【オーガニック】今一番のお気に入り「アンチドート」のマンゴーチョコ♪

シェアする

アンチドート チョコレート 種類

食べ終わってすぐ、再注文しちゃったくらい、その美味しさに感動した「Antidoteアンチドート)」。

数多くのオーガニック系チョコレートを食べてきた私ですが、このアンチドートは、その中でも1、2を争うほどのお気に入りブランドです。

このページではそんな「Antidoteアンチドート)」について、その特徴、おすすめ商品、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

アンチドートとは?

Red Thalhammer(レッド・タルハマー)という女性が創設したチョコレートブランド。

製菓用チョコ(クーベルチュール)を加工する一般的なショコラトリー(チョコ専門店)と違い、カカオ豆の状態からチョコを作る「ビーントゥバー」という作り方を採用した、こだわりのブランドです。

カカオ豆は、世界的にも評価が高い、エクアドル産のアリバナシオナル種。

アンチドートのオーガニック原料について

精製された砂糖、乳製品、不使用。グルテンフリー。

材料は、USDA認定のオーガニックです。

アンチドート 原材料名 例

カカオ豆、蔗糖、カカオバター、マンゴー、ジュニパーベリー、大豆レシチン(遺伝子組み換えでない)

アンチドート オーガニック原材料名

アンチドートチョコレート 原材料名

アンチドート おすすめ商品

HYBRIS(マンゴー&ジュニパー)

私がアンチドート入門に選んだのが、HYBRISと名付けられた(ギリシャ神話の女神の名前だそうです)マンゴーとジュニパー(ねずの実)が使われたタブレット(板チョコ)。

Antidotechocolate

これがもう、ほんっとうに美味しくて。

カカオ73%のいわゆるハイカカオ、高カカオと呼ばれるモノなのですが、それにしてはとっても食べやすい。

さらに言えば、半分がローカカオ(低温加工されたカカオ)で出来ているにも関わらず、ローカカオ独特の食べづらい味も気にならない!実はそれほどローカカオが得意ではない私なのですが(そしておそらくほとんどの方がそうですよね)、これは美味しく食べられちゃうのです。

Antidotechocolate 73% HYBRIS マンゴー

それは、カカオ豆自体のおいしさだけでなく、一緒に入っているセミドライのマンゴーのフォローによるもの。

そしてここにジュニパーを入れるというセンスの良さ!

すべてが一番良い味わいと配合でもってして、完璧な1枚のタブレットになっています。

アンチドートチョコレート モールド

ちなみにこのほか、アーモンド&フェンネル、コーヒー&カルダモン、ラベンダー&レッドソルト、バナナ&カイエンペッパー、ジンジャー&パネラ、バニラ&ニブ…など、「なんてお洒落な組み合わせ!」というような種類のモノも用意されています。

アンチドート チョコレート 種類

「ハイカカオ(高カカオ)が苦手…甘いのがイイです♡」という方には、ストロベリーミルクがおすすめですよ。

アンチドート 店舗&通販情報

各オーガニック食材ショップや、ローフード、ヴィーガンフードを扱う輸入ショップからお取り寄せすることが可能です。

私は毎回Amazonを利用して取り寄せています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする