世界2位のショコラティエが作る「デリス・デ・センス」のチョコレート

シェアする

Yoann Laval

2018年のワールドチョコレートマスターズで世界2位の成績を収めたヨハン・ラヴァル氏。

彼がトップショコラティエとして腕を振るうお店が、美食の街リヨンにあります。

このページではそんな「Délices des Sensデリス・デ・センス/デリス・デ・サンス)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

やじるしデリス・デ・センスお取り寄せ(高島屋オンライン)

スポンサーリンク

デリス・デ・センスとは?

「デリス・デ・センス」は、Romaric Boilley(ロマリック・ボワレイ)氏とその妻によって2005年に設立されたパティスリー。

冒頭にも書いた通り、世界的にも美食の街として名高いリヨン6区に本店を置いています。

リヨンの街並み

創業者であるボワレイ氏は、Pâtisserie BOUILLETでシェフを務めた人気パティシエ。

お店では、彼が厳選した地元の素材、ピエモンテのヘーゼルナッツなどが使われたさまざまなスイーツが並びます。

トップショコラティエ Yoann Laval(ヨハン・ラヴァル)

そして、2016年より、デリスデセンスのトップショコラティエとしてすべてを任されているのが、ヨハン・ラヴァル氏。

ヨアン・ラヴァル氏

ラヴァル氏は「Relais Bernard Loiseau」や「Les Terrasses de Lyon」といった有名レストランでシェフを務めた経験を持ち、なんと、2018年にはかの「ワールドチョコレートマスターズ」準優勝という輝かしい成績を残しています。

「ワールドチョコレートマスターズ」についてはコチラの記事をご参照ください。本当にすごい大会なんですよ!

ショコラ通の方には、「アサンブラージュ カキモトの垣本さんが4位になった、あの大会」と言えば、「あぁ!」とわかっていただけるかと。

ワールドチョコレートマスターズ2018結果

デリス・デ・センス おすすめ商品

COFFRET CHOCOLATS ASSORTIS(ボンボンの詰め合わせ)

やはりGETしたいのは、さまざまなフィリング(詰め物=ガナッシュやキャラメル、プラリネなどが)が入った一口サイズのチョコ ボンボンショコラ。

中にフルーツのジュレが入った、ドーム型のボンボンもまた人気です。

デリスデセンス ドームアソート

ちなみに、2019年のバレンタインシーズンに開催された高島屋催事「アムール・デュ・ショコラ」で発表されたアソートも、ピーチやマンゴー&パッション、カシスが使われたドームショコラの詰め合わせでした。

また、公式サイト Bouchées chocolatées(一口サイズのチョコレート)のカテゴリには、ボシェキャラメル塩バターミルク、黒塩バターキャラメルバイト、フレークパフミルク、ブーシェプラリネピーナッツ、ブラックパフモゼルなどが紹介されています。

TABLETTE DE CHOCOLAT(板チョコ)

「D」を型取った、ユニークな形のタブレット(板チョコ)の種類もとっても豊富。

シンプルな板チョコから、産地にこだわったクーベルチュール、塩バターキャラメル、プラリネ、中にガナッシュが入ったモノ…
また、フルーツやナッツが乗ったマンディアンタイプには、なんと「Tablette de chocolat au lait aux smarties」と名付けられたいわゆるマーブルチョコ(smarties)を使ったモノも。

チョコプラスチョコ…その見た目はなんとなくキッチュでかわいらしい。

デリス・デ・センス 店舗&通販(お取り寄せ)情報

デリスデセンスの店舗は、リヨン市内に3店舗。

Chocolaterie – Patisserie DELIGHTS OF THE SENSES(マセナ店)
住所:住所 62, Cours Vitton 69006 Lyon(グーグルマップで開く
アクセス:メトロB線 Masséna 駅から徒歩3分
営業時間 火曜〜土曜 10時00分~19時00分

ほんの100メートルほど離れた場所に、ブロトー店=パティスリーやチョコレート、総菜や菓子パンなどが販売されてるお店もあります。

日本からのお取り寄せ、購入

2019年、高島屋「アムール・デュ・ショコラ」に登場しました。

同時に、高島屋オンラインでも販売。

やじるしデリス・デ・センスお取り寄せ(高島屋オンライン)

グルメライターケイのひとりごと

普段の記事よりも、ショコラティエ写真の掲載枚数が多いですね。

ハイ。イケメンだからです。

トップ写真提供:超チョコマニアhitomi
リヨン写真、文章&編集:グルメライターケイ

スポンサーリンク