ミルキーさとキャラメル感!アジア人の為のチョコ「ナユタ」買ってみた

シェアする

ナユタ チョコラタジア マンゴー板チョコ

ナユタ チョコラタジア マンゴー板チョコ

見た目も可愛い、味もイイらしい。

「何このブランド、初めて見た!」と、チョコ好き達に今年衝撃を与えた「NAYUTA CHOCOLATASIAナユタ チョコラタジア)」。

なんと、日本のサロンデュショコラを仕切っている「三越伊勢丹」自らがプロデュースしたそうなんです…!

という事で、このページでは、「NAYUTA CHOCOLATASIAナユタ チョコラタジア)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

ナユタ チョコラタジアとは?

「ナユタ チョコラタジア」は、2017年秋、マレーシア クアラルンプールのISETANにて、世界初第1号店をオープンさせたブランドです。

伊勢丹新宿店の洋菓子バイヤーとして活躍していた上野奈央さんが中心となり、発案。

そして、開発だけでなく技術指導として関わったのは昨年「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演したことでさらにさらに知名度を上げた「ショコラティエ パレ ド オール」の三枝俊介シェフ

使用カカオ

「ナユタ」は、アジア人、日本人が「美味しい」と感じる、「ミルキーさ」や「キャラメル感」を大切にしており、産出量の多いアフリカや南米などのカカオではなく、マレーシア・フィリピン・ベトナムといったアジア産のカカオを採用しています。

パッケージも可愛い

特徴的なパッケージを手掛けたのは、やはりマレーシア クアラルンプール在住のオランダ人デザイナー、リセッタ シアーズ氏。

ナユタ チョコラタジア 板チョコ全種類

アジアっぽい、だけどヨーロッパのテイストもある素敵なデザインです。

ナユタ チョコラタジア おすすめ商品

ボンボンショコラ

ナッツのコクがあり、キャラメル感の高い「インドネシアミルク」、酸味が特徴の「フィリピンビター」など、4粒でテロワールの味くらべが楽しめる「4Pアソート テロワール」、

ナユタ チョコラタジア ボンボンショコラ

それから、マンゴーやカシューナッツ、ココナッツが使われた6Pの詰め合わせなど、多種多様なボンボンショコラ(一口チョコレート)たち。

タブレット(板チョコ)

タブレットは11種類。

マレーシア・フィリピン・ベトナム・インドネシアなどの産地それぞれの、カカオそのものの個性を楽しめるシンプルなモノや…

ナユタ チョコラタジア 板チョコ全種類

マンゴー、ココナッツ、カシューナッツ、アーモンドなどの素材がざくざくとタブレットの上にのっかった、マンディアンタイプのモノ…

特に、マンゴーのモノと、カカオ豆51%ミルクチョコのタブレットに砂糖掛けしたアーモンドを乗せた「タブレットアーモンド」が人気の様子。

ナユタ チョコラタジア 原材料名 例

砂糖、カカオ豆、マンゴー、ココアバター、全粒粉、バニラパウダー、乳化剤(大豆由来)

ナユタ 原材料名

ナユタ チョコラタジア 店舗&通販情報

ナユタの店舗は、前述の世界第1号店、マレーシア クアラルンプールに。

残念ながら日本には常設店はない(?)ようですが、三越伊勢丹のブランドという事で、バレンタインシーズンには必ず、それらデパートで購入可能になるはずです。

もちろんオンラインショップでも購入できると思いますので、シーズン中にチェックしてみてくださいね!

やじるし伊勢丹 オンラインショップで探す

スポンサーリンク