世界一美味しいバケットに板チョコを挟んで…「ル・グルニエ・ア・パン」

シェアする

ル・グルニエ・ア・パン サロンデュショコラの品揃え

チョコレートと同じくらい、わたくしライター ケイが愛しているモノ…それは、パン

特にハード系のパンが好みなので、いろんなお店のバゲットを買って試しています。

そんな私が最近初めて食べて「これは!」と感動したのが「ル・グルニエ・ア・パン」のバゲット。

グルニエパンのバケット チョコレート ルビー

こちら、実はチョコレートもお得意なシェフによるパン屋さん。
ゆえに、チョコレート×パンの組み合わせもまた最高なんです。

という事で、このページではそんな「Le Grenier à Painル・グルニエ・ア・パン)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細などお届けします。

スポンサーリンク

ル・グルニエ・ア・パンとは?

まずはお店の詳細をば。

「ル・グルニエ・ア・パン」は、1998年、パティシエMichel Galloyerミッシェル ギャロワイエ)によって創業したブーランジェリー(パン屋)です。

お店に並ぶパンは、厳選された原材料、そしてその配合、製法、温度や時間などを厳格に守った職人の技で仕上げられています。

パリ13区他にあるショップは、赤いタイルの床、木製の梁、そしてアンティーク家具が並び、暖かくフレンドリーな雰囲気。
一日中、伝統的な方法でパンが焼かれているのを見ることができます。

パリのバゲットコンクール

冒頭に書いた通り、特にバケットが美味しい事で有名。(詳細後述)

日本初上陸は2013年
半蔵門にある「シェ・リュイ ハナコウジ店」の跡に日本1号店がオープンしました。

オーナー Michel Galloyerとは?

オーナーシェフであるミッシェル氏は、フランスの田舎町ソルジュの農家生まれ。

世界のトップパティシエ、ショコラティエが属する協会「ルレ・デセール」の会員です。

実は、「ル・グルニエ・ア・パン」創業以前、アンジェに、ペストリー&チョコレートショップである「Le Trianonル・トリアノン)」というお店をオープンしています。

ル・グルニエ・ア・パン おすすめ商品

しつこく何度もご紹介している通り、やはりまず体験して欲しいのは「バゲット」です。

フランス産小麦粉100%とフランスの硬水を使っているそう。

パリのバゲットコンクールにて、2010年、2015年の2度、優勝しているのが美味しさの証拠。

グルニエパンのバケット チョコレート ルビー

写真は、チョコレートの祭典「サロンデュショコラ」限定でテイクアウトメニューとして提供されていた「バゲット オ ショコラ」。

ルビーチョコレートとバケット

2019年には、大ブームだった「ルビーチョコレート」を使ったバージョンも登場しました。

パン自体にチョコレートが練りこまれたものも。

ハンバーガーオショコラ

その他…「バーガー・オ・ショコラ」、
それから2017年購入したサロンデュショコラ限定の「パン・オ・ショコラ」、

サロンデュショコラのテイクアウト パンオショコラ オランジェ

「パン・オ・ショコラ・ティグレ・オランジュ」なども。

グルニエパンのテイクアウト

もちろん店舗にも、伝統的なフランス菓子や、クッキーなど、さまざまな種類のスイーツが置かれています。

ル・グルニエ・ア・パン 店舗&通販(お取り寄せ)情報

実店舗

パリ13区店
住所:52 Avenue d’Italie, 75013 Paris, フランス(グーグルマップで開く
電話:+33 1 45 80 16 36
営業時間:7時30分~20時00分
定休日:日曜日

アンジェ店
住所:12 Rue de la Gare, 49100 Angers, フランス(グーグルマップで開く
電話:+33 2 41 87 53 41
営業時間:7時30分~20時00分
定休日:火曜日

半蔵門店
住所:〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目1−8−8グランドメゾン麹町(グーグルマップで開く
電話:03-3263-0184
営業時間:8時00分~21時00分
土日のみ 土曜日 9時00分~20時00分

アトレ恵比寿店
住所:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1丁目6−1(グーグルマップで開く
電話:03-5475-8719
営業時間:10時00分~21時00分

その他、日本でのお買い物

前述の、チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」の常連さん。

毎年、魅力的なテイクアウトメニューを多く提供しています。

「サロン・デュ・ショコラ」についてはコチラの記事をご確認ください。参加方法などの案内もあります。

スポンサーリンク