南仏のフルーツとハーブを贅沢に使用「リリアン・ボンヌフォワ」食べてみた!

シェアする


リリアンボンヌフォワとは

2013年「サロン・デュ・ショコラ東京」で買ったセレクションボックスで、「これ、美味しい!」と感動した1粒が「オテル・デュ・キャップ エデン=ロック」という一流ホテルのショコラでした。

今回ご紹介するのは、そのショコラを手掛けたシェフリリアン・ボンヌフォアさん。

彼自身の名を冠したブランド「Lilian Bonnefoiリリアン・ボンヌフォア )」について、以下詳しく(店舗情報、お取り寄せ情報etc)お届けしたいと思います!

やじるし伊勢丹 オンラインショップで探す「リリアン・ボンヌフォア」

スポンサーリンク

「リリアン・ボンヌフォア」とは?

「リリアン・ボンヌフォア」は、2015年、パリから直線距離で700キロほど離れたアートの街 アンティーブに開かれたパティスリー、および同名シェフです。

地元、南仏のお花やフルーツが使われたスイーツが人気。

アンティーブ旧市街

アンティーブ旧市街 photo by トッシー617

2018年には、アトリエを併設した2号店もオープン

新しいブティックは、日当たりの良いテラスでお客様をお迎えし、朝食、ランチ、サンデーブランチも提供される素敵なお店です。
店内では定期的に展覧会も開催されているそう。さすがアートの街!

リリアン・ボンヌフォア シェフとは?

そしてそれを手掛けるリリアン・ボンヌフォア(人物)は、フランスの有名パティシエ(公式サイトによれば、アーティストパティシエ!)です。

1996年、5つ星を超える「パラス」クラスの称号を持つホテル「Hotel du Cap-Eden-Rocオテル・デュ・キャップ エデン=ロック)」↓のシェフパティシエに就任、

2012年には、C.C.C.の4タブレットを受賞し、
2015年に、自身のブティックをオープンしました。

ルレ・デセール(世界のトップシェフが属する協会)が主催する「エクセレンス賞」「最優秀パティシエ」(Prix d’excellence Relais Desserts)に輝いたことも。

後進の育成に力を入れていることでも知られ、愛弟子の中から、M.O.F(日本でいう人間国宝のようなもの)ショコラティエも輩出しています。

「リリアン・ボンヌフォア」おすすめ商品

柑橘系の爽やかさが驚きのオリジナルフレーバーを提供するチョコレートキャンディー、ダークチョコレート、バニラ、スパイスガナッシュのコレクション…。

その他、チョコレートを中心とした「リリアン・ボンヌフォア」のおすすめ商品をご紹介。

リリアンボンヌフォワのチョコレート種類

コフレ スフェール

ドーム型のツヤツヤボンボンショコラ。

「オテル・デュ・キャップ エデン=ロック」名義でも出していた、フルーツとお花を使った繊細なボンボンで、中はとろりとしたテクスチャのジュレ滑らかなガナッシュ2層になっています。

リリアンボンヌフォワのドームショコラ

写真は、左の列から、

・フランボワーズ&ライチのジュレ+フランボワーズ&ライチと薔薇風味のガナッシュ
・パッションフルーツのジュレ+ライム風味のガナッシュ
・マンダリンのジュレ+オレンジフラワーウォーター風味のミルクガナッシュ

お花は、地元アンティーブから20キロほど西にある、香水の街グラースから取り寄せたエッセンシャルオイルやフラワーウォーターを使用しているそう。

また、スフェール(ドーム状)のボンボン以外にも、シンプルな上掛けタイプの物もあり、やはり、南仏のフルーツやハーブ、その他素材が使われています。

タブレット(板チョコ)

リリアン・ボンヌフォアでは、タブレットも一味違います。

まず、イチジク好きな日本人に嬉しい「タブレット フィグ セッシェ」は、自ら乾燥させ作ったというこだわりのドライフィグが、これでもかと贅沢に乗せられた一枚。

こちらもグラースの物を使用していて、品種はバラバラ、ミックスしているそうです。

フィグのタブレット

チョコレートは、ビター…なのかと思いきや、甘いタイプ。

フィグの酸味と独特の風味、乾燥させたことによって濃縮された旨味が、ミルクチョコに意外にあう!疲れた時に甘やかされたい、そんな1枚です。

このほか、イチジクのペーストヘーゼルナッツプラリネが入ったこれまた贅沢な1枚「タブレット フィグ プラリネ」、レモンコンフィホワイトチョコのガナッシュが入った「タブレット レ シトロン」なども。

フィグのタブレット

グレーの厚紙を糸で縫った封筒型のパッケージも超お洒落です。

そっけなくなりがちなタブレットですが、これなら、誰かに差し上げるのにも様になりますね。

アフター

薄いキャレタイプのチョコ…の中に、なんと、ガナッシュとジュレの2層が入った「アフター」。

5ミリの厚さしかない為、一般的なボンボンとは違ったカリカリとした食感が楽しい1粒(1枚?)です。

その名の由来は、仕事の後や、一日の最後…など、「お好きな時間に食べてね」という想いから。

フィグ、アプリコット、桜、グリオット、苺などこちらもやはりフルーツやハーブなどの素材が多数採用されています。

キャラメル

「オテル・デュ・キャップ エデン=ロック」のお客様のリクエストから生まれた「キャラメル」。

リリアンボンヌフォワ キャラメル

レモンタイム、桃、マンダリン、フェンネル、ショコラ、など種類は豊富。

「リリアン・ボンヌフォア」原材料名 例

ミルクチョコレート(ココアバター、全粉乳、砂糖、カカオ豆、麦芽エキス)、ドライイチジク、乳化剤(大豆由来)、香料

リリアンボンヌフォワのタブレットモールド

「リリアン・ボンヌフォア」店舗&通販(お取り寄せ)情報

実店舗

住所:7 Avenue Robert Soleau, 06600 Antibes, フランス(グーグルマップで開く
電話:+33 4 93 33 90 74

lilianbonnefoi.com

ネット通販、お取り寄せ

今回私は「サロン・デュ・ショコラ東京」会場、そしてそれを主催する三越伊勢丹のオンラインショップにて、「リリアン・ボンヌフォア」を購入しました。

来年からも三越伊勢丹オンラインショップ(サロン・デュ・ショコラ 通販サイト)からのお取り寄せが、一番可能性が高そうです。

1月末?~2月バレンタインシーズンに、こまめにチェックしてみてください。

やじるし伊勢丹 オンラインショップで探す「リリアン・ボンヌフォア」

グルメライターケイのひとりごと

2013年に食べたセレクションボックスがコチラ↓

サロン・デュ・ショコラ2013 セレクションボックス

この時、有名ショコラメゾンに並んで、「ん?これどこの?」と思った「オテル・デュ・キャップ エデン=ロック」が意外な美味しさで。

なかなか名前が憶えらえなかった(笑)のですが、いつか死ぬまでには訪れてみたいホテルになりました。(しかし、おたかそー!)

スポンサーリンク