チョコ保管のためにワインセラー買いました!湿度調節は?音は気になる?棚板はどうした?


ワインセラーでチョコを保管する

チョコ沼にはまると、出てくる悩みの1つが「チョコレートの保管」問題。

一般的には冷蔵庫の野菜室を利用する方が多いようなのですが、家族がいる場合やニオイ移りなど気になる点もボチボチと。

…というワケで、私はワインセラーを購入して使っております。

半年ほど使用して、気になる点、工夫した点なんかも含め、使用レポをお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

私が買ったのは「アイリスオーヤマ」の安いヤツです

今回チョイスしたのは、1万円以内で購入できる「アイリスオーヤマ」さんの「ワインセラー PWC-251P-B」というやつ。

ワインセラー

大きさ25.2cm×45cm×奥行が50cm、重さが9.5kg、庫内容量25L

徹底した温度管理振動が少なく静かな冷却方法(ペルチェ方式っていうらしいです)が特徴との事。

本当にチョコ保管に適しているのか?

チョコの専門書などを複数読んだところ、

・タブレット(板チョコ)は20度以下
・ボンボンショコラ(中にクリームやジュレが入った一口チョコ)は15度以下

といった温度が適しているとの事で、タブレット多めの私は、設定温度を17度にして使っています。

ワインセラーでの湿度温度管理

実際の温度湿度は?「夏」の場合

しばらく庫内に温度湿度計を入れてみたところ、

温度が16.2度、そして湿度が56%という結果。

実際の温度湿度は?「冬」の場合

そして寒い時期、雨が降っているある日は…、

温度が18度、湿度58%

でした。寒い日の方が温度が高いのが謎なんですが(笑)、「徹底した温度管理」の謳い文句通り、温度変化は想像より小さく、湿度も思ったほど高すぎない事が判明しました。もう面倒なので除湿剤も入れないで使ってます。

音は気になる?

こちらもまた、「振動が少なく静かな冷却方法ですよ」という謳い文句通り、ホームオフィス…しかも作業しているすぐ後ろに置いていたんですが、聴覚過敏気味な私でも気にならないくらい静かです。

扉を開けた後は温度が上昇した分、取り戻そうと頑張るので、その時だけ「フィーーーーーン」という音がしますが、それも問題ない程度かなと思います。

棚板はどうした?

さて、ワインセラーはそもそもワインを入れるためのものの為、チョコを保管する場合棚板を工夫する必要があります。

ホームセンターなどでアクリル板を買ってくるのが正しい(?)方法かもしれませんが、私は手抜きして、クリアファイルで代用しています。

ワインセラーの棚を作る

サイズに合わせてハサミでチョキチョキ…。

ワインセラーの棚を作る

出来上がりはこんな風に。

↓実際、特に問題なく使えております。「見栄えはそこまで気にしないよ」って方はぜひマネしてみてください(笑)

ワインセラーでチョコを保管する

どのくらい入る?

今回私が購入したサイズは、ワインボトル8本入りのタイプ。

ものすごくアバウトですが、

焼き菓子セット2箱、ボンボンショコラアソート5箱、タブレット10枚

くらい入っていると「満室だなぁ…」っていうイメージ。

重ねまくるのを厭わずぎゅうぎゅうに入れた場合、さらに1.5倍くらい入ると思うのですが、奥行きが50センチでなので、奥のチョコを取るのに手前を全出し…みたいなややこしいこといなるかも。

チョコレートの賞味期限をメモ

ちなみに、チョコが多くなってくると、何が入っているのかわからなくなっちゃいますので、商品名と賞味期限を書いたメモを置いておくと便利ですよ!

…というワケで、ワインセラーでチョコを保管してみたお話でした。

今のところ、かなり便利に使っています。
個人的には何より、自室にチョコがあるっていう事にテンションが上がっています。(以前は廊下で保管していた。夏は冷蔵庫。)

難を言えば、自分にはやや小さかったことかな~と。
もしかするともう1個買って重ねて使う事になるかもしれません(笑)