愛媛 道後温泉のビーントゥバーチョコ「グッドカカオ33.8」に行ってきた!

シェアする

グッドカカオ カカオの産地別タブレット

グッドカカオ タブレット

近年、東京だけでなく、地方にもこだわりのチョコレートショップが増えてきましたよね。

面白いコトにその多くが、いわゆるビーントゥバーという製造方法を採用した、質の高いチョコを提供しています。

さて、このページで紹介するのは、そんな地方の小さなショコラトリー…しかもなんと、日本最古の温泉地として有名な愛媛県道後にある「GOOD CACAO 33.8°グッドカカオ サンジュウサンテンハチド)」。

略して「グッドカカオ」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

グッドカカオ サンジュウサンテンハチドとは?

グッドカカオは、冒頭でも書いた通り、「豆の選定から自社で一貫して行う」製造方法…「ビーントゥバー」↓を採用した、愛媛の小さなチョコレートショップです。

ビーントゥバーチョコレートとは?

グッドカカオのチョコレートは、カカオ豆の個性を生かして、それぞれの本来もつ味わいや香りを引き出しています。

店名の由来

GOOD CACAO 33.8°グッドカカオ サンジュウサンテンハチド)」の店名の由来は、他のブランドと比べて、ちょっと面白いんです。

まず「GOOD」の部分は、良いという意味(GOOD)の他、本店の場所(道後=DOGO)や、チョコレートが神(GOD)の食べ物と言われる*ことに由来しています。

*カカオの木の学名「テオブロマ」はギリシャ語で「theos=神の/brom=食べ物」を組み合わせたもの。

そして、「33.8」の部分は、チョコレートの融点(33.8℃)と、道後温泉本館の北緯(33.8°)がかかっているんです!

愛媛の素材(黒砂糖)を使用

江戸から明治時代にかけて、さとうきびの栽培が盛んだった愛媛(現在の四国中央市のエリア)。

グッドカカオでは、少量でありながら、そんな愛媛のさとうきびを復活させ、それにより作られた黒砂糖をチョコレートの材料として採用しています。

グッドカカオ サンジュウサンテンハチド おすすめ商品

タブレット(板チョコ)

ビーントゥバーによる工房…ということで、当然一番のおすすめはタブレットです!

グッドカカオでは現在、世界約15ヵ国のカカオ豆を使い、シングルビーン(ブレンドせず1つの産地のみで作る)のチョコレートを楽しむことが出来ます。

グッドカカオ カカオの産地別タブレット

「カカオは果実」というコンセプトにより、それぞれの地域のカカオの個性がはっきりとわかる面白いプロダクトです。

愛媛 グッドカカオ 店舗の様子

小さいビーントゥバー工房らしい、歯触りと舌で感じる、やや粗めのコンチングによるシャリサク感も、チョコ好きにはたまらない!

さて、以下私が味わった4種類のタブレットをご紹介したいと思います。

グッドカカオ カカオの産地別タブレット

ドミニカ
フルーツが熟しきったような癖のある発酵臭が。
少しキノコのような香りもします。

グレナダ
ドミニカよりもさらに強いキノコのような、ウッディな感じの風味がします。
ちょっと癖が強いかも。

キューバ
私が食べた中で一番フルーティーな酸味がありました。
美味しい~!女性は好きだと思います♪

ペルー(期間限定でした)
ココナッツのような風味で、こちらもやや酸味があります。
こちらも、もし見かけたらおすすめですよ。

道後温泉 チョコレート おすすめ

このほかの味に関しては公式サイトに詳しい解説が載っていましたので、お買い物の際は試食と共に参考になさってくださいませ。

ベトナム(伊予柑ピール入り)

これもタブレットの一つ?かと思うのですが、愛媛のブランドらしく、伊予柑ピールをマンディアンにしたモノもあります!

これも美味しい~~~っ。

ベトナム(伊予柑ピール入り)
*すみません、写真は割れチョコ(ハネダシ品)で、本来の商品は普通の板チョコの形です。

カカオフレーク

グッドカカオのチョコレートをフレークにした瓶詰プロダクト。

これでホットチョコレートを作ってあげたら、母が「美味しい~!」と大感動していました。

愛媛 グッドカカオ カカオフレークを買ってみた

ちゃんと酸味があるのが嬉しいんですよね。

好みのタブレットをたくさん買ってしまうと、こちらまで手が伸びないかもしれませんが、ぜひぜひ体験してただきたい味わいです。

グッドカカオ サンジュウサンテンハチド 原材料名 例

カカオニブ、砂糖

グッドカカオ チョコレートの原材料名

グッドカカオ サンジュウサンテンハチド 店舗&通販情報

グッドカカオの店舗は、しつこくご紹介している通り、愛媛県は道後湯之街にあります。

住所:〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之街20番14号
電話:089-934-4833

わたしくしグルメライターケイ、愛媛のお店に取材に行ってまいりましたので、その時の様子をレポしたいと思います。

道後温泉駅

じゃじゃん。こちらが最寄り駅「道後温泉駅」です。
驚いたことになんと雪が降っていました…愛媛でも雪、ふるんですね…。

道後のからくり時計

商店街の入り口には、観光スポットとして有名なからくり時計が。隣には足湯もありました。(雪なので誰も利用していませんでしたが。)

商店街を抜けると…こちらがかの有名な道後温泉本館です!
海外からの観光客も多く、大変な人気。

道後温泉本館

今回お邪魔するグッドカカオは、この道後温泉本館のすぐ近くにあります。

愛媛 グッドカカオ 店舗の様子

そしてこちらがグッドカカオの店内です。着いた~。

まるで期間限定店舗のような簡易さ(すみません)。観光客の方が立ち寄りやすい、半屋外の作りです。

グッドカカオ カカオの産地別タブレット

近づいてみると、ありました。シングルビーンのタブレットたち。

↑上のおすすめ商品での紹介したカカオフレーク↓なんかも並んでいます。

愛媛 グッドカカオ カカオフレークを買ってみた

面白いのはグッドカカオ以外の商品(地元のセレクトショップのようにもなっているようです)もあり、ついつい色々と買ってしまいました。

写真は「入荷したらすぐに売り切れちゃうんですよ」とスタッフさんが教えてくださった、株式会社カイユの「文旦オランジェ」。楽天市場などでもかなり人気のようで、ふるさと納税の対象商品でもあるみたい。

分担オランジェ

エプロンなどのオリジナルグッズもありました。

グッドカカオ エプロン

さて、その奥を覗くとアトリエが。

33.8° GOOD CACAO 工房の様子

ここでは物販と工房が分かれており、ガラスの向こうで作業するスタッフさんの様子を見ることが出来ます。

33.8° GOOD CACAO 工房の様子

↑こちらが選び抜かれた世界各国のカカオ豆ですね。

あまりにも美味しそうなので、カウンターでホットチョコレートをオーダー。

道後 チョコレートショップ ホットチョコレート

雪の中でのホットチョコレート。甘さと温かさがしみる~~。

スタッフさんもとても感じがよく親切で、いろんなお話を伺うことが出来ました。

グッドカカオ サンジュウサンテンハチドでお買い物

そんな彼女に背中を押され(?)、お財布のひもがガバガバになった結果がこちら。

いやしかし、なかなか足を運ぶことが出来ないですし、後悔はなし!(笑)

みなさまも、もし道後温泉へ旅する際は、ぜひグッドカカオにも立ち寄ってみてください。

新たな愛媛のお土産品としても、話題になる事間違いなし、だと思いますよ。

スポンサーリンク