可愛い&美味しい!カマンベールチーズにリンゴ…ミニチュアみたいなチョコ「ル・ポミエ」

シェアする


ルポミエ

来日20年を越えるフランス人シェフによる「ル・ポミエ」。

こちら、生洋菓子が人気の東京 北沢にあるパティスリーで、チョコレートファンからは、サロショ*をはじめとするチョコレート催事で可愛くて美味しいショコラを提供するブランドとしても知られる存在です。

という事で今回そんな「Le Pommierル・ポミエ)」について、改めて調べてみました!

特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

やじるし公式オンラインショップ
やじるし伊勢丹 オンラインショップ

スポンサーリンク

「ル・ポミエ」とは?

「ル・ポミエ」は、2005年北沢に開かれた、ノルマンディー出身のシェフ フレデリック マドレーヌさんによるパティスリーです。

店名は「リンゴの木」を意味するフランス語。

シェフのルーツであるノルマンディーと、長く暮らす日本、その両方からのインスピレーションを得て作られる菓子は、日本のスイーツファン、ショコラファンに広く支持されています。

ル・ポミエ ボンボンショコラアソート

それらセンスの絶妙な融合は、味わいだけでなく、バロタン(箱)だったり、ショコラ自体の姿だったり、ロゴなどビジュアルにも。

現在(2020年4月)、北沢本店の他、麻布十番店、そして表参道にカフェを展開しています。

フレデリック マドレーヌ シェフ

フレデリック マドレーヌさんは、前述の通り、フランス ノルマンディーのご出身。

フレデリック マドレーヌ

ブルゴーニュ3つ星レストラン「レスぺランス」でシェフを務めた後、パリの「ダロワイヨ」を経て、1998年に来日、「ダロワイヨ・ジャポン」のシェフパティシエに。

2005年、自身の店「ル・ポミエ」オープン。

2018年10月17日、フランス政府より農事功労賞「シェバリエ*」を受賞。

*フランスの食文化の普及に特に功績のあった人物に贈られる

「ル・ポミエ」おすすめ商品

ブランドを代表するチョコレート、ライターが食べて美味しかったものなど紹介します。

ル・ポミエ ボンボンショコラアソート

ポム・ダムール

ノルマンディーの風を感じる、リンゴ型のボンボンショコラ(一口サイズの詰め物チョコ)「ポム・ダムール」。

ポム・ダムール フリュイ

キュンとするほど可愛らしい見た目ですが、その中身も素晴らしい1粒。

種類は、「レムレーズン」、「ユズ(ノンアルコール)」、「カルバドス」、「ポム・タタン(ノンアルコール)」の4つ。

「ユズ」には、奥様の実家 埼玉にあるお知り合いの畑から、無農薬の物を買って使用しているとのこと。

また、ノルマンディーの名産であるリンゴのお酒「カルバドス」を使ったものは、加熱せずそのままのお酒が使われていて、力強い味わいのガナッシュを楽しむことが出来ます。

りんご、タルトタタンのボンボンショコラ

そして定番としてベストオブのアソートにも入れられる人気フレーバーが「ポム・タタン」。

その名の通り、タルトタタン風に味付けされたガナッシュが使われています。

ポム・ダムールの中身

バターと砂糖で林檎を焦がした苦み、甘み、香りが再現されていて感動します。

かじった瞬間、しゃべるのがもったいないほど!大好き!

カマンベール・オ・ショコラ

チーズとチョコレート…みんなが好きなもの2つを組み合わせちゃった、「これが嫌いな女子がいる?!(笑)」な、1粒「カマンベール・オ・ショコラ」。

ル・ポミエ カマンベールチーズのチョコレート

コチラの種類は、「はちみつ」、「ブランボワーズ」、「イチジク」の3つ。

カマンベールチーズを最も強く感じる事が出来るのが「はちみつ」。

中は、それぞれのガナッシュと、ノルマンディー産のカマンベールのガナッシュの2層になっています。

ル・ポミエ カマンベールチーズのチョコレート

フランボワーズ

シェフが子供の頃大好きだったというフランボワーズが使われた1粒。

お家の庭で栽培されたものをたべていたんだとか。

ル・ポミエ 赤いハートのボンボン 木イチゴ

印象的なツヤツヤ真っ赤なハートの中に、柔らかなガナッシュがイン。

ストウブショコラ

2019年バレンタインに新作として登場の、ストウブ社とコラボした「ストウブショコラ」。

これは、シェフもお婆ちゃんによく作ってもらっていたという、ノルマンディー地方の伝統菓子トゥールグール」を元にしたスイーツ。

「トゥールグール」」は、お米と牛乳と砂糖を陶器に入れて低温でじっくり焼いたものですが、「ル・ポミエ」の「ストウブショコラ」は、中のソースにホワイトチョコのガナッシュを混ぜ、表面を、アーモンドスライスとライスクリスプが入ったビターチョコでコーティングしたオリジナルのスイーツになっています。

「ル・ポミエ」原材料名 例

チョコレート(乳を含む)、生クリーム、カマンベールチーズ、砂糖、カカオマス、イチジク、木苺ピューレ、木苺酒、ソルビトール、バター、転化糖、りんご酒、乳化剤(大豆由来)、香料、着色料(赤40、黄4)

ル・ポミエ 原材料名

「ル・ポミエ」店舗&通販(お取り寄せ)情報

実店舗

北沢本店
住所:〒155-0031 東京都世田谷区北沢4-25-11(グーグルマップで開く
アクセス:
・小田急線、東北沢駅または京王線、笹塚駅より徒歩6分
・小田急線、代々木上原駅より徒歩10分
電話:03-3466-3730

麻布十番店
住所:〒106-0045 東京都港区麻布十番3-9-2(グーグルマップで開く
アクセス:東京メトロ南北線・都営大江戸線、麻布十番駅1番出口すぐ右折、突き当りを左折150m右側、駅より徒歩6分
電話:03-6435-0104

営業時間、定休日に関する情報は、公式サイトの該当ページから都度ご確認の上、お出かけくださいね♪

ネット通販、お取り寄せ

「ル・ポミエ」には、公式のオンラインショップがあります!
今回ご紹介した定番チョコレートのほとんどが、お取り寄せ可能。

やじるし公式オンラインショップ

また、バレンタイン時期には、各百貨店のオンラインショップにも登場する可能性が。こちらもぜひご確認をば。

やじるし伊勢丹 オンラインショップ

グルメライターケイのひとりごと

バレンタイン催事には、シェフ自ら参加されることが多い「ル・ポミエ」。

写真撮影にもにこやかに応じてくださって、その人柄の良さを感じます。

スポンサーリンク