フランス バスク地方の伝統菓子が得意「ティエリー・バマス」を買ってみた

シェアする

ティエリーバマス バロタンにもらったサイン

ティエリーバマス ドームアソート

フランスとスペインの国境に広がる「バスク地方」は、美食の街としても有名です。

このページでは、そんなバスクにある「THIERRY BAMASティエリー・バマス)」について。

その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

ティエリー・バマスとは?

「ティエリーバマス」は、同名のM.O.F.(=高度の技術をもつ職人に授与される、フランスで最も価値ある称号)ショコラティエである、ティエリー・バマス氏によるチョコレートショップ。

ティエリーバマスのショッパー

フランスの南西部のバスク地方、スペインとの国境近くにあるアングレットという場所にあります。

ティエリーバマス氏の下には、スーパーバイザーとしてヴァンサン・ヴァレ氏も参加しています。

M.O.Fショコラティエ ティエリー・バマス

1968年生まれ。2011年にM.O.F.を取得しています。

「お菓子作りは、わたしの情熱、探求心や欲求、味、私のすべてを描き出します。

私の仕事は日々、クリエイトすること、新たな模索を喜びとしますが、同時に、お客様が毎日安心して召し上がっていただけるよう、そのグレードを保証すべく努力しています。」

2010年 CHAMPION DU MONDE DES DESSERTS GLACES (RIMINI ITALIE)
2011年 SACRES MEILLEUR OUVRIER DE FRANCE PATISSIER

スーパーバイザー ヴァンサン・ヴァレ

スーパーバイザーであるVincent Vallée(ヴァンサン・ヴァレ)は、2015年のワールドチョコレートマスターズで優勝した事でも知られるショコラティエです。

ティエリー・バマス おすすめ商品

ガトーバスク

ティエリーバマスといえば、地元、バスク地方の食材や伝統的な菓子が人気。

その地名が冠された「ガトーバスク」は、アーモンドが入ったクッキー生地に、スリーズ(さくらんぼ)などが入ったモノですが、バマス氏のガトーバスクには、彼お気に入りだという「サマラ」というチョコレートが入っています。

ショコラドーム

ショコラドームはその名の通り、ドーム型をしたボンボン(一口サイズのチョコ)です。

ツヤッツヤで、のぞき込むと自分の顔が映りこんでしまうほど。

ティエリーバマス ドームアソート

色も、白から鮮やかなブルーまで使われており、本当にフォトジェニック(今風に言うとインスタ映え?)な見た目。

こちらには、やはりバスク地方の食材「イザラ酒」やトウガラシを使ったものや、逆に、バスクらしくない食材など、さまざまなモノが使用されています。

ちなみに、白に赤点=ユズ 柚子のピュレを入れたホワイトチョコレートのガナッシュ。すごく柚子が香ります。
黒に白点=プラリネ・ノワゼット 独自の製法で詳しくは内緒。卵白を使ってグリルしたヘーゼルナッツに、塩風味のプラリネが使われていました。

クレモンティーヌ

ミカンの形をしたユニークな見た目の「クレモンティーヌ」。

上下がミカンのコンフィ。まん中にはブラックチョコレートのやや固めのジャンドゥージャが入っています。

ティエリー・バマス 店舗&通販情報

前述の通り、ティエリーバマスの本店は、アングレットという小さな街に。

ショップは、暗く鮮やかなトーンのピンク色で、とても目立つそう。

店内にはマカロン、焼き菓子、生菓子(ケーキ)、そして日本のサロンデュショコラにも出品されたツヤツヤのドーム型ボンボンをはじめとしたチョコレートたちが、ギュギュギュっと並びます。

日本には残念ながら店舗はありません…。
手に入れられる可能性があるとすれば、毎年バレンタインシーズン(12月~3月くらい)の伊勢丹オンラインショップ。および催事(サロンデュショコラ)でしょうか。

やじるし伊勢丹 オンラインショップで探す

グルメライターケイのひとりごと

2013年か2014年のサロンデュショコラ(東京)に参加しました。

その時、初登場ブランドとして、ダヴィドカピィなどと一緒に、事前に注目されていたのがティエリーバマス。

2014年サロンデュショコラの様子

カタログ(当時は無料だった)をドッグイヤーして、楽しみにお買い物したのを覚えています。

スポンサーリンク