カカオの状態別名称をまとめてみた「カカオニブ」「カカオマス」「ココアバター」他

シェアする


カカオの名称

京都 ダリケー店舗にて撮影

チョコレートの原料であるカカオ豆が、カカオの実の種であることはチョコレート好きならご存知のことと思います。

そのカカオ豆は、焙煎され、砕かれ、油を搾られ、練り上げられ…と、チョコレートになるまでに様々な状態に変化します。

例えば、皮を剥き細かく砕かれた状態のものを「カカオニブ」と呼ぶなど、都度、名称も変わっていき、その状態のまま他の製菓材料となったりも(そのまま食べる事も)します。

このページではそんな、カカオの豆の状態別名称をまとめてみたいと思います!

スポンサーリンク

カカオニブ

「カカオニブ」とは、焙煎したカカオ豆を砕き、皮と胚芽部分(ジャーム)を取り除き胚乳部だけにしたものです。

試験管入りカカオニブ

皮をむき、胚芽部分を取り除いたカカオ豆

参考画像:皮と胚芽を取り除いた状態のカカオ豆

チョコレート専門店では、この状態で販売されることもあります。

ポリポリとそのまま食べる事が出来るので、アイスやヨーグルトなどのトッピングに使ったり、

ジャラクの玄米カカオカレーに乗っているカカオニブ

また、珍しい所ではカレーなどのスパイスが効いたお料理に合わせたり、

カカオニブハニー

はちみつと一緒に混ぜて、パンに乗せたり…といった使い方もオススメです!

カカオシェル(カカオティー)

「カカオシェル」は、カカオ豆の外皮の事。

上記「カカオニブ」と同じく、チョコレートを作る過程「分離」の工程で出るものです。(写真右下)

カカオの名称

こちらも(主にお茶として)この部位単体で販売されています。ショコラトリーに併設するカフェメニューでも見かけます。

テオブロマのカカオティー

夏はアイスで、もちろんホットでチョコと一緒に…!

カカオティー

カカオマス(カカオリカー)

上記「カカオニブ」を、さらに「摩砕」するとそれに50%以上含まれている油脂の存在によってトロリとしたペースト状の「カカオマス」になります。

カカオマス

ココアバター

「ココアバター」は、カカオに含まれる油脂分の事です。
上記「カカオマス」を圧搾機にかけ絞り出します。

チョコレート作りにはもちろんの事、スキンケア商品に配合されるなど、美容の面でも注目されています。

カカオバター

ココアケーキ

「カカオマス」を圧搾機にかけ一定量の「カカオバター」を取り除いた(搾油)ものを「ココアケーキ」と言います。

ココアパウダー

そして、その「ココアケーキ」をさらに細かく粉砕したものがご存知「ココアパウダー」です。

もちろん、そのままでも販売されていますし、「調整ココアパウダー」として砂糖が混ぜられたものもおなじみですね。

クリッパー ココア 味 ブログ

ちなみに、「カカオマス」から「ココアバター」を取り除き、「ココアケーキ」→「ココアパウダー」を作る事を可能にした圧搾機を開発したのは、かの「バンホーテン」の創始者であるクンラート・バンホーテンです。

この偉業は、いわゆる「チョコレートの4大発明」に数えられます。