あの辛口審査員のチョコはやっぱり絶品だった「ミホシェフショコラティエ」のチョコが絶品

シェアする

カタルニャ

カタルニャ

日本を代表する料理研究家、ショコラティエールである斉藤美穂氏。

ジョエルロブションの紹介で、ジャンポールエヴァンの元で修業したという経歴を持つスゴイお方。

「お願い!ランキング」というTV番組で、かの川越達也シェフとともに辛口審査員としても広く知られましたよね。

このページではそんな「Miho Chef Chocolatierミホ・シェフ・ショコラティエ)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

ミホ・シェフ・ショコラティエとは?

「ミホ・シェフ・ショコラティエ」は、2004年にはじまった斎藤さんによるチョコレートブランド。

ミホシェフショコラティエ ショッパー

料理研究家として出版したチョコレート本が好評だったことから出店のオファーが殺到した事がそのキッカケだと言われています。

「ミホ・シェフ・ショコラティエ」のチョコは、クオリティーを落とさないよう、手作りでの少量生産
なにより「作り立て」であることを大事にしていて、店頭や催事でも、売れた分だけ補充するというスタイルをとっているそうです。
(確かに、ほかのブランドと比べて、催事などでもあまり見かけないかも。)

ミホシェフショコラティエ キャニスター

天然のバラやジャスミンなど最高級エッセンスを贅沢に使った、女性らしいフレーバーのモノがお得意。

また、2013年に設立された、ミホシェフ~のセカンドライン「MCC Studio」というブランドもあります。おすすめ商品の項目↓ではこちらのモノも混ぜてご紹介しますね。

ミホ・シェフ・ショコラティエ おすすめ商品

カタルニャ

カタルニャは、シロップ漬けのスペイン産オリーブの実を使ったトリュフ。

種の部分にホワイトチョコを詰め、さらにそれをチョコレートでコーティングしています。

カタルニャ

詰められたホワイトチョコのポリポリとした食感、そしてコーティングされたうす~いチョコの儚い食感…。どちらもものすごく秀逸です!

カタルニャ

シロップ漬けされたオリーブは、洋酒のような風味もあります。

このタイプのチョコはあまり食べた事がないのですが、もんのすごくおいしくて、1粒でやめよう やめようと思うのですが、ついつい手が伸びて食べ過ぎてしまうという罪な味。

キャニスター入りも嬉しい。

カラク(ガトーショコラ)

お次は、セカンドライン「MCC Studio」の商品から、カラクのご紹介。

カラクはその名の通り、ヴァローナ社のクーベルチュール(製菓用のチョコレート生地)「カラク」を使ったチョコレートケーキです。

ぐるなび社が運営するECサイト「ぐるすぐり」で販売をスタートしたカラク(ガトーショコラ)がチョコレートケーキ部門で週間・月間売上ランキング1位になりました。

まるで生チョコのようなとろけるような食感、ビターなカカオの味わい、そしてオレンジグランマニエの香りが人気の秘密。

グランショコラ

グランショコラは、オレンジのリキュール「グランマルニエ」を使ったトリュフ。
2種類のクーベルチュールを使用しています。

ショコラパルファン ラフィネ・ローズ

ショコラパルファン ラフィネ・ローズは、マリーアントワネットが愛したと言われるフランス産セントフォーリア種のバラの天然エッセンスを贅沢に使用したボンボンショコラ。

上に乗った砂糖漬けの花びらもエレガントです。

ショコラパルファン ラフィネ・ジャスミン

ショコラパルファン ラフィネ・ジャスミンは、別名「アラビアンナイト」と名付けられた、ジャスミンの香りのボンボンショコラ。
使用されるのは、希少なロイヤルジャスミンの天然エッセンス。

エクストラノワール

エクストラノワールは、カカオ分が高いクーベルチュールを使用した、カカオそのものの香りをじっくり堪能できるボンボンショコラ。
表面にブランドマークがプリントされたものは、引き出物向けの特別仕様。

ミホ・シェフ・ショコラティエ 店舗&通販情報

店舗は六本木に。

住所:〒106-0032 東京都港区六本木7丁目2 六本木7丁目2−28(グーグルマップで開く
mihocc.com
03-3408-5003

バレンタインシーズンでは、デパートの催事に登場する可能性もあります。
(確か私も、池袋の西武か東武のどっちかで買いました。)

お取り寄せは公式サイトの他、Amazonでは「MCC Studio」の通販もありました。

スポンサーリンク