希少なホワイトカカオの板チョコが人気!「カカオスーヨ」を取り寄せてみました

シェアする


カカオスーヨとは

カカオの生産国であるペルーのチョコレートブランド「CACAOSUYOカカオスーヨ)」。

ホワイトカカオを使ったモノなど、フルーツとしてのカカオが楽しめるようなプロダクトが人気です。

このページではそんな「カカオスーヨ」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

「カカオスーヨ」とは?

「カカオスーヨ」は、Eduardo LanfrancoSamir Gihaによるブランド。
2012年に誕生しました。

ペルーのクスコ、ピウラ、アマソナスといった地域のカカオ豆を採用。
それを「ビーントゥバー」…ならぬ、「ツリートゥバー(Tree to Bar=カカオの収穫から自社で一貫してチョコレート作りを行う)」製法を用いて製品化しています。

カカオスーヨ ロゴ

インターナショナル・チョコレート・アワードで受賞するなど、世界的に認められてる実力派で、日本でも、バレンタイン催事へ出店するなど知名度を上げています。

インターナショナルチョコレートアワード(I.C.A)

カカオスーヨ ホワイトカカオの色

「カカオスーヨ」おすすめ商品

ピウラセレクト 70%

「Orígenes」カテゴリから「ピウラセレクト」。

その名の通り、ペルー北西部にあるピウラの豆が使われたカカオ分70%の板チョコです。

ピウラセレクト

「カカオスーヨ」の代表的な一枚で、その大きな特徴は、ポリフェノールをほとんど含まない「ホワイトカカオ」を使っていること。

カカオスーヨ ホワイトカカオの色

タブレットは明るめの茶色。

味わいは、苦みが少なく、よりフルーツとしてカカオの風味をダイレクトに味わう事が出来ます。柑橘系、ナッツ、ハチミツ、パネラ、モルトのノートが特徴。

それにしても、カカオの酸味がここまで好ましいとは!

カカオパルプを使ったジュースや、その他スイーツが好きな人はぜひ味わって!

クスコ 70%

同じく「Orígenes」カテゴリから、Cuzco70%。
最初は甘いフルーティーな香りがして、ゆっくりとハーブのフレッシュなフルーツの香りへと変化していきます。80%もあります。

アマソナス 70%

アマゾン産カカオ70%のチョコレート。フローラルノート、フルーツハニー、柑橘系のタッチがあります。

ピウラニブス 70%

「Chocolate con inclusiones」のカテゴリから。

ピウラ産のカカオを70%使用したチョコレートに、カカオニブを入れた板チョコです。

キヌアクランチ 40%

こちらも「Chocolate con inclusiones」のカテゴリから。

インターナショナル・チョコレート・アワードで受賞している一枚。
ピウラ地方のミルクチョコレートに、ローストしたキヌアを入れています。

ピウラミルク 50%

「Milk Chocolate」カテゴリから。

ペルーのジャングルで育ったバニラをふんだんに使用した、ピウラ産カカオ50%の最高級ミルクチョコレート。キャラメルのような味わいです。

「カカオスーヨ」原材料名 例

カカオ豆、砂糖

カカオスーヨの原材料名

「カカオスーヨ」店舗&通販(お取り寄せ)情報

実店舗

住所:Robert Fulton 145, Ate 15022 ペルー(グーグルマップで開く
電話:+5113267600

https://cacaosuyo.pe/

ネット通販、お取り寄せ

日本では、土屋公二シェフによる有限会社テオブロマで取り扱いがあり、通販でも手に入れる事が出来ます。

また、百貨店のバレンタイン催事にも出る事がありますので、見かけたらぜひGETを!

やじるし「カカオスーヨ」のお取り寄せはコチラから