パティスリー激戦区で食べる絶品チョコケーキ「レ・プティット・パピヨット」

シェアする

Mistral (ミストラル) 春・夏

大阪 肥後橋は、市内でも「ここは!」という有名パティスリーがひしめく「スイーツ激戦区」として知られています。

今日ご紹介するのは、特に「西船場公園」を囲むエリアにある「Les Petites Papillotesレ・プティット・パピヨット)」。

レ・プティット・パピヨット 店構え アクセス

…というワケでこのページでは、お店訪問レポを交えつつ、「レ・プティット・パピヨット」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けしたいと思います。

lespetitespapillotes.com

スポンサーリンク

レ・プティット・パピヨット とは?

「レ・プティット・パピヨット」は、2012年4月にオープンした、フランス人オーナーのテディ・クロシャール シェフによるショコラトリーです。

ボンボンやタブレット(板チョコ)はもちろんの事、チョコレートを使ったケーキが美味しくて有名。

「ヨーロッパ人に劣らぬチョコレート知識を持つ日本人に、オールシーズン、チョコを楽しんで欲しい」といった想いがあるようで、シーズンオフである夏でも、積極的に、季節限定のスイーツを展開しています。

レ・プティット・パピヨット おすすめ商品

 Anglaise(アングレーズ)

ビターチョコレートムースを割ると中からトロリと、カスタード&バニラビーンズのデザートソース「アングレーズ」が流れ出る、贅沢なチョコレートケーキ。

レ・プティット・パピヨット カフェの様子 ケーキ

ピラミッドのような形も面白く、「レ・プティット・パピヨット」一番人気のチョコレートケーキです。

Levant (ルヴァン)

口コミなどで評判が良かったのが「ルヴァン」。(写真手前)

Levant (ルヴァン)

つややかなドームの中にはプラリネを使ったチョコレートムースが入っています。

外のグラサージュは見た目通りのビターチョコ。
チョコレート好きな方におすすめのケーキです。

ボンボンショコラ

一口サイズの詰め物チョコ、ボンボンショコラもお洒落なフレーバーが揃います。

フランス人シェフの手による和素材を使ったモノが注目かな?

レ・プティット・パピヨット ボンボンショコラの種類

玄米茶
お茶の苦みをうまく生かした一粒。
玄米茶を使ったガナッシュ(チョコレートクリーム)を、カカオ64%のビターチョコレートでコーティング。

ほうじ茶
ほうじ茶香ばしいほうじ茶の香りとチョコレートの酸味のマリアージュが見事。
こちらも、ほうじ茶のガナッシュをビターチョコでコーティングしています。

このほか、アーモンド、ヘーゼルナッツ、ジャンドゥーヤ、キルシュ、ラクテ、カフェ、ラム、ミエル、アナスタシア、コアントロー、ミント、バニラ、塩キャラメル、シトロン、抹茶…など。

タブレット(板チョコ)

シンプルにチョコレートを味わうなら、板チョコもおすすめですよ。

「ガーナ」「エクアドル」など、単一産地のカカオの風味を楽しむツウ向けのモノから、

レ・プティット・パピヨット ボンボンショコラ タブレットの種類

セザム、アマンドサブレ、ナッツオレンジなど、チョコ以外の素材と合わせたもの、

レ・プティット・パピヨット ボンボンショコラ タブレットの種類

それからホワイトチョコベースの、フランボワーズ、苺、抹茶、2019年大ブレークの「ルビーカカオ」を使ったモノまで様々な種類がありました。

お値段も、関東圏のショコラトリーと比較すると手が出しやすくっていいですよね!

レ・プティット・パピヨットに行ってきた!店舗&通販(お取り寄せ)情報

…というワケで、そんな「レ・プティット・パピヨット」実店舗に行ってみたレポをお届けしたいと思います。

「レ・プティット・パピヨット」は、大阪西区の「肥後橋」駅から徒歩10分ほどの場所にあります。

アクセス 詳細

住所:〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1丁目12−24(グーグルマップで開く
電話:06-6443-7875
営業時間:11時00分~20時00分(日曜日・祝日は19:00まで)
定休日:月曜日、火曜日

↓こちら、「西船場公園」という公園沿いにありますので目印にしてみてくださいね。

レ・プティット・パピヨット 店構え アクセス

ちなみに、その南側には「靱公園」という大きな公園があり、この周辺がスイーツ激戦区として紹介されることが多くややこしいのですが、「靱公園」からはちょっとだけ離れていますのでご注意を。

レ・プティット・パピヨット 店構え アクセス

コチラが外観。

広めの駐車スペースがやや珍しい。お隣には「Seiichiro,NISHIZONO(セイイチロウ ニシゾノ)」がありますので、スイーツ好きな方はぜひハシゴを。

さて、お店に入ると…

レ・プティット・パピヨット カフェの様子

左手に、イートインスペース。
こちらも思ったより広めで「イートイン」という響きよりは、「カフェスペースが併設してます」と言った方が適しているかな?くらいの空間。

右手にショーケースがあって、

レ・プティット・パピヨット メニュー

中には、冷蔵が必要なボンボンショコラやチョコレートケーキが並んでいます。

Levant (ルヴァン)

その他、マンディアン、キャラメルショコラなどのチョコレートスイーツも。

レ・プティット・パピヨット メニュー

タブレット(板チョコ)は、お洒落で手に取りやすいミニサイズ収納棚の中に。

レ・プティット・パピヨット ボンボンショコラ タブレットの種類

そして正面が、ガラス張りのアトリエになっていました。(撮影禁止)
この日も、テディ・クロシャール シェフが忙しそうに作業をしてらっしゃって、とても興味深い眺め。

それをじっくり楽しめるよう、そちらに向いたカウンター席も用意されていました。

さて…そんな美味しそうな景色にフラリと心惹かれ、イートインスペースで噂のチョコケーキ「アングレーズ」をいただくことに。

レ・プティット・パピヨット カフェの様子 ケーキ

友人は、シーズン限定のケーキ「Mistral (ミストラル)」を。

先端にピンクのチョコが乗っかった「ミストラル」は、チョコレートムースの中にフランボワーズのジュレが入った、夏にピッタリの酸味が楽しめる一品。

秋冬には、中身がイチジクのジュレに変更され「Autan(オタン)」という名前になるそうです。

このほかにも、写真にある通りかなりの種類のチョコレートケーキがあって、一度の訪問では全然足りない感じ!

皆様も、大阪に立ち寄った際はぜひ。

オンラインショップもあります!

スポンサーリンク