1966年に単身渡仏!伝説のシェフによる「オーボンヴュータン」とは?

シェアする

オーボンヴュータン ボンボンショコラ アソート

日本ではフランス料理店すら珍しかった1960年代に、単身 渡仏し本場でケーキを学んだ河田 勝彦シェフ。

日本では知らない人はいない、伝説的なシェフです。

オーボンヴュータン ロシェ オランジェット アマンドショコラ他

今日はそんな河田さんのお店、「AU BON VIEUX TEMPSオーボンヴュータン)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

やじるしオーボンヴューダン商品一覧(高島屋オンライン)

スポンサーリンク

オーボンヴュータンとは?

「オーボンヴュータン」は、1981年に創業された、世田谷区尾山台にある老舗のパティスリーです。

オーボンヴュータン 高島屋サロンデュショコラに出展

冒頭で書いた通り、”日本のパティシエで知らない人はいない”というほど有名な、フランス菓子の第一人者 河田勝彦(かわたかつひこ)氏によるお店です。

オーボンヴューダンバロタン

河田氏は、今から50数年前、1966年(67年という資料もあり)に渡仏。
1975年に帰国するまでレストランや菓子店で修業し、フランスの伝統的な菓子を中心に様々な事を学びました。

フランスでは「まるで歴史家」と言われるほどに、古本屋に通い古いフランス菓子の資料を集めていたそう。それには、その菓子の背景、例えば文化や気候がどのように影響したか知りたい、という思いがあるようです。

そんなワケで、尾山台のお店には、今や現地フランスでもあまり見かけないような伝統菓子、古典菓子が並んでいます。

2019年には75歳になる河田シェフ。
現在は、後継者である長男 河田薫シェフも活躍されており、高島屋限定のショコラアソートでは、父と息子それぞれの作品が1箱で楽しめる…といった、ちょっと面白い商品を出した事も。

河田勝彦の本

河田さんはさまざまな本も出版されています。ご興味ある方はぜひそちらもチェックを。

やじるし河田勝彦の本

オーボンヴュータン おすすめ商品

このサイトでは、チョコレート、特にボンボンショコラ(詰め物をした一口サイズのチョコ)のおすすめをまとめます。

フレーズキャラメル

印象的な真っ赤なハートは「フレーズキャラメル」。

フレーズキャラメル

ホワイトチョコレートの中にはキャラメルクリームが。

フレーズキャラメル

1粒入れれば、箱の中がパッと華やかになるので、バレンタイン用なんかだとピッタリだと思います。

パレ・オ・モカ

商品名がプリントされたお洒落な外観。
その名の通り、モカの香りがするガナッシュ(チョコレートクリーム)が中身です。

紅茶が使われた「パレ・オ・テ」も人気です。

パッション

パッションフルーツが使われた一粒は、前述した、2代目 河田薫シェフによるもの。

パッション

パッションフルーツの酸味を、ミルクチョコレートがやさしくくるむ感じ。

ものすごくお洒落な味。ぜひ体験して欲しい!

マント

ミントのホワイトチョコが中に入ったボンボンショコラ「マント」。
爽やかな風味で食べやすい一粒です。

シトロン

その名の通り、レモンのガナッシュが使われた一粒。
他のボンボン同様、コーティングが薄く、中のガナッシュもくちどけ滑らかで全体的に繊細な味わい。

こちらも爽やかな風味が特徴です。

バトンオーショコラ

高島屋のバレンタイン催事「アムールデュショコラ」で出会った、強烈な見た目のスイーツ「バトンオーショコラ」。

スタッフさんに聞いたところ「毎年、一番人気で、すぐ売り切れちゃうんですよ!」とのこと。

オーボンヴュータン バトンオショコラ

ドライフルーツが練りこまれたチョコレート生地を、春巻きの皮でくるりと包み、さらにチョコレートでコーティングしています。

オランジェット、ロッシェ、アマンドショコラ

ボンボンの他、定番のチョコレート菓子である「オランジェット」や「ロシェ」、「アマンドショコラ」なども人気です。

オーボンヴュータン ロシェ オランジェット アマンドショコラ他

オーボンヴュータン 店舗&通販(お取り寄せ)情報

実店舗は尾山台。日本橋高島屋にも!

オーボンヴュータン 尾山台店
住所:〒158-0082 東京都世田谷区等々力2-1-3(グーグルマップで開く
電話:03-3703-8428
営業時間:9時00分~18時00分
定休日:火曜日・水曜日

生菓子、焼き菓子だけでなく、1つ1つ丁寧に包装された色んなフレーバーのキャラメルや、ジャムなども並びます。

長男の河田薫さんだけでなく、次男の河田力也さんもシャルキュティエ(食肉加工技術を持つ職人)として参加しており、お惣菜もとっても美味しそう!

↓また、新業態として日本橋髙島屋S.C.に登場したお店にも注目を。

オーボンヴュータンシャルキュトリー
住所:〒103-8265 東京都中央区日本橋2丁目4-1
営業時間、定休日:日本橋高島屋 S.C.に準ずる

新たにパテやソーセージ、惣菜のシャルキュトリーを併合展開し、本格的な食文化を味わえるメゾンとして日本橋高島屋S.C.に。
同店では、洋菓子を長男の薫氏、シャルキュトリーを次男の力也氏が受け継ぎ、その味を伝えていきます。

老舗パティスリーの新業態「オーボンヴュータンシャルキュトリー」
日本橋高島屋S.C.には、ショコラ女子歓喜の「アランデュカス」や「カカオティエゴカン」も出店しています。ぜひ、あわせて訪ねてみてください。

お取り寄せ ネット通販

公式サイトからは、電話、もしくはFAX注文にて、クッキーなどの焼き菓子の詰め合わせがお取り寄せ可能です。

やじるしオーボンヴューダン 通販ページ

チョコレートは、バレンタインのシーズンにデパート催事に登場する可能性があり、同時期、そのデパートのオンラインショップにも出るかもしれません。

シーズンにはぜひこまめにチェックを。

やじるしオーボンヴューダン商品一覧(高島屋オンライン)

オーボンヴューダン、誰かに差し上げるにしても、ダントツにエレガントなお持たせだと思いますよ!

グルメライターケイのひとりごと

ちょっと体調を崩し、1年休業、復帰の際に、お友達のライター「すずめ」さんより、快気祝いでいただいたオーボンヴューダン。

思えば、快気祝いやお見舞いの80%くらい(笑)がチョコレートでした。

こういう風にいただいたブランドのチョコレートの事は、たぶん一生忘れません。嬉しいですね。

Thanks:日々、いと楽し。

スポンサーリンク