フルーツとしてのカカオを楽しめる「エリタージュ」

シェアする

エリタージュ

ベトナムのカカオを使用しチョコレートを作り続けているフランスのショコラトリー「ERTHAJエリタージュ)」。

今ブームになっている、カカオの選定や発酵から一貫して行う「ビーントゥバー」を採用しているブランドです。

今日はそんな、「ERTHAJエリタージュ)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

エリタージュとは?

フランス アルザス地方ストラスブールのお店。
ベトナム ベンチェ省のトリニタリオ種カカオを使用しています。

ブランド名の由来は、遺産という意味を持つHERITAGE(ヘリテージ)から。

エリタージュを率いるアーノード・スタンジェルシェフは、父のアンドレ氏と共に、使用カカオの産地であるベンチェ省にて、障害を持つ子供を応援するような施設と仕組みを創るという、エシカルな活動も。

エリタージュ おすすめ商品

カカオフェルメントジュース

フルーツとしてのカカオを楽しめる、カカオ果汁のジュース。

カカオの健康効果

カカオパルプと呼ばれる、チョコレートの原料となるカカオの実の中↑、カカオ豆を包む、白い果肉の部分を使います。

カカオ豆とは?

ライチのような食感と味がするんだそう。

エリタージュ パンフレット

エリタージュ カカオジュース サロンデュショコラ

チョコレートを作るときには直接使用しない部分だけに、チョコマニアにも受けること間違いなし。

日本では、2017年のサロンデュショコラで提供され、会場内を歩き疲れた女子たちを癒しました。

身体に優しくスッキリ美味しい!

ちなみに…このカカオの実を使ったジュースは、2004年に「オリジンーヌ・カカオ」がいち早くメニューに取り入れましたが、最近では、富ヶ谷にあるビーントゥバーブランド「ミニマル」などでも気軽に飲めるようになりました。

コフレ ド デギュスタシオン ベトナム

全く同じカカオ豆を使い、含有率、焙煎温度などを変え、5種類の味わいのチョコを創りました。

「同じカカオ豆で、ここまで味わいの違いが?!」と驚くこと間違いなし。チョコマニアにぜひ試してほしい一品。

上記カカオフェルメントジュースに並んでいる際、試食をいただいたのですが、本当に美味しかったですよ♪

エリタージュ 店舗&通販情報

店舗は、フランス アルザス地方ストラスブールに。
6 Rue Brûlée, 67000 Strasbourg, フランス

残念ながら日本に店舗は無いようですが、チョコレートシーズン(1~2月)には、伊勢丹三越を中心としたデパートの催事や、オンラインショップなどでGETのチャンスがあります。

やじるし伊勢丹 オンラインショップ

スポンサーリンク