広尾にある老舗パティスリー「ラ・メゾン・ジュヴォー」に行ってみた。おすすめは?

シェアする

広尾 メゾンジュヴォー 店舗内の様子

ハイソでお洒落な街として人気の東京 広尾

ここに、フランス プロヴァンスから日本に上陸した老舗パティスリー「ラ・メゾン・ジュヴォー」があります。

メゾンジュヴォー グランマンディアン

このページでは、そんな「La maison JOUVAUDラ・メゾン・ジュヴォー)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

最後に、広尾店への訪問レポもありますよ!

スポンサーリンク

ラ・メゾン・ジュヴォーとは?

「メゾン・ジュヴォー」は、1948年創業、南フランス プロヴァンスの親子3代にわたる老舗パティスリー、ショコラトリーです。

69年に、現在のカルパン トラに移転。

初代は、ジルベルト・ジュヴォー氏。
2代目はルレ・デセールの副会長でもあるフレデリック・ジュヴォー氏。

メゾンジュヴォー 歴史

そして2015年からは、現在のマスターショコラティエ、3代目ピエール・ジュヴォー氏がそのエッセンスを引き継いでいます。

複雑に素材同士を組み合わせるのではなく、シンプルなマリアージュでもって、その美味しさ、特に地元に根付いたストレートな美味しさを伝える事をモットーにしているんだそう。

メゾンジュヴォー ロゴ

2003年、唯一の海外支店として日本(東京 広尾)に上陸。サロンドゥテを併設したパティスリー、ショコラトリーとしてスタートしました。

その後2016年にKITTE名古屋店2018年に京都祇園店がオープンしています。

ボンボンはすべてフランスから直輸入。

フランスの権威あるショコラ愛好会 C.C.Cから4つ星の評価を受けています。

ラ・メゾン・ジュヴォー おすすめ商品

ボンボンショコラ

チョコレート専門サイト…という事で(笑)やはり、まずご紹介するのは「ボンボンショコラ」。

メゾンジュヴォー ボンボンショコラ

■パレ ヴァニーユ
ジュヴォーの「J」が刻印された、丸いボンボンはスペシャリテ。

マダガスカル産のブルボンバニラビーンズを使ったガナッシュが使われた一粒です。

■パレ オーレ
口の中でスッと溶けるミルクチョコのガナッシュを使った一粒。

■パレ オ テ
最高級の紅茶として有名なインペリアルアールグレイを使ったボンボン。
コーティングはビターチョコレート。「The」と刻印されています。

■ヌガ モンテ
アーモンドのキャラメルヌガーをビターチョコでコーティングした細長いタイプのボンボンショコラ。
オレンジピールがアクセント!

…など、定番、そして人気のモノも含め、種類は多数。

実店舗ではお好きなものを1粒から、催事などではアソートで。

ロカイユ

大きなメレンゲ。ロカイユ。サクサク食感で「とまらない美味しさ」と日本でも人気に。

ロカイユ

バニラ味、ショコラ味、カフェ味などの定番の他、ココナッツ味など、様々な種類があります。

毎年フレーバーが加わり、2019年はチョコチップバニラが登場!

ロカイユ

カリソン

ジュヴォー本店、地元プロヴァンスの伝統菓子であるカリソン。

クセのある独特のやわらかい食感、そしてフルーツがほのかに香ります。

CALISSON(カリソン)

オリーブ ドゥ プロヴァンス

オリーブを模したチョコレート。

ジュヴォー サロンデュショコラ

アーモンドをオリーブカラーのチョコレートでコーティングしています。プロヴァンス地方の欠かせない銘菓。

グランマンディアン

丸いチョコレートの上に、ドライフルーツやナッツを乗せたマンディアン。

メゾンジュヴォー グランマンディアン

土台のチョコレートは、ノワール、レ、ブランから選ぶことが出来ます。

ブールショコラ

ホローになった球体のチョコレートに、ハート型の穴が開いた不思議なスイーツ。

アツアツのチョコレートソースをかけるとボールが崩れ、中からソルベとフルーツが。

本店ではバレンタインシーズンに登場するレアなメニューですが、なんと、京都祇園店では通年楽しむことが出来ます。

プチガトー

シトロネル、タルトショコラなど人気のケーキたち。

メゾンジュヴォー モンブラン

ホットチョコレート

チョコの祭典「サロンデュショコラ」のテイクアウト品の中でも人気の「ホットチョコレート」。

ジュヴォー サロンデュショコラ テイクアウト

特に「ききショコラショー」は、2代目、3代目を味比べをできるセットになっていて、特にチョコレート通の皆さんから好評でした。

ラ・メゾン・ジュヴォー 原材料名 例

落花生、卵白、砂糖、粉糖、メープルシュガー、食塩(原材料の一部に卵を含む)

メゾンジュヴォー 原材料名

ラ・メゾン・ジュヴォー 店舗&通販(お取り寄せ)情報

メゾンジュヴォーの本店はフランスに。

カルパントラ本店

住所:40 rue de l’Évêché 84200 Carpentras – France(グーグルマップで開く
電話:+33 4 90 63 15 38
営業時間:~19時まで(開店時間は曜日によって異なる)

その他、フランスにはリルシュールラソルグ店、アヴィニョン店もあります。

広尾店

住所:〒106-0047 東京都港区南麻布5丁目10−24(グーグルマップで開く
電話:03-3445-1022
営業時間:10時00分~19時30分

記事の最後に訪問レポあり☆

広尾 メゾンジュヴォー

名古屋KITTE店

住所:〒450-6301 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1−1 KITTE名古屋1F(グーグルマップで開く
電話:052-433-2178
営業時間:7時30分~21時00分

京都祇園店

京都祇園店 ブティック&サロン

住所:〒605-0087 京都府京都市東山区元吉町71−5(グーグルマップで開く
電話:075-525-5211
営業時間:10時00分~21時00分

京都は国内3店舗目。
もちろん、ボンボンショコラはフランス本店から直輸入されていますが、実は京都店限定のキャラメル焼き菓子、生菓子などもあります。

ネット通販

日本でのお取り寄せは「コンセント」というサイトから可能なようです。

やじるしジュヴォー正規販売店コンセント

また、バレンタインシーズンにはデパート催事にも登場する可能性があり、もしかすると同時にそのデパートのオンラインでも販売されるかも?こちらもシーズンには、ちょこちょことチェックしてみてくださいね。

やじるし伊勢丹 オンラインショップ

「メゾン ジュヴォー」広尾店に行ってみた!

…というワケで、ここからはライターによる広尾店訪問レポを。

ライター仲間のhitomiさんとブランチの待ち合わせ!

広尾 メゾンジュヴォー 店舗内の様子

店舗は、広尾の駅から割と近いので超便利。

道路を渡った向こう側、黄色いビルの1Fにあります。

広尾 メゾンジュヴォー ブランチメニュー

店頭には、朝10時からやっているブランチメニューの看板。キッシュやクロックムッシュ、クロワッサンのサンドイッチ等がいただけるみたいです。

しばらく眺めてから入店♪

広尾 メゾンジュヴォー 店舗内の様子

入口はショップになっています。

おすすめメニューで紹介した大きなロカイユ、ショーケースにはマドレーヌやクッキーなどの焼き菓子、フルーツのコンフィチュール?の瓶詰、プチガトー、マカロン、チョコレートなど、さまざまな商品が並んでいます。

広尾 メゾンジュヴォー 店舗内の様子

正面左手奥がサロンドテ。さすが、広尾らしい、落ち着いた空間です。
テレビで見たことあるな~という、とある芸能人も窓際に。

メゾンジュヴォー メレンゲ

さて、ブランチだけでなく、もちろんスイーツメニューもあります。
自家製レモネード、ノンアルコールのモヒート、自家製サングリア、ショコラショー…

広尾 メゾンジュヴォー ブランチメニュー

ケーキセットは、さきほどのショーケースの中から好きなプチガトーを選ぶことが出来ます。
おすすめは、タルトショコラと「セブノル」と名付けられたモンブラン。

メゾンジュヴォー モンブラン

最近の流行りとは違った、しっかりした甘さを楽しめるガトーでした。

メゾンジュヴォー モンブラン

濃い紅茶にあいそう。

広尾 メゾンジュヴォー ブランチメニュー

こちらはキッシュのブランチ。
分厚くて思ったよりもボリューミー。

広尾でこの空間、そしてこのお皿なら、お値段的にはお安いんじゃないでしょうか!

みなさまもぜひ、一度足を運んでみてはいかがでしょう♪

写真&文章 グルメライターケイ

スポンサーリンク