ハートにシャンパン♪キュートな英国王室御用達チョコ「シャボネル・エ・ウォーカー」

シェアする

シャルボネル・エ・ウォーカー おすすめ商品

プリンセスダイアナからのオーダーもあったという、英国王室御用達のチョコレートメゾン「Charbonnel et Walkerシャボネル・エ・ウォーカー)」。

このページではそんな「シャボネル・エ・ウォーカー」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

やじるしシャボネル・エ・ウォーカー 日本からのお取り寄せはこちらから

スポンサーリンク

シャボネル・エ・ウォーカーとは?

「シャルボネル・エ・ウォーカー」は創業1875年、イギリスはロンドンで始まったメゾン。

当時の皇太子であるエドワード7世によって招かれた、パリのメゾン「ボワシエ」のマダム・シャルボネルとミセス・ウォーカーが開きました。

シャルボネル・エ・ウォーカーとは?

パッケージにデザインされている王室の紋章は、ロイヤル・ワラント(皇室御用達認定書)といい、英国王室最高位のいずれかの人物から、その商品やサービスを認められたメーカーや小売店のみが使用することができるもの。

創業以来、英国王室に愛され、冒頭に書いた通り、プリンセスダイアナからご注文もあったそう。

シャルボネル・エ・ウォーカー パッケージ

高級感がありつつ、遊び心もあるパッケージも秀逸!

女子ならば、パケ買いしたくなってしまうような見た目です。

注目を集めるのは、ユニオンジャック(英国国旗)をデザインしたものや、ハート形のもの、それからいかにもイギリスらしいトップハットを模したもの。

シャボネル・エ・ウォーカー おすすめ商品

ピンクマールドシャンパーニュトリュフ

「シャルボネル・エ・ウォーカー」といえばコレ!

「ピンク マールドシャンパーニュ」です。

 ピンクマールドシャンパーニュトリュフ

その名の通り、「マールドシャンパーニュ」を使ったボンボンショコラ。

あわいピンク色のストロベリーチョコでコーティングされており、いかにも女性好みの味わいと見た目。

 ピンクマールドシャンパーニュトリュフ

フランスなどのメゾンと比較すると、ストレートな甘さとあっさりとしたチョコの味が特徴。

老舗の味って感じ??

シーソルト ダークキャラメル トリュフ

もう1つオススメするとすれば「シーソルト ダークキャラメル トリュフ」でしょうか。

シーソルト ダークキャラメル トリュフ ブルーハート

こちらも、その名の通り、シーソルトとキャラメルを使ったボンボンショコラ。

シーソルト ダークキャラメル トリュフ ブルーハート

コーティングはダークチョコが使われいるので、キャラメルの甘さが引き立てられています。塩気も絶妙。素晴らしいコンビネーションです。

その他にも様々なボンボンショコラが用意されていますので、ぜひご自身の好みのモノを見つけてみて!

シャルボネル・エ・ウォーカー 商品一覧

シャルボネル・エ・ウォーカー 商品一覧

シャボネル・エ・ウォーカー 原材料名 例

砂糖、ココアバター、全粉乳、ラム酒、乳化剤(大豆由来)、香料、アカビート色素、リン酸Ca

シャルボネル・エ・ウォーカー原材料名

その他、植物油脂なども使われています。

シャボネル・エ・ウォーカー 店舗&通販情報

店舗はロンドンに。

住所:28 Old Bond Street, London W1S 4BT

日本からのお取り寄せはAmazonや楽天市場などから可能。
やじるしシャボネル・エ・ウォーカー 日本からのお取り寄せはこちらから

また、バレンタインシーズンにはフェリシモや伊勢丹オンラインショッピングなども利用できます。もちろんデパートでの催事にも登場する可能性があります。

ちなみに私は、2017年に行われた三越の英国ウィーク 三越英国展で初めてこのブランドに出会いました。

三越英国展

グルメライター ケイのひとりごと

桜やスミレの花びらを使った物が人気…と聞いて、「へー、ボワシエみたいだな」と思っていたら、そもそもボワシエのパティシエが作ったメゾンだったんですね。なるほど。

スポンサーリンク