ by アマン」ってこんな感じ

お目当ての「ザ・ラウンジ by アマン」は33Fに。

驚くほど高くとられた天井に、東京の街並みを借景とした壁一面のガラスが素晴らしい開放感です。

ザ・ラウンジ by アマン

日本庭園をイメージしたガーデンラウンジには、琴の生演奏が響きます。

ザ・ラウンジ by アマン

受付で予約の旨を伝えると…、

ザ・ラウンジ by アマン 宿泊者限定ラウンジ

なんと宿泊者と会員しか利用できない、ちょっと特別なエリアに案内されました。

ザ・ラウンジ by アマン 宿泊者限定ラウンジ

実際泊まろうとすれば、1泊10万はするアマンのVIPなスペース♡

ザ・ラウンジ by アマン 宿泊者限定ラウンジ

しかも、私たちが利用した窓際の席は、スカイツリーまでばっちり見渡せるような東京シティービューなテーブル席。

ザ・ラウンジ by アマンからの眺め

そこで、ネーミング通り、カトラリーまで真っ黒な「ブラックアフタヌーンティー」をいただきます。

まずは、30種類以上あるドリンクメニューから好きなものをオーダー。おかわりは自由です。

アマン東京 ゼリーにチョコレート型帽子

まずはティースタンドとは別で、チョコレートで出来たハットが乗っかったゼリーが出てきました。スコーンとジャム&クロテッドクリームも。

↓そしてこちらがメインのスタンド!

アマン東京のブラックアフタヌーンティーの写真

下段セイボリーには、やはりブラックのバンズで作られたハンバーガーなどが。

真ん中の段はフィナンシェなどの焼き菓子系。

アマン東京

そしてお待ちかね上段はチョコレート尽くし。

シンデレラを思わせるハイヒール型のボンボンは、ベルト?やトゥの部分の飾りなど繊細な作り。可愛い!中にとろりとした酸味のきいたシャンバーニュとベリーのジュレが入っています。

奥のダイヤモンド型の器にはカカオニブとパートドフリュイ

カカオマス

バッグ型のチョコの中には、生のフルーツ…など、それぞれ面白い仕掛けがされています。

タイミングによっては、旅行用のトランクだったり、モチーフの変更されるみたい。楽しみですね。

アマン東京 バッグ型チョコレート

ちなみに、ここで使用されているメインのチョコは、バレンタイン時期単独(例えば、ヒール型のボンボンは2足3500円でした)で販売されますのでそういった楽しみ方も。

(「アマン東京」が入るホテルとは別棟にある「ザ・カフェ by アマン」が販売場所になるようです。)

アマン東京のブラックアフタヌーンティーの写真

また、ブラックアフタヌーンティーは季節やイベントごとによってメニュー内容が変わりますので、何度訪れても新しい楽しみがありますよ。

ぜひ!

「アマン東京」店舗情報

■「アマン東京」「ザ・ラウンジ by アマン
住所:〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目5−6 大手町タワー(グーグルマップで開く
電話:0352243333

■「ザ・カフェ by アマン
住所:〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目5−6(グーグルマップで開く
電話:0352243339

やじるし「ザ・ラウンジ by アマン」の予約はコチラから
やじるし「アマン東京」宿泊予約はコチラから