元Seisteスーシェフ佐藤美歩さんの「fammy」。2023年12月実店舗もオープン!



当サイトは、一部記事にてアフィリエイトプログラムを利用しています。

fammy by miho sato

「Seiste」や「アルノー・ラエール ジャポン」にお勤めだった佐藤美歩シェフによる「fammy」の焼き菓子を手に入れました。

2023年12月、桜新町に実店舗もオープン予定とのこと!

スポンサーリンク

「fammy by Miho Sato」のこと

2023年、ブランド名を「mills(ミルズ)」から「fammy(ファミ―)」にチェンジし生まれ変わった、佐藤シェフ(@mihho9)の新たなブランド。

「Favorite+Yummy」
「Family(家族)の様に、『fammy(ファミー)』に帰ってきて欲しい」
「日常の小さな幸せを作る。」

といった想いが込められているそうです。

住所:東京都世田谷区弦巻3- 12- 13グレフォルム1階

今回体験したいのは…チェンマイblossomケイク

タイ北部チェンマイのカカオを使った焼き菓子。
ココナッツ、そして広島県呉市豊島の「小越農園(@ogoshi.citrusfarm)」のグリーンレモンが使われています。

fammy タイのカカオを使った焼き菓子

封を開けてまず最初に感じたのは、あら?紅茶が入ってるのかな?と言うような香りの良さ。

そして、シットリほろほろプシュプシュ…そしてサラリと溶けていくような生地。
ちょっと米粉とか大豆のお菓子っぽい歯切れのよさ?がある不思議な食感です。

fammyのチェンマイのカカオを使った焼き菓子の断面

断面写真の下の方の塊がレモンです。
キュゥっとパワフルな味なのかと思いきや、想像よりも酸味の角がなく優しい味わいで、カカオの良さを引き立てるような仕掛けに。

そしてトップにクリーム。
いずれも、生地自体に混ぜられてるんじゃないので、自分が好きな時に齧れるのも楽しい。

メイプルシロップとココナッツが優しくて、全然飽きない。
甘さ控えめで、コロンっと大きなサイズでも軽やかにいただけます。

言い方があってるかわからないんだけど、ちょっとお食事ぽさ?があるお菓子でした。

「fammy」のお菓子を手に入れるには?

12月オープンの実店舗、もしくはお取り寄せで。

催事などにも積極的に出店されているので、イベント、そして期間中は該当デパートのオンラインショップなどでも扱われます。

また、タイのカカオを使ったチョコレートブランド「ガートココア」さんとコラボすることも多く、タイミングが良ければそちらからお取り寄せすることも!

やじるしガートココア 公式サイト
やじるし松屋銀座のバレンタイン