【オーガニック】ブルックリンの手作りチョコが世界へ!ビーントゥバーのパイオニア「マスト・ブラザーズ・チョコレート」

シェアする


マストブラザーズ

マストブラザーズ シーソルト(海塩)

現在、コーヒーのサードウェーブのような感じで、チョコレート業界でもビーントゥバー*1という製法で作られたものがジワリとブーム…から、定番となりつつあります。

そのBTBブランドの先駆者として知られるのがブルックリンの「Mast Brothers Chocolateマスト・ブラザーズ・チョコレート)」です。

このページではそんな「マスト・ブラザーズ・チョコレート」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、などお届けしたいと思います。

*1 ビーントゥバーとは…自社工房でカカオ豆の焙煎から完成品までの全工程をハンドメイドで作る製法。
スポンサーリンク

「マスト・ブラザーズ・チョコレート」とは?

「マストブラザーズ」は、ニューヨーク ブルックリンで始まったチョコレートブランド。(現在は閉鎖。マウントキスコに移転。)

創始者は、料理人の兄Rick Mast(リック・マスト)と、映画監督志望の弟Michael Mast(マイケル・マスト)の兄弟コンビです。

最高であり最小限素材生産プロセスで作られたチョコレートが、次第に口コミで話題になり、2007年に起業

今でこそ、同カテゴリのチョコレートでは当たり前になった1枚1000円を超える高価格も話題に。

現在のBTBブームを開花させたブランドとして広く知られ、お洒落な外観も相まって、日本のローカルショコラトリーなどにも大きな影響を及ぼしました。

最高の素材

カカオ豆はクリオロ種とトリニタリオ種、数か国からオーガニックフェアトレードの豆を直輸入。

公式サイトでは、

「マストブラザーズ」のチョコレートを購入すると、東アフリカのタンザニアを拠点とするオーガニックカカオ組織を支援していることになります。

と案内されています。

最低限の生産プロセス

「マストブラザーズ」のチョコレートは、伝統的なシンプル製法で作られています。

手作業で選定されたカカオ豆を軽くローストした後、殻を取り除き、内部が石臼構造のグラインダーで3日間ゆっくりと精錬。型に流し込み固めて完成です。

「マスト・ブラザーズ・チョコレート」おすすめ商品

「マストブラザーズ」の商品は、カカオ豆のテロワールをストレートに楽しめるチョコレートバー(板チョコ)がメイン。

シンプルなミルク、ダークの他、ヘーゼルナッツ、ラズベリー、ラベンダー、ミント、コーヒー、オリーブオイル、ティー、オーツミルク…などの種類が。

マストブラザーズ シーソルト(海塩)

マストブラザーズ 食べてみた

「マスト・ブラザーズ・チョコレート」原材料名 例

ソルトシー:カカオマス、甘藷糖、食塩(海塩)

マストブラザーズ シーソルト(海塩)の原材料名

「マスト・ブラザーズ・チョコレート」店舗&通販(お取り寄せ)情報

実店舗

前述の通り、ブルックリン ウィリアムズバーグのお店は閉鎖され、現在のアトリエ&ショップはマウントキスコに移転しています。

住所:92 S Moger Ave, Mt Kisco, NY 10549 アメリカ合衆国(グーグルマップで開く
電話:+19146020324

ライターのひとりごと

「マストブラザース 闇」「嘘」などで検索すると、いろんなお話が書いてあって、それが本当かどうかわからないのですが、チョコレートって面白いですね(?)