これが本当の「自分へのご褒美」だ!「ヴェストリ」缶入りジャンデューヤにビックリした話

シェアする

アンティーカ・ジャンドゥイア

イタリアのナッティーな味わいのチョコレートが大好きな皆さん!

VESTRIヴェストリ)」をご存知でしょうか。

ヘーゼルナッツのペーストにチョコを加えて練った「ジャンデューヤ」がお得意のブランドでして、なんと、そのジャンデューヤが一口サイズではなく、四角い缶に入って提供されるという…夢のようなプロダクトがあるんです。

今日は、そんな「VESTRIヴェストリ)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

http://vestri.jp

スポンサーリンク

「ヴェストリ」とは?

「ヴェストリ」は、1960年創業、イタリア トスカーナ州アレッツォにあるチョコレートメーカー。

ヴェストリ

阪急うめだ本店「バレンタインチョコレート博覧会」にて

本社、そしてチョコレート工場、ショップがあるアレッツォは、中世の美しい街並みが残り、映画「ライフ・イズ・ビューティフル」の舞台としても有名な場所で、地元ファンのみならず多くの観光客でにぎわいます。

現代表は、3代目であるDanielo Vestriダニエーロ・ヴェストリ)さんと、Stefania(ステファニア)ご夫妻。

2002年にオープンした、フィレンツェ店には4代目である息子レオナルドさんが店長を務め、自作レシピの商品をヒットさせています。

2015、2016、2019年、インターナショナル・チョコレート・アワード金賞。

カカオへのこだわり「ファームトゥバー」

「ヴェストリ」は、イタリアのブランドですが、ドミニカ共和国に「ヴィスタ・アレグレ」という自社農園を持っていて、カカオ豆を育てるところから一貫してチョコレート作りを行っています。

最近ブームになっている、カカオ豆の選定から自社で一貫してスイーツ作りを行う「ビーントゥバー」よりもさらに前の段階から関わる、いわば「ファームトゥバー」。

もちろん、農園では農薬や化学薬品を使用していません。その結果、原産地のテロワールの特徴を反映したカカオが育ちます。

そんな風にして栽培されたカカオ豆は、本来の特性を変えないように低温で焙煎され、官能的なチョコレートに加工されます。

「ヴェストリ」おすすめ商品

アンティーカ・ジャンドゥイア

「ヴェストリ」のスペシャリテ(代表作)と言えば、なんといっても「アンティーカ・ジャンドゥイア」のシリーズです。

アンティーカの名前の通り、「昔の」ジャンドゥイア…かっこよく言えば「古き良き時代の」ジャンドゥイアって感じでしょうか。

アンティーカ・ジャンドゥイア

このシリーズは、通常、指で形成して一口サイズになっているジャンドゥイア↓とは違って、正方形の缶に入っていて、スプーン(cucchiaino)ですくって食べるような、特別な形態になっています。

ジャンデューヤ 中身

一般的な「ジャンデューヤ」の例(写真はカフェレル)

シンプルなミルクタイプ(「フィオレンティーナ」)から、女性に人気だという「ピスタッキオ」、苦めが好きなら「カップチーノ」など、さまざまな種類が揃います。

「ちょっと重いのは…」という方は、酸味がプラスされたフランボワーズ(「ランポーネ」)や、「リモーネ」などもオススメです。

…にしても、特別な食べ方もそうだし、メタルボックスのチョコレートらしくないパステルカラーも素敵だし、なんとも落ち着いた上品な見た目が、より、”ご褒美感”。

買って帰って、ワクワクと自宅で開封する時の気分と言ったら。
(スプーンですくってそのまま食べてもいいし、温めてチョコフォンデュのようにするのもオススメだそう…!)

と、当時に、プレゼントにも向いているなぁと思います。
「頑張った日とかに、お家で独り占めして食べて」なんていう言葉を添えて、誰かに贈りたい…♪

ちなみにミント味は、日本の「サロン・デュ・ショコラ」限定。

プラリネ(一口サイズの詰め物がされたチョコ)

もちろん、いわゆるプラリネ(*ここでは、砂糖とナッツのペーストの意味ではなく、ボンボンショコラと同じ意味で使われています。)商品もあります!

オランジェットのようなモノから、センターにシンプルなガナッシュが使われたモノ、一般的なショコラトリーと変わらず様々なものがありますが、やはり、イタリアらしいナッティな味わいのモノが多いでしょうか。

ヴェストリの商品一覧

写真↓の「カカオコレクション」は、カカオにこだわる「ヴェストリ」の本領発揮、それぞれ産地が異なる4粒がセットになっていて、食べ比べできるもの。

ヴェストリのプラリネ

自社農園のカカオと、他の産地から厳選したカカオの両方を使用したアソートボックスで、ヘーゼルナッツとの組み合わせにこだわっています。

「マダガスカル」は、深みのある味とチェリーのような香りが特徴の一粒。「ベネズエラ」は、小麦のような風味と少しの酸味、ドライな後味が特徴。「ベリーズ」は、フルーツのような後味。

阪急うめだ本店限定で販売されました。

ヴェストリのクレミーノ

こちらは、クレミーノです。
ジャンデューヤが上下の層に位置する3層構造のチョコ。元々イタリア北部のピエモンテ産の銘菓です。

プラリネ ジャンデューヤ

そして、当然といえば当然なのですが、一般的な姿をしたジャンデューヤもあります!

「ヴェストリ」店舗&通販(お取り寄せ)情報

さて、そんな「ヴェストリ」の実店舗はイタリアに。

残念ながら日本に店舗はありませんが、公式のオンラインショップがある他、バレンタインなどの催事では、全国の百貨店に登場しますので、ぜひタイミングを逃さずチェックを。

実店舗

本社/アレッツォ店
住所:Via Romana, 161 B/C, 52100 Arezzo AR, イタリア(グーグルマップで開く
電話:+39 0575 907315

フィレンツェ店
住所:Borgo degli Albizi, 11r, 50122 Firenze FI, イタリア(グーグルマップで開く
電話:+39 055 234 0374

お取り寄せ、ネット通販

公式オンラインショップ、もしくは催事前後の各百貨店のオンラインショップなどで。

やじるし公式オンラインショップ
やじるし伊勢丹オンラインショップ
やじるし高島屋オンラインショップ

スポンサーリンク