美麗で繊細な生ケーキは必食!「ヌメロサンク・パリ」に行ってきました。焼き菓子やチョコはお取り寄せも可

シェアする


サントノーレ マロン

何度訪れても新しい発見がある自由が丘エリア。

つい先日も、地元友人から「こんなの出来てるよ!」と教えてもらったのが、「ピエール・エルメ・パリ・ジャポン」でシェフパティシエだったマチュー パンソンさんによるパティスリーでした。

ヌメロサンクパリ 外観

というワケで、このページではそんな「Numero 5 Parisヌメロサンク・パリ)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細などお届けしたいと思います。

numero5-mp.com

スポンサーリンク

「ヌメロサンク・パリ」とは?

「ヌメロサンク・パリ」は、2019年7月14日、自由が丘のお隣「緑が丘」にオープンしたパティスリー(公式サイトによると「スイーツプロデュースカンパニー」)です。

ヌメロサンクパリ ロゴ

マチュー パンソン プロフィール

「ヌメロサンク・パリ」のオーナーシェフ Matthieu Pinsonマチュー パンソン)さんは、パリ生まれのフランス人パティシエです。

店名「Numéro 5 Paris」の由来は、彼が生まれ育ったパリ郊外の番地

シェフは、15歳から料理に関する勉強を始め、これまで様々な有名店で経験を積んだ他、2012年に来日してからは、講師、メニュー開発、出張ワークショップ、フードスタイリングなど、どちらかというと裏方として活躍していました。

「ヌメロサンク・パリ」は、そんなパンソンシェフ初めての自身のショップ、ブランドです。

「ヌメロサンク・パリ」に行ってきました!

…てなワケで、噂の「ヌメロサンク・パリ」へ。

15分ほどの道程になりますが、今回私は自由が丘駅から徒歩で向かいました。

桜の時期は、多くの人でにぎわう並木道。お散歩がてらに歩くのも超おすすめですよ。

案内看板 パフェ

…とかなんとか言いながら到着!

桜が丘駅からだと、北口からほんの80メートルほどの場所にあります。

店舗は2Fでややわかりにくいので、↑階下に出ているこんな看板を目印にして歩くといいかも。

ヌメロサンクパリ 外観

公式サイトによると、

ラボとスタジオをミックスしたような空間にするため、あえて2階に

とのこと。

OPEN

こだわりの内装とラボ

店内は、大きくとられた窓が印象的な、こじんまとしたスペースです。
イートインスペースは6席くらいかな。

カラーは黒と白、そして全体的にマットな質感で統一しているみたい。素敵!

ヌメロサンクパリ イートイン、カフェスペースの様子

入口側に、常温商品である焼き菓子、

地方発送可能なヌメロサンクパリの焼き菓子詰め合わせ

チョコレートなどが並ぶ棚があって、

ヌメロサンクパリのボンボンショコラ

ヌメロサンクパリのボンボンショコラの説明

マンディアンなどのチョコスイーツ

そして、奥がアトリエに。

ヌメロサンクパリのアトリエ

そちらに向けたカウンター席があり、ガラス越しにパンソンさんたちがスイーツを作る様子を眺められるようになっています。

ショコラトリにあるこういうタイプの工房って、結局、誰もいない時間の方が長かったり(笑)するのですが、こちらは生ケーキも出しているので、プロの技を見学できる可能性は高そう

ヌメロサンクパリ2Fカウンター席

そして、さらに右奥は、全面ガラス張りになったカウンター席もあり、そちらからは緑が丘のローカルな景色が借景に。

店内にフランスのラジオを流し、PARIS時間の掛け時計を設置するなど、パリの雰囲気を演出しているお店なのですが、この景色(確か「どすこい酒場」みたいな看板がバーンと。)とのギャップがまた良いんですよ…。私、気に入ってしまいました。

メニュー表

近所にあったら毎日通うのに!

「ヌメロサンク・パリ」おすすめ商品

という事で、ここからはその日オーダーしたモノ、テイクアウトしたモノと合わせ、「ヌメロサンク・パリ」のおすすめスイーツ勝手にピックアップしてご紹介します。

季節のガトー

店名の「5」にちなんだ5種類の生ケーキ「季節のガトー」。

オープン当初は週末だけの特別なメニューでしたが、後に、平日にもオーダー可能になりました。(変更の可能性もありますので、営業日や限定メニューに関しては都度公式サイトをご確認の上お出かけくださいね。)

ヌメロサンクパリ 生ケーキの種類

季節ごとに内容が変わるので、このケーキとの出会いは一期一会…とのことですが、一応、この日のケーキを紹介してみると…、

1.タルト オー カカオ
濃厚ながら甘ったるさがないチョコレートタルト。

タルト オー カカオ

2.ミルフィーユ セサミ ノワール
バニラクリームに黒胡麻のプラリネを混ぜた滑らかさが心地よいミルフィーユ。ヌメロサンクパリで人気のミルフィーユシリーズのモノ。

3.ムース フレーズ
アーモンドとライムをほんのり香らせたスポンジと軽やかな苺ムース、クレームブリュレの層からなるケーキ。お子様にも○

4.タルト
タルトタタンのタルト部分がチョコレートカップになった、今までにないケーキ。
1時間半じっくり焼き上げたリンゴとほろ苦いキャラメルが絶品。

5.サントノーレ マロン
シュー生地にフランボワーズクリームと濃厚な2種類の栗のクリームが楽しめる大人味のサントノーレ。

サントノーレ マロン

…の5種類。

今回私は、カカオの様々な状態を楽しむことが出来るタルト(タルト オー カカオ)と、パイ生地を土台に、ラム酒で香りづけされた栗とフランボワーズの酸味がベストマッチな(サントノーレ マロン)を実食。

味もさることながら、ガラスの向こうに並ぶケーキから迷いながらチョイスする時間、そしてスレートプレートに乗せられ提供される瞬間…「可愛い!」「綺麗!」「美味しそう!」「美味しい!」「お洒落!」「最高!」と、とにかく語彙の無くなる楽しすぎる時間です。

パフェ

イートインで楽しむのに、もう1つオススメなのがクープ・グラッセ(パフェ)です。

オーダー後、目の前で作られるライブ感、季節のフルーツをふんだんに使ったお洒落な見た目。

モンブラン風、タルトタタン風、かつて腕を振るったメゾンを思わせるマカロンが乗ったショコラタイプも。

カヌレ

テイクアウトでおすすめなのが、定番、人気ナンバーワンだというカヌレです。

人気ナンバーワン カヌレ

マダガスカル産バニラビーンズを使ったナチュレと、ショコラの2種類。各450円。

普段、日本で見かけるモノよりもやや大きめサイズで満足感も。

スコーン

お隣にはスコーンもあったので、ぜひ一緒に。

朝ごはんにするのも楽しそうです。

タブレット(板チョコ)

ここからはお取り寄せが可能なものを紹介していきます。

まずはタブレットから。

ヌメロサンクパリのタブレット(板チョコ)の種類

シンプルなミルクチョコの他、それにヘーゼルナッツや季節限定だと思われるフランボワーズが乗ったモノ、塩チョコ、面白いのは、ルビーカカオの前に第4のクーベルチュールとして売り出され人気のブロンズチョコなど。

マンディアン ブロンドチョコ

マンディアン(チョコの上に豆類、ドライフルーツなどが乗っかったモノ)にも、ミルク、ダーク、ブロンズが使われていました。

豆チョコ

アーモンド、ノワゼットを使った袋入り豆チョコ。

チョコを使わず、キャラメリゼしただけのモノも。

ヌメロサンクパリのアマンドショコラ

シェフのグラノーラ

人生で見たグラノーラの中で一番お洒落(!)な、「シェフのグラノーラ」は、アーモンドやノワゼットなどの豆類の他、フランボワーズ、チョコチップなどが使われています。

ヌメロサンクパリのチョコ入りシリアル

たまにはこんな贅沢な朝食も…

アイスやヨーグルトのトッピングとしてもいいそう。

パウンドケーキ

シトロン、ショコラ、フルイ、ショコラバナヌ…そして、プラリネ(ヘーゼルナッツにキャラメルを加えペースト状にしたモノ)など、いろんな種類が楽しめる「パウンドケーキ」。

ヌメロサンクパリ パウンドケーキの種類

マドレーヌ

こちらも、シトロン、ショコラの他、使用油をオリーブオイルに替えて焼き上げた優しい味わいの「オリーブオイル」、バニラの香りをつけた「バニーユ」などの種類がある「マドレーヌ」。

250円(お取り寄せの場合は270円)のお値段も買いやすく嬉しいいっぴん。

焼き菓子たち

このあたりは前述の通り、お取り寄せが可能ですので、オンラインショップをチェックしてみてくださいね。

「ヌメロサンク・パリ」店舗情報

住所:〒152−0034 東京都目黒区緑が丘1−23−10 Ntm One2階(グーグルマップで開く
アクセス:自由が丘駅から徒歩15分、緑が丘駅 北口から徒歩1分
電話:03-6421-4075

グルメライターケイのひとりごと

「ヌメロサンク・パリ」、本当に大好きな雰囲気でした…。

お取り寄せできるのも嬉しいですが、首都圏にお住まいの方は、ちょっぴり遠くてもぜひ一度足を運んでみて~とオススメしたい。そんな感じ。

ボンボンショコラ ウイスキー

個人的には、ボンボンショコラを買うなら、それよりも生ケーキやパフェにお金を使うのがおすすめです。(チョコのサイトなのに・笑)

ボンボンショコラ セサミの中身

スポンサーリンク