100種類以上のクーベルチュールを操る!「マ・プリエール」猿舘 英明さん

シェアする


マプリショコラ アムールデュショコラにて

マプリエールのガラスの仮面ショコラ

パリの有名店で修業し、賞歴も多数。日本を代表するパティシエ、ショコラティエである猿舘 英明さん。

そんな猿舘さんのお店「Ma Priereマ・プリエール)」について調べてみました!

以下、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

「マ・プリエール」とは?

「マ・プリエール」は、2006年、三鷹駅近くにオープンしたパティスリーです。

オーナーシェフは、冒頭に書いた通り、実力派シェフの猿舘 英明さん。

特にチョコレートを使ったスイーツにこだわりがあり、主力商品として多く展開しています。

マプリエールとは

天然の糖質「パラチノース」を採用した、体と美容に嬉しい「スローカロリー」なスイーツも人気です。

猿舘 英明さんプロフィール

猿舘シェフは、1974年岩手県出身。

「パティスリー ラ・ヴィ・ドゥース」に努めたのち、渡仏。ノルマンディー地方からフランス生活をスタートします。

パリでは、「アリ・ババ」(サヴァランという名で知られるラム酒漬けのお菓子)を発明した老舗店「ストーレー」にてヴィエノワズリーを習得、そして言わずと知れた有名店「ミッシェル・ショーダン」に師事しました。

2014年には、C.C.C.「セレクションジャポン」で5タブレットを獲得してます。

こだわりのクーベルチュール

猿舘シェフは、多くのクーベルチュール*を使うことでも知られます。その数は100、140…と年々増え、今では170種類以上にもなるんだとか。

使うのは、カカオハンター小方真弓さんが猿舘さんのために作った「1974」などをはじめとし、フェルクリン、パカリ、KAOKA、ヴァローナ、バリーカレボー社の物などなど。

*クーベルチュールとは、製菓用のチョコレートのこと。
一般的なパティスリー、ショコラトリーは、この既製品であるクーベルチュールをメーカーから購入し、それを加工して商品を作ります。

「マ・プリエール」おすすめ商品

マプリショコラ

さて、そんな「マ・プリエール」の代表作と言えば「マプリショコラ」です。

マプリショコラ 産地別

「マプリショコラ」は、数種類の産地別 カカオ70%ダークチョコレートを使い分けた一口サイズのケーキです。

エクアドル、パプアニューギニア、ベネズエラ、ドミニカ共和国、アフリカ・サントメ諸島といった、それぞれのカカオの特徴を食べ比べる事が出来ます。

マプリショコラ

蒸し焼きにされた、シットリした食感と濃厚な味わいが特徴。

地元土産も意識して開発されたそうで、持ち運びもしやすくなっています。チョコレートに詳しくない人でも気軽に手に取りやすい!

「ショコラ1974」シリーズ

前述の、猿舘さんの生まれ年が冠されたオリジナルのクーベルチュール「ショコラ1974」を使ったスイーツたち。

コロンビア産の、異なる3種のカカオをブレンドして作られているそう。

2020年は、米粉を使ったグルテンフリーの濃厚テリーヌが話題に。このほかフォンダンショコラなども展開しています。

ケーキ類

ペパデオーロ

その名の通り、KAOKA社のクーベルチュール「パペオデーロ」を使ったお店のスペシャリテ。
粉を使わずココアパウダーのみで焼き上げたビスキュイ生地、ガナッシュなど全12層からなるチョコレート尽くしの代表作です。
ガナッシュにはカカオ分80%のエクアドル産オーガニックチョコレートを使い、フローラル系の心地よい香りが鼻に抜けます。

マプリエール

店名が名付けられた「マプリエール」は、苺とホワイトチョコのムースの中に、苺ジュレとパッションフルーツ&レモンのクリームが入っています。
ベネズエラ産の脱臭していないホワイトチョコを使っているため、カカオのフルーツ感も感じられる、ちょっとツウ向けの面白い味わいも。

「マ・プリエール」店舗&通販(お取り寄せ)情報

実店舗

さて、そんな「マ・プリエール」のお店は、三鷹に。
駅から北に500メートルほどの場所です。

■三鷹本店
住所:〒180-0013 東京都武蔵野市西久保2丁目1−11(グーグルマップで開く
電話:04-2255-0505

ちなみに、東に2キロほど行くと「プレスキルショコラトリー」もあります。ショコラ好きの方、ぜひハシゴを!(笑)

■新宿タカシマヤ店
住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2新宿高島屋B1F
電話:03-5361-1111

https://www.ma-priere.com/

ネット通販、お取り寄せ

「マ・プリエール」には、公式のオンラインショップもあります!

また、バレンタイン時期には百貨店の催事などにも登場する為、同時期、同デパートのオンラインショップからGETも可能です。

高島屋オンラインストアを利用する

グルメライターケイのひとりごと

私が「マ・プリエール」に初めて出会ったのは、高島屋の「アムール・デュ・ショコラ」でした。

マプリエールのガラスの仮面ショコラ

その年は「ガラスの仮面」とコラボしたイベントになっていて、それをイメージしたボンボンアソートを手掛けたのが猿舘さんだったんです。

マプリエールのガラスの仮面ショコラ

「ガラスの仮面」世代ではないのですが、そのビジュアルに心惹かれてGET。さすがの美味しさでした。

マプリエールのガラスの仮面ショコラ