【オーガニック】「COCOA ローチョコレート」食べてみました。味は?

シェアする

cocoaローチョコレート

カカオ豆を焙煎せず、低温で処理した「ローチョコレート」。

日本でもブームの兆し?!という事で、このページでは「COCOA ローチョコレート」について、その特徴、おすすめ商品、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

COCOA ローチョコレートとは?

COCOA ローチョコレートのオーガニック原料について

「COCOA ローチョコレート」は、ローカカオと、ココヤシ花の乾燥蜜で甘みを出したチョコレートです。
カカオ豆は、焙煎ではなく冷砕 45度以下で処理されています。

有機JAS認定食品

COCOA ローチョコレート 原材料名 例

有機カカオマス、有機ココナッツシュガー、有機ココアバター、有機ピスタチオ、有機アーモンド、有機バニラパウダー

cocoaローチョコレート 原材料名

COCOA ローチョコレート おすすめ商品

COCOA オーガニックビター・ローチョコレート

砂糖の代わりに使われているココナッツシュガーが、独特の風味です。

インドネシアなどでよく食べられる甘味料なため、食べるたび、なぜか東南アジアを思い出します(笑)

なかなか癖のある味ですので、楽しめる人は選びますが、ちょっと冒険してみたい人はぜひ。

COCOA オーガニックピスタチオ・ローチョコレート

上記「ビター」とよくセットで購入されているらしい「ピスタチオ」タイプ。

塩味がかなり強い上、こちらもやはりココナッツシュガー独特のクセがあります。

cocoaローチョコレート 口コミ

ビタータイプと違い、結構甘いです。

cocoaローチョコレート

このほか、アサイー・チェリー、ココナッツ、ゴジベリー、ピーカンナッツなどのタブレットがありますのでお好きなものを~。

スポンサーリンク