ルビーチョコじゃなくって「レッドカカオマス」?!日新化工株式会社「nk premium series」食べてみました


nk premium series 01 fruit / 02 red

普段、企業向けに業務用チョコレートを作っている「日新化工株式会社」さんのコンシューマー向けオンラインショップ「nk chocolaterie “make”」。

そこで販売されている、ちょっぴり贅沢ライン「nk premium series」の商品2種を体験しました。

レッドカカオマスを使ったチョコレート

聞けばなんと、カカオの果肉であるカカオパルプや、レッドカカオマスという少し変わった素材を使用しているだとか。

お取り寄せ先などの情報もあわせて、詳しくご紹介します!

やじるし公式オンラインショップ

スポンサーリンク

「日新化工株式会社」って?

日新化工株式会社は、洋菓子やパンのコーティングなどに使われる「洋生用チョコレート」を日本で初めて開発した、70年以上の歴史を持つ業務用製菓材料メーカーです。

今回ご紹介するチョコレート2種類は、そんな日新化工株式会社が、初めてオープンした一般客向けオンラインショップの目玉商品「01 fruit」「02 red」の2種類です。

「nk premium series」2種類を食べてみました。

「01 fruit」「02 red」は、いずれも、ズシリと重い小箱の中に、計9枚のミニタブレット(板チョコ)が入った商品です。

nk premium series 02 red

nk premium seriesの中身

01 fruit

まず「01 fruit」から。

こちらは、エクアドル製造のカカオで作られたシンプルなチョコレート…と思いきや、冒頭にちらりと書いた通り、カカオの果肉であるカカオパルプ(パウダー)を配合した、いわゆる究極の(?)フルーツタブレットです。

カカオパルプ(カカオ果実)を使ったチョコレート 原材料名 カロリー

カカオパルプは通常、チョコレート作りには使われませんが、ライチやバナナのような味を持つため、最近では煮詰めてシロップにしたものをジュースで飲んだり、ケーキや、ボンボンショコラのセンターなどに使われることも!

カカオパルプとは

参考画像:カカオパルプ 写真ACより

カカオの味わいが好きで、かつ、「酸味がある産地のシングルビーンタブレットが好き」だとか「もっとフルーティーなチョコレートを楽しみたい!」という方は絶対好きな味!

nk premium series 01 fruit

カカオの種とカカオの実…相性が良い(というか、同じフルーツ!笑)がために、ものすごく素直な酸味、味わいに仕上がっています。口に入れた瞬間「キュン!」と舌にダイレクトに来るフルーティーさ。

苦味は、芯がありつつも酸味に寄り添う感じ。ちょうどよいバランス。
しつこい甘さも喉に残らず、爽やかにスルリスルリと食べられてしまいます。

カカオパルプ入りチョコ 断面

個人的な好みの話になっちゃいますが、こういうのは、ライ麦とかのハード系パンにも合んじゃないかと。

ちなみに、この「01 fruit」を使った「ザ・テリーヌショコラ」という商品もありましたので、興味のある方はあわせてご確認をば。

nk premium series 01 fruit を使ったショコラテリーヌ

02 red

そして「02 red」は、マレーシア製造のココアバターと、天然由来の赤い色が特徴のレッドカカオマスを使用したチョコレートです。

レッドカカオマス

ルビーチョコレートに似た味わいですが、日新化工さんに伺ったところ、ルビーチョコレート(ルビーカカオ)とレッドカカオマスは異なる原料で、また、原材料、配合なども違うそう。

レッドカカオマスを使ったチョコレート 原材料名とカロリー

実際に食べてみると、ルビーチョコレートのまろっとした低めのトーンの乳感と、ややゆっくりした酸味に対して、「02 red」は、もう少し高音というかキュッとした華やかな酸味があります。

nk premium series 02 redの中身 食べてみました

01、02のどちらも「え、みんなこれ知ってたの?!」と問いたくなる、そんな自分的発見な2枚でした。美味しい。

レッドカカオマスのチョコ 断面

…と、そんな両者は、公式のオンラインショップにてお取り寄せ可能。
改めて是非チェックを~。

やじるし公式オンラインショップ「nk chocolaterie “make”」

チョコ好きは興味を持たずにはいられない商品です!

パンとチョコレート