【チョコレート用語集】ルレ・デセールとは?

シェアする

ルルデセール

このページでは「ルレ・デセールRelais Desserts)」の意味を解説します。

ルレ・デセールとは、世界のトップパティシエショコラティエが属する協会の事。

1981年、フランスで設立されました。

「パティシエのエリート集団」「世界最高峰の洋菓子グループ」などとも評されます。

上記写真のプレートが飾られているショップには、間違いない商品が並ぶ…といった指標にもなります。見かけたらぜひお買い物を!

スポンサーリンク

「ルレ・デセール」の目的と入会方法

「ルレ・デセール」が設立された主な目的は、メンバーであるパティシエやショコラティエ同士の意見交換の場を設け、技術の向上、そしてより質の高い菓子を作ること。

ヨーロッパを中心として、世界各国のメンバーが加盟していますが、その入会の条件は厳しく、通常の実習テストのようなものだけでなく、既存メンバー2名以上の推薦も必要となります。

「ルレ・デセール」の主要メンバー

現在の会長は、フレデリック・カッセル氏。
そして、副会長はピエール・エルメ氏。

(ちなみに、以前は、「ラ・メゾン・ジュヴォー」の2代目、フレデリック・ジュヴォー氏でした。)

また、当時、史上最年少で協会に入会したセバスチャン・ブイエ氏も、最も活躍しているメンバーの一人。↓コックコートの胸ポケットに注目!

セバスチャンブイエ

このほか、日本人ではオリジンヌカカオの川口行彦氏、それから青木定治氏などもメンバーです。(オリジンヌカカオの店内にもプレートが飾られていました!)

また、このサイトでご紹介している、ニコラベルナルデ、ジャンフィリップダルシー、ローランデュシェーヌ、ヴァンサンゲルレ、ジャンポールエヴァン、ピエールジュヴォー、パスカルルガック、アルノラエール、ポールヴィタメールもメンバーです。

みなさまも、ルレデセールのプレートを見かけたら、ぜひ立ち寄って、お買い物してみてくださいね。
もちろん、ショコラトリーだけでなく、パティスリーやブーランジェリーにも飾られているはずです!

スポンサーリンク