京都の手作りチョコ「ベンチーニー」はカカオにこだわるビーントゥバーショップ

シェアする

ベンチーニー 店舗外観

ベンチーニ おすすめ板チョコ

近年、日本でもジワジワと浸透しつつあるビーントゥバー チョコレート。

それらを作るショップは、関東圏だけでなく、中四国、関西などローカルエリアにも多く存在していて、遠方から訪れるファンも少なくないと聞きます。

このページでは、そんなローカルなチョコレートショップから、京都は岡崎にある「BENCINYベンチーニー)」をご紹介。
特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

ベンチーニーとは?

ベンチーニーは、オーナーシェフ宮本秀樹さんが2015年にオープンしたお店。

ベンチーニーの看板

冒頭に書いた通り、ビーントゥバーで作られたタブレット(板チョコ)を主力商品として扱っています。

ビーントゥバーとは…「原料であるカカオ豆の選定から自社で一貫して行う」という製法

シングルオリジン(カカオ豆をブレンドせず、単一産地で作る)にこだわったチョコレートブランド、ショップです。

オーナー 宮本秀樹さん

宮本さんは、写真家として活動するうち、洋菓子、チョコレートに興味を持ち、イタリアの地方菓子を学ぶために渡伊。

「砂糖やカカオバターを加えるタイミング、コンチングの時間、チョコレート作りの工程すべてを以てして、思う味を追求したい」という思いから、小規模、少人数での丁寧なチョコづくりに努めていらっしゃいます。

ベンチーニー おすすめ商品

ベンチーニーの板チョコは…

過去、30種類以上試したというカカオ豆の中から、タンザニア、ベトナム、コロンビア、ガーナ、ホンジュラス、ペルー、ベネズエラ、ウガンダ、ハイチなど、10種類~の生産地違いのモノ。

ベンチーニ おすすめ板チョコ

そのタイミングによって、ちょこちょこと入れ替わりながら陳列、販売されています。

カカオ本来の香りを楽しんでもらうために、いわゆるハイカカオ商品がメインです。

ハイチ

バナナっぽい優しい甘さと、スモーキーな香り&重甘いナッツ系の香り。
酸味は控えめなので誰でも食べやすいかな?とおすすめなのがハイチです。

ベンチーニー ハイチ

試食した結果、同時期にたまたまハイチのミルクチョコバージョンも出ていたのでそちらも購入してしまいました。

ちょっぴりザラッとする舌ざわりも、クラフトチョコぽくて○

ベンチーニー タブレット

ベトナム

どこのブランドでもベトナム産のチョコレートが好きな私なのですが、ベンチーニーのベトナムは特に美味しいと感動しました。

グレープフルーツなどの柑橘系の爽やかな酸味が好ましい!

ペルー

赤ワインと合いそうなペルー。

酸味もあるのですが、渋味もあってフルーティーな味わいです。

ホンジュラス

「カカオが好き」というツウな方にはホンジュラスがいいかも。

ドスンとしたコクは、カフェやナッツ、キャラメルのような味わい。

ベンチーニー 原材料名 例

カカオマス、きび砂糖、カカオバター、全粉乳

ベンチーニー 原材料名

ベンチーニー 店舗&通販(お取り寄せ)情報

店舗は京都の岡崎という場所に。付近は大変雰囲気もよく、観光に訪れたならちょっぴりお散歩もオススメです。

ベンチーニー 店舗外観

住所:〒606-8341 京都府京都市左京区岡崎西天王町84-1(グーグルマップで開く
電話:075-761-3939
営業時間:12時00分~17時00分
定休日:火、水、木

お取り寄せはオフィシャルのオンラインショップからどうぞ。

ベンチーニー 店舗外観

お店のテイストは、確かに、宮本さんがベンチマークとしたらしい?マストブラザーズみたいな感じ(見たことないんですが)で「自宅のガレージの中でチョコレート好きの男子がチョコ作ってる」的なノリの規模と雰囲気。

すっごく素敵です。

メメントモリ

お隣には、メメントモリというカフェがあります。こちらも有名なんだって。

スポンサーリンク