祖父も父もフランス人間国宝!「グザビエ・ベルジェ」のチョコレートとは?

シェアする

グザビエベルジェ おすすめ

親子3代にわたってスーツ作りを行うベルジェ家。

その3代目、グザビエ・ベルジェが2019年、日本に再上陸しています!
これは、味わうしかない!

…というワケで、このページではそんな「XAVIER BERGERグザビエ・ベルジェ/グサヴィエ・ベルジェ)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

やじるしグザビエ ベルジェのお取り寄せはコチラから

スポンサーリンク

グザビエ・ベルジェとは?

「グザビエ・ベルジェ」とは、フランスの南、スペイン国境近くの「タルブ」という田舎町にあるショコラトリー、および同名シェフです。

ピレネー山脈
ピレネー山脈の広大な自然由来の素材、そのものを楽しめるようなチョコレートが特徴。

2015年 銀座三越のバレンタイン催事で日本初上陸

そして2019年には、高島屋のバレンタイン催事「アムールデュショコラ」にて再上陸しています。

シェフ グザビエ ベルジェ

グザビエ ベルジェは、タイトルにもある通り、祖父、そして父までもが、M.O.F.(フランス国家最優秀職人賞=日本でいう人間国宝のようなもの)の称号を持っている、フランス菓子界のサラブレッド的存在。

ルルデセール

もちろん自身も、「ワールドチョコレートマスターズ」への出場経験を持ち、そして世界のトップパティシエ、ショコラティエが属する協会「ルレ・デセール」のメンバーでもあります。


*動画右がグザビエベルジェ。

ルレ・デセール公式youtubeチャンネルでは、「いたずら好きで、大胆で、野心的」と評されています。


*動画は、2011年ワールドチョコレートマスターズのグザビエベルジェ。弱冠27歳。

グザビエ・ベルジェ おすすめ商品

ボンボンショコラ

グザビエベルジェのボンボンショコラは、30種類の高級チョココレクションからなります。

ベネズエラ、ドミニカ、マダガスカル産のこだわりのカカオ豆を、フルーツやナッツなどに合わせた絶妙な味わい。

フランス式ボンボンらしく、コーティングのチョコレートは薄く、繊細です。

マロンショコラ

グザビエベルジェ本店がある、ピレネー山脈の栗を使った「マロンショコラ」は、2019年バレンタインに登場したモノ。

グザビエ・ベルジェ マロンショコラ

ラム酒を効かせた大人の味。

タブレット(板チョコ)

ドミニカ、ベネズエラ、タンザニア、マダガスカル、エクアドルなどのカカオ豆を使った、シンプルなチョコレートバー。

グザビエ・ベルジェ 店舗&通販(お取り寄せ)情報

実店舗

グザビエベルジェの実店舗は、本店「タルブ」そして「ポー」にあります。

Boutique Xavier Berger – Tarbes
住所:7 Rue Maréchal Foch, 65000 Tarbes, フランス(グーグルマップで開く
電話:+33 5 62 37 19 77
営業時間:9時30分~12時30分 14時30分~19時00分
定休日:日曜日

ブラックな外壁には、ルレデセールの会員である事を示すプレートが飾られ、店内にはショーケース、壁面には、今回ご紹介したマロンショコラのようなお菓子が並びます。

マゼンダカラーをアクセントにしたショーウインドウのディスプレイもお洒落!

Boutique Xavier Berger – Pau
住所:3 Place de la Libération, 64000 Pau, フランス(グーグルマップで開く
電話:+33 5 59 82 92 41
営業時間:10時00分~19時00分
定休日:日曜日、月曜日

ワールドチョコレートマスターズ 世界大会出場経験者らしく、ピエスモンテのようなものもお洒落に展示されています。

ショップカラーはブラック~グレーに、ビビットなオレンジ。洗練された印象。

やはり、ショーケースにはボンボンショコラ、壁面にもスイーツ。アントルメは小さな冷蔵庫に。

お向かいはEnfants des Basses Pyrénées Morts pour la Patrieという広場があって、本当に絵に描いたような美しい場所になっています。

日本でのお買い物 お取り寄せ

日本には実店舗はないようです。

購入のチャンスは、バレンタインシーズンに開催される各デパートの催事。
同時期、該当の百貨店のオンラインショップにも登場します。チャンスは短い!ぜひチェックを。

やじるしグザビエ ベルジェのお取り寄せはコチラから

スポンサーリンク