友達に贈りたい!5年連続最高位受賞「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」

シェアする

サダハルアオキ ボンボンショコラ

青木定治 チョコレート

素材の本質的な美味しさを追求し、伝統とモダンを融合させたという独自のスタイルが受け、パリで活躍する日本人パティシエ 青木定治あおきさだはる)さん。

細長くって、そしてヴィヴィッドな色が特徴的なボンボンショコラ、「あー見たことあるかも!」という方、多いと思います。

このページでは、そんな彼が手掛ける「patisserie Sadaharu AOKI paris(パティスリー・サダハル・アオキ・パリ)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細などお届けします。

スポンサーリンク

パティスリー・サダハル・アオキ・パリって?

シェフパティシエ 青木定治とは

1968年生まれ、東京都出身。

1991年渡仏、パリのジャンミエやクーデル、スイスのレストラン ジラルデで修行したのち、1998年にパリ7区にて初のアトリエ開設、2001年にはパリ6区に初のブティックをオープン。

以来、日本人ショコラティエとして唯一、最高位の「LES INCONTOURNABLES」 を受賞するなど、数々のすばらしい経歴を持ちます。
なお、サダハル アオキの「C.C.C.」における最高位受賞は2015年で5年連続!これは日本人初の快挙です。

青木定治

「僕の菓子作りは素材ありき」と語る青木さん。

手を加えることによって素材の本質的なおいしさを倍増させる…足し算のミニマリズム「新素材主義」がサダハルアオキのスタイルです。

サダハルアオキ ショコラな人々

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ おすすめ商品

Wasabi(ワサビ)

ボンボンショコラ「ワサビ」は、サダハルアオキらしい1粒といえます。

サダハルアオキ わさび

ビビットな緑と黒い曲線が印象的なお洒落なこちら、ほんのりとした山葵の香りが、驚くほどカカオとマッチ!

サダハルアオキ わさび

ワサビやゆずなど、日本らしい素材から、さまざまな題材を自分のものにしてしまうセンスがすばらしいです。

東京焼きマカロンショコラ

渋谷ヒカリエ店限定の「東京焼きマカロン」。

東京焼きマカロン

太鼓判の中身がサダハルアオキのマカロンだという、変わり種スイーツ。

もちもちした皮に、温めたマカロンが独特の食感!ヒカリエ開業当時は行列で、なかなか買えませんでしたが、今は落ち着いているようです。

サダハルアオキ たこ焼き

ちなみに、レギュラー商品ではありませんが、2016年は、その年のサロンデュショコラ(年に1度の巨大チョコイベント)で話題をさらった「たこ焼きショコラ」が登場。その時期、焼きマカロンショコラはお休みしていたのでした。

パヴェ・ドゥ・サンジェルマン

サダハルアオキが初めて作ったという、そのオリジン的なチョコラ「パヴェ・ドゥ・サンジェルマン」。

パヴェ・ドゥ・サンジェルマン

ノルマンディー産の生クリームを使た生チョコは、日本人らしい1粒。

パヴェ・ドゥ・サンジェルマン

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 店舗情報

日本第1号店である丸の内店をはじめとし、新宿伊勢丹、渋谷ヒカリエ、東京ミッドタウンなどの商業施設に店舗があります。

住所:東京都千代田区丸の内 3-4-1 新国際ビル1F
電話:03-5293-2800

住所:東京都新宿区新宿 3-14-1 新宿伊勢丹店B1F
電話:03-3352-1111(大代表)

住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ ShinQsB2F
電話:03-6434-1809

sadaharuaoki1126a

グルメライターケイのひとりごと

渋谷ヒカリエに事務所を借りているわたし。

その地の利を生かし(笑)ちょくちょくサダハルアオキを訪れます。

サダハルアオキ プラリネ クロワッサン

焼き立てクロワッサンもおいしいのよね~。

スポンサーリンク