バルト三国リトアニアから来た有名チョコ「ルタ」を買ってみた

シェアする


ルタ

毎年色んな百貨店のバレンタイン催事をチェックするんですが、池袋の東武百貨店「ショコラマルシェ」を覗いた時、初めて「Ruta(ルタ)」というブランドを知りました。

ジャケ買いしたんですが、これが結構美味しい。そんなワケでちょっぴり検索してみたところ、リトアニアのチョコレートだという事が判明しました。

…という事でこのページではそんな「ルタ」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「ルタ」とは?

「ルタ」は、今から100年以上前、1913年リトアニアシャウレイに創立された老舗チョコレートブランドです。

シャウレイは、リトアニアの北に位置する国第4の都市で、リトアニアの悲しい歴史と人々の信仰の厚さを象徴する巡礼の地 十字架の丘で有名な場所。

リトアニア 十字架の丘

写真ACより

「ルタ」は、そのシャウレイで、ショップやカフェだけでなくそれを併設するチョコレート博物館を運営。ちょっとした観光スポットにもなっています。

「ルタ」私はコレを買いました。

池袋の東武百貨店「ショコラマルシェ」で購入したのはコチラ!

ルタ チョコレート レモン・グリーンティー&ホワイトチョコレート

タブレットを中心に集めているセレクトコーナーのような場所で、棚の中に並んでいた「レモン・グリーンティー&ホワイトチョコレート」です。

ホワイトチョコは、「喉に残る なんだかモッタリとした味わいが苦手」…という方もいらっしゃるかと思うのですが、ここまで酸味が強く、食感にもアクセントがあるとかなり食べやすいですね。

このほかのタブレットも、日本ではあまりみない副素材のモノが多く使われていて、おそらくバルト三国とかあのあたりっぽいフルーツやハーブなんだろうなぁ、と楽しく拝見しました。

ルタ チョコレート レモン・グリーンティー&ホワイトチョコレート

ちなみに…「ルタ」はとにかく地元、それから近隣の国ではとてもポピュラーなブランドで、街中、そして空港など多くの場所で売られているんだそう。

という事でその商品展開は驚くほど多く、(日本から手に入れるのは難しいかもしれませんが)公式サイトでチェックしただけでも、豆チョコ、いろーんな形のボンボンショコラ、トリュフ、板チョコ、パートドフリュイみたいもの…など一通りのチョコレート菓子が揃っていました。

リトアニアに行った際は、ぜひチェックしてみて下さい!

「ルタ」原材料名 例

砂糖、ココアバター、全粉乳、カカオマス、ブドウ糖液糖、レモン果汁、乾燥アプリコット、抹茶パウダー、加工デンプン(タピオカ由来)、乳化剤(大豆由来)、香料、増粘剤

ルタ 原材料名

「ルタ」店舗&通販(お取り寄せ)情報

実店舗

Rūtos” šokolado muziejus
住所:Tilžės g. 133, Šiauliai 76349 リトアニア(グーグルマップで開く
電話:+37061041050

また、この「ルタ」を輸入販売している神戸の「ビービービー ショコラティエ」でも、購入のチャンスがあります。(タイミングによると思うので、事前にお店に確認の上お出かけください。)

ビービービー ショコラティエ
住所:〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通4−1−15−111(グーグルマップで開く
アクセス:神戸駅から徒歩4分、高速神戸駅東口より徒歩1分(14番西出口階段を上り前の道路を渡ってすぐ)、地下鉄大倉山駅から徒歩5分

電話:078-341-5078

定休日、営業時間などは公式サイトでご確認下さい。

ネット通販、お取り寄せ

こちら、前述の「BEBEBE Chocolatier」さんのオンラインショップからもGET可能。ヤフーショッピング内にあるので気軽&ポイントも貯めやすくオススメです。

やじるし「BEBEBE Chocolatier」オンラインショップ