ついに日本店舗オープン!「アルノー・ラエール」へ行ってみた

シェアする

高島屋スペシャルエディション アルノーラエール

チョコレートマニアとして有名な楠田枝里子さんによって、テレビで紹介されたこともあり、日本でも人気に火が付いた「ARNAUD LARHERアルノー・ラエール)」。

このページでは、そんな「アルノー・ラエール」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

アルノーラエール 日本店舗

超チョコマニアhitomiの日本店舗オープン日 訪問レポもありますよ!

スポンサーリンク

アルノー・ラエールとは?

M.O.F(国家最優秀職人章)の他、C.C.Cからも評価されているパリジャンから高い人気を誇るアルノーラエール。

アルノーラエール

塩で有名なブルターニュ出身のラエール氏は、厳しい目で素材を選び、特に良質なカカオを見極めることに優れています。

アートにも感心が高い彼だからこそ造り出せるチョコレートはセンスが良く、見た目も味わいも抜群。

フォション時代にピエール・エルメに師事。

1997年、モンマルトルに一号店をオープン。現在はパリに3店舗を構えます。

アルノーラエール ショコラティエ プロフィール

アルノーラエールのオフィシャルサイトには、そのクリエイションを極めるために日々努力し、新しい味を生み出すためには、堅牢な基礎と、そして何事にもとらわれない気持ちを持つこと…という哲学が紹介されています。

アルノーラエール

アルノー・ラエール おすすめ商品

ボンボンショコラ

「ラエール氏、究極のチョコレート」と評される、その名も「Larher(ラエール)」。

ラエール

コクのあるビターチョコレートの絶妙なバランスが〇

このほか、砂糖を入れない100%ピュアなカカオベーストのみを使った1粒「100%サンプルサン」、

100%サンプルサン

かの、「マツコの知らない世界」のチョコレート回で紹介された、燻製チョコ「フェモア」等も人気です。

フェモアは、”ブナの木で燻製したマダガスカル産カカオ64%のダークチョコレートガナッシュ”を、70%カカオのダークチョコレートでコーティングしたもの。

アルノーラエール 燻製チョコレート

中のガナッシュが燻製されているそうで、燻された味と香りが本当に不思議!

人によって、「燻製チーズを食べた後みたい」だとか、また、どうしてもベーコンなどの肉類の味の記憶を思い出させことから「動物的な味がする」と感じる人もいるみたい…。

アルノーラエール 燻製チョコレート

そのほか、ベーシックな見た目のボンボンに加え、「ポップアート」など、見目楽しい商品もあり、チョコレートに詳しくない友人への贈り物としても楽しいですよ!

高島屋 アルノーラエール

高島屋 アルノーラエール

アルノーラエール

バレンタインシーズンなどは、いつもとはちょっと違うボンボンの詰め合わせ(アソート)なんかも登場するかと思いますので、ぜひこまめにチェックを。

キャトルロッシェ

ピーカンナッツやアーモンド、ピスタチオ、ヘーゼルナッツなどのナッツ類と、フランボワーズなどのドライフルーツをチョコレートで固めた「キャトルロッシェ」。

キャトルロッシェ

さまざまな食感の素材と、コーティングチョコの味わいが見事にマリアージュ!

キャトルロッシェ

サブレ ディアボリック

お店のスペシャリテ「サブレ ディアボリック」。

サブレ ディアボリック

ヘーゼルナッツを使ったサブレ、ラム酒を使ったマロンガナッシュが使われた特別なクッキーは、本当に人気!

サブレ ディアボリック

シットリとしたクッキー生地に、柔らかなガナッシュ、そして上に乗せられた薄いチョコレート…それぞれの食感の違いも面白いですよ。

ちなみに…「ディアボリックってどういう意味だろう?」と調べてみたところ、「悪魔のような」という意味のフランス語だそうです。

アルノー・ラエール 原材料名 例

チョコレート、生クリーム、転化糖、バター、グルコース、ソルビトール、乳化剤(大豆由来)、着色料(黄4、黄5、酸化チタン)

アルノーラエール 原材料名

サブレディアボリック:マロンペースト、バター、小麦粉、カソナード、アーモンドプードル、チョコレート(乳を含む)、ヘーゼルナッツプードル、洋酒(ラム酒)、塩(フルールドセル)バニラ、乳化剤(大豆由来)

サブレ ディアボリック

アルノー・ラエール 店舗&通販情報

パリに3店舗。

アルノーラエール 店舗

セーヌ店
93 rue de seine 75006 Paris
ダムレモン店
57 Rue Damrémont 75018 Paris
コランクール店
53 rue Caulaincourt 75018 Paris

日本1号店が広尾に

2016年、日本でのオンラインショップができたアルノーラエール。それだけでも「すごいなぁ!」と思っていたのですが、なんと、遂に遂に待望の日本1号店が広尾にopen。

…というわけで、さっそくライターhitomiが訪問して参りました!
以下レポです♪

アルノーラエール 日本店舗

さて、広尾の商店街を歩き、突き当たりを左へ、まっすぐ歩いていくとお店が。

初日openの11時くらいに到着しました。ずらりと並ぶ長蛇の列。

アルノーラエール ケーキ

1Fがショップ、2Fが工房になっている店内に入ると、ショーケースにはケーキがずらりと並んでいます。もちろん、チョコレートや焼き菓子もたくさん。(ちなみに、本国フランス パリでは、ケーキをメインに多くのパリッ子を魅了しています。)

アルノーラエールのケーキ

もちろん、全て手作り。

保存料などは使われていないため、プレゼントを探しには行くときには、賞味期限もチェックしましょう。ケーキ類の中には、日持ちがするのものも。

アルノーラエール チョコとオレンジケーキ

試食のケーキを2種類配ってくださいました。オレンジにケーキとチョコレートのケーキ。どちらも美味!

チョコに合わせたウエルカムドリンク(軽くさっぱりとした喉越しのシャンパン)もいただいたきました。

初めてのお買い物は、迷いに迷い、焼き菓子、ケーキ、チョコレートを購入。次来た時はパンを買おうかな。

ケーキは、イチゴのタルトとチョコレートのムース。美味しいっ!ビターなチョコレートの層がクセになります。マカロンがのっているのも嬉しすぎ。

ボンボンショコラは、バラ売りはしていません。箱入りのみとなります。

通販をご利用の方はオンラインショップからどうぞ。

スポンサーリンク