ベリーざくざく!甘酸っぱい円形チョコがお薦め「コントワ ドゥ カカオ」

シェアする

コントワ ドゥ カカオ ベリーチョコレート

見た目よし!味よし!そしてコスパよし…!

ライター2人がお薦めするフランス カントリーサイドの工房「Le Comptoir du Cacaoコントワ ドゥ カカオ)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

コントワ ドゥ カカオとは?

パリから大きく南に外れた田舎町からスタートしたコントワールドュカカオ。

家族経営の小さなチョコレート製造会社でしたが、その誠実な商品作りが話題を呼び、パリへの出店を果たしました。

ミシュラン パリのショコラティエ10選出の他、サロンデュショコラ プラリネ部門 2003年第1位、2006年に第2位…といった賞歴を持つ実力派。

コントワ ドゥ カカオ おすすめ商品

グルメパレット レッドベリー

冒頭写真にドドンと掲載した「グルメパレット レッドベリー」。

いちごやブラックベリーなど、キュートな見た目のフルーツたちがザクザクと乗っかった円形チョコ。

カタログには掲載がなかったのですが、店頭で見てひとめぼれ。

コントワール・デュ・カカオ グルメパレット レッドベリー

1つ1つ、表情がある感じもまた面白いですね。

温度を18度くらいにして、ナイフでカット。
ミルクチョコレートにのっているベリーたちは、お砂糖がかかっていないから、ナチュラルな酸味。

丸いケースに入っているので、ケーキを食べるように、紅茶やコーヒーを入れて、じっくり食べたい。

グルメバー チョコレート

日本ではあまり見かけない?のですが、パリのサロンデュショコラではタブレット(板チョコ)が人気でした。

ダークベリー、ピスタチオ、ヘーゼルナッツ、バターキャラメル、コーヒー、そしてビスケットなど、さまざまなフレーバーが楽しい!

産地ごとのピュアカカオとココアバターのみを使用しています。

コントワール・デュ・カカオ グルメバー チョコレート

ウッドボックス入りアソート

コンドワドゥカカオといえば、イノセントな木のボックスを思い出す方が多いかと思います。

コントワール・デュ・カカオ ウッドボックス

可愛らしい箱に入った各種チョコレートは、美味しさはもちろんのこと、とにかくコスパが良いのも特徴。

濃厚なトリュフが苦手な方には、非常に食べやすいチョコレートでオススメです。

コントワ ドゥ カカオ 店舗&通販情報

本店はフランスに。パリの他数店存在しています。

L’anche, 45210 Bazoches-sur-le-Betz, フランス
118 Rue Ordener, 75018 Paris, フランス

日本での販売は、チョコレートシーズン(1~2月)のみ可能!
かつては「フェリシモ 幸福のチョコレート」での通販だけでしたが、昨年から高島屋のバレンタイン催事にも登場!

ぜひチェックを!

やじるし高島屋 オンラインショップ

超チョコマニアhitomiのひとりごと

「新宿高島屋のアムールデュショコラで、こちらのブランドに出会いました。
スタッフさんにいろいろと伺って、販売ブースを離れたのですが、その数分後、別の場所をうろうろしている私を見つけ、試食を持ってきてくださったんです…!

コントワール・デュ・カカオ ウッドボックス

どうやら、私がブースにいたタイミングでは、試食用のチョコの温度がちょうど良い食べ頃ではなかったみたい。

わざわざ広い会場を探して試食を持ってきてくださったスタッフさん。なんて優しいんでしょう…!

このブランドに関わっている方の人柄からも、その素晴らしさがわかる気がしました。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする