滑らかな口どけにフルーティーな味わい「トライバルカカオ」の板チョコが美味しかった話

シェアする


トライバルカカオの種類

トライバルカカオ 板チョコ中身

先日友人に「ケイちゃんが好きそうなお店があるから行こう!」と、蔵前の「ダンデライオン チョコレート」に連れて行ってもらいました。

カフェが楽しかったのはもちろん、併設するセレクトショップ「Bean to Bar Lab 蔵前」でのお買い物も楽しく、色々と購入。

今日は、その時の戦利品の1つ「TribalCacaoトライバルカカオ)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けしたいと思います。

やじるし公式オンラインショップ
やじるし「ダンデライオン チョコレート」のサイトからもお取り寄せ可能!(おすすめ)

スポンサーリンク

「トライバルカカオ」とは?

「トライバルカカオ」は、2018年10月 ダンデライオンチョコレートでチョコづくりの経験を積んだ橋本直樹さんが立ちあげた、千葉県柏市のチョコレートショップです。

ダンデライオンと同じく、カカオ豆からチョコ作りを行うビーントゥバー製法を採用。

トライバルカカオとは?

材料は、ブラジル、ドミニカ、マダガスカルなど10か国以上から厳選したカカオ豆きび砂糖のみ

シンプルな中身だけに、1つ1つの工程を丁寧に、妥協なくチョコ作りを行っています。

「トライバルカカオ」おすすめ商品

「トライバルカカオ」には、ペルー、ニカラグア、ドミニカ、タンザニア、マダガスカル、トリニダードトバゴ、ベトナム、ガーナ、インド、ハイチ…などを産地とするカカオで作られたタブレット(板チョコ)が複数種類用意されています。

今回、その中から、今回私が選んだのは「ベリーズ70%」です。

トライバルカカオ

フルーティーなチョコレートが好きな私が、お店の方に話を聞いてチョイス!

ダンデライオンと同じ”ベリーズ南部に住むマヤ先住民の小規模農家とサステナブルな関係を構築する「マヤ・マウンテン・カカオ」のカカオ豆”が使われています。

トライバルカカオ 板チョコ中身

ショップの解説では、チーズケーキやイチゴなどのフレーバーと説明がありましたが、私はヨーグルトっぽい味わいだな、と感じました。

そして、奥に、ビーントゥバーを思わせるキノコのような風味。

規模の小さな、地方のビーントゥバーでいただくチョコレート…、たまに「ありゃ?」というくらいボソボソとしたモノも無くはないんですが、こちら「トライバルカカオ」のチョコレートはスルリと滑らかなくちどけ

美味しいです!

ちなみに、「トライバルカカオ」にはタブレット商品の他、グラノーラやカカオニブ、カカオティー、チョコレーとパウダーなどもあります。

「トライバルカカオ」原材料名 例

カカオ豆、含蜜糖(ほんわか糖)

トライバルカカオ 原材料名

*含蜜糖(がんみつとう)は、グラニュー糖などの「精製糖」である「分蜜糖(ぶんみつとう)」と違い、黍などから作られる原料糖の不純物を取り除いて、ショ糖分のみを結晶化させた砂糖です。

「トライバルカカオ」店舗&通販(お取り寄せ)情報

実店舗

お店は、千葉県柏市に。

住所:〒277-0841 千葉県柏市あけぼの4丁目4−3 ルミエール ジビキ101(グーグルマップで開く
電話:04-7115-9434

千葉遠いよ、って方は、冒頭に書いた蔵前にある「Bean to Bar Lab Kuramae」でも。
場所など、詳しくはコチラの記事でご確認下さい。

ダンデライオンの販売店舗

ダンデライオン ショップ

ネット通販、お取り寄せ

「トライバルカカオ」には公式のオンラインショップがあります。
また、「ダンデライオン チョコレート」のオンラインショップからもお取り寄せ可能です。ぜひダンデライオンの商品も一緒に楽しんでください。どっちも超オススメです。

やじるし公式オンラインショップ
やじるし「ダンデライオン チョコレート」のサイトからもお取り寄せ可能!(おすすめ)