洋菓子世界大会1位!瀧島誠士さん、自身のブランド「Seiste」をオープン

シェアする


<Seiste>Wonderful encounter

2021年の松屋銀座のバレンタイン取材会にて、「Seisteセイスト)」というブランドを知る機会を得ました。

初めて見る「セイスト」のボンボンショコラは、ツヤツヤと光る美しいグラデーションと形…フレッシュなセンターへの期待高まる繊細な見た目!

気になる新ブランド「セイスト」について、詳しくお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

「セイスト」とは?

「セイスト」は、かの「アルノーラエール」日本初出店店舗のシェフを務めた実力派 瀧島 誠士(たきしま せいじ)シェフによって、2021年1月6日にスタートしたチョコレートブランドです。

瀧島 誠士 シェフ

瀧島シェフは、2005年、帝国ホテルにてキャリアを開始。

Seiji Takishima
seijitakishima.mystrikingly.com/

前述の通り、「アルノーラエール」日本店舗シェフの他、2019年イタリアで開催された世界大会「FIPGC The World Trophy of Pastry Ice Cream and Chocolate」にチームジャパンのキャプテンとして出場、見事世界1位に輝くなど…その他多くの実績をお持ちです。

また現在は、全国選りすぐりのスイーツ店から毎月スイーツセットが届くサブスクリプションサービス「スイーツ巡り便」「LikeSweetsBOX」のCSOも務めています。(*ライターの体験レポはコチラ

「セイスト」の美味しいスイーツたち

取材で拝見した4粒アソートは、「Wonderful encounter(ワンダフルエンカウンター)」。

松屋銀座のバレンタイン 限定のアソートボックスです。

<Seiste>Wonderful encounter

コロナ禍という事で、日本国内の素材に目を向けた商品が注目される中での出品。

グリーンイエローのボンボンは、静岡県牧之原市の荒畑園の緑茶とベルガモットをわせた色鮮やかな一粒。

緑茶×ベルガモットのボンボンショコラ

このほか、新潟の新潟養蜂の百花密に金木犀を香らせた優しい甘みの金木犀など、お洒落なフレーバーばかりでした。

Seisteとは

↓そしてこちらは、三越伊勢丹フランス展に出店していた際のアソート。

セイスト 伊勢丹 フランス展

セイスト 伊勢丹 フランス展

「セイスト」のお取り寄せ

出来たてホヤホヤのブランド「セイスト」。

今後の展開はシェフのサイトからチェック出来ると思います。

seijitakishima.mystrikingly.com/

また、上記で紹介した各デパートでも、催事出店のタイミングで同デパートのオンラインストアに出る事もあるみたい。
タイミングよくチェックしてみて下さいね!

やじるし三越伊勢丹 オンラインショップ
やじるし松屋銀座オンラインショップ