珈琲豆とカカオ豆を一緒に焙煎「フレデリックブロンディール」が美味しい!

シェアする

フレデリックブロンディール コーヒータブレット 3個入り

グランサブロン広場

ベルギー ブリュッセルに、自らを「焙煎士」と名乗るショコラティエによる、お洒落なチョコレートショップがあります。

日本ではまだあまり知られていませんが、ブリュッセルでは人気のお店だとか。

というワケでこのページではそんな「Frederic Blondeelフレデリック・ブロンディール)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

フレデリック・ブロンディールとは?

「フレデリック・ブロンディール」は、1994年ベルギーの首都ブリュッセルで創業したショコラトリー、および同名シェフ。

本店は、かの有名なグランプラス広場から北へ500メートルほど、Stt Catherine(聖カトリーヌ教会)駅の正面に位置します。

フレデリックブロンディール バロタン

焙煎士でもあるシェフのこだわりによって、ショコラの作り方には「ビーントゥバー」(カカオ豆の状態から自社で一貫してチョコづくりを行う製法)を採用。

カカオを農園から直接買い付けることも。

ショップに併設(というか2Fかな?)にしているアトリエには、1953年までさかのぼる祖父の代からのロースターがあるそうで、当然のことながら、焙煎には特にこだわりを持っているとのこと。

公式サイトによると、プライベートグループや個人向けのガイド付きツアーを一年中開催しているそうなので、旅する方はぜひ。

ショコラティエ フレデリック・ブロンディール

フレデリック・ブロンディール氏は、焙煎士&ショコラティエ。焙煎に情熱を注ぐショコラティエです。

フレデリックブロンディール プロフィール写真

幼少期、祖父が立ち上げた、ベルギーで有名な焙煎珈琲専門店「Santos Palace」の影響で、コーヒーの焙煎に興味を持ち、その技術を身につけた事がそのきっかけ。

後に、ショコラ作りにその技術を組み合わせ、独自の作品を誕生させることになります。

フレデリックブロンディール 賞歴

グルメガイドブック「Gault&Millau(ゴ エ ミヨ)」で、2019年「Brussels Best Chocolatier of the year」に選出。

フレデリック・ブロンディール おすすめ商品

日本の催事でよく販売されているもの、人気のものを中心にご紹介。

フレデリックブロンディール アムールデュショコラ

珈琲&チョコ 焙煎ミニタブレット

スタッフさんイチオシ!だったのは、「コーヒー豆とカカオ豆を一緒に焙煎した」という、ちょっと変わったチョコレートたち。

フレデリックブロンディール コーヒータブレット 3個入り

それぞれ、インド産、コスタリカ産、ベトナム産のカカオをコーヒー豆と一緒に焙煎して、ダークチョコ or ミルクチョコでコーティングしてあります。

食べると、本当に珈琲の味
カフェ好きの方にはたまらないんじゃないでしょうか。

「タブレット」と名付けられていますが、一般的な板チョコのイメージとは違って、サイズ的には、「ボンボンショコラを薄く伸ばした」くらいの大きさ。

とはいえ、水分量が少ない商品ですので、持ち運びや気温、湿度など、ボンボンショコラほど気を使わずに済むので、その点、すごく楽だと思います。

プラリーヌ(一口サイズの詰め物チョコ)

もちろん、一般的な?種類の、さまざまなプラリーヌ(=ボンボンショコラ)もあります。

フレデリックブロンディール ショコラセレクション

日本の催事では、10個入りアソートボックスが人気ナンバーワンでした。

特に、ピンク色のハート型チョコ「ストリベリーハート」は、ナッツプラリネに甘酸っぱいフリーズドライの苺が入っているのですが、想像よりも酸っぱすぎず、他ではあまり体験しないお味でおすすめです。

フレデリックブロンディール ストロベリーハート

ちなみに…カフェ(珈琲)好きな方に、上記焙煎チョコと合わせてオススメなのは、ヘーゼルナッツとコーヒーを一緒に焙煎したものや、コーヒー風味のキャラメルを使ったものなど。ぜひそれらがセットインしたアソートを買ってみて!

ピール

3番人気だと教えていただいたのは柑橘のピールを使った商品。
蜂蜜に付け込んだオレンジピール、レモンピールをダークチョコでコーティングしています。

フレデリックブロンディール オレンジピール、レモンピール

単品でも、アソートでも。

このほか、日本の催事で見かけた事はありませんが、ベルギーのショップでは、10種類のシングルオリジンの板チョコや、ホットチョコレートのようなパウダー商品、またはスプレッド、そして、ビーントゥバーブランドという事で、クーベルチュールなんかも販売しています。

フレデリック・ブロンディール 原材料名 例

砂糖、ココアバター、カカオマス、全粉乳、コーヒー、食塩、乳化剤、香料、(原材料の一部に乳成分・大豆を含む)

フレデリックブロンディール 原材料名

フレデリック・ブロンディール 店舗&通販(お取り寄せ)情報

店舗は、ベルギー ブリュッセルに。
また、最近出来たのでしょうか、3店舗目として、グランサブロン広場の近くにもあるようです。

本店
住所:Quai aux Briques 24, 1000 Bruxelles, ベルギー(グーグルマップで開く
電話:+32 2 502 21 31
営業時間:10時30分~19時00分
土曜日のみ 10時30分~20時00分

グランサブロン広場店
住所:Rue de la Paille 32, 1000 Bruxelles, ベルギー(グーグルマップで開く
電話:+32 2 511 75 00

それから香港にも店舗があるそうです!

…ちなみに、本店と同じ通りにあったティルーム、サロンドテは2019年3月現在、リニューアルなのか閉店なのか、実際に営業していないような情報がありました。

現地に行かれる方はご注意を。(何か情報をご存知の方、教えてくださいっ)

日本からのお買い物 お取り寄せ

そして日本では、2013年以来、高島屋を中心としたバレンタイン催事などで、全国の百貨店に出店しています。

同時期、該当デパートのオンラインショップにも登場しますのでお見逃しなく!

また、正規輸入代理店TIVOLIのお店からも購入が可能ですのでお好きな方で。

小規模で貴重なベルギーのビーントゥバーチョコ。
これを日本で購入する事が出来るなんて…!買うしかないですね。

やじるしフレデリック・ブロンディールお取り寄せ(高島屋オンライン)

スポンサーリンク