砂糖控えめで素材の味を引き出すプラリネが絶品!「ジュリアン・デシュノ」日本初上陸

シェアする


ジュリアンデュシノ シェフ

今、パリで話題の新進気鋭ショコラトリーが、2020年バレンタインシーズンに日本初上陸!

高島屋の催事「アムール・デュ・ショコラ」に登場します。

ジュリアンデュシノのプラリネアソートと豆チョコ

「待ってました!」

…ということで、このページでは、そんな「Julien Dechenaudジュリアン・デシュノ/ジュリアン・ドゥシュノー)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

やじるし高島屋のバレンタインデー お取り寄せページはコチラ

スポンサーリンク

「ジュリアン・デシュノ」とは?

「ジュリアン・デシュノ」は、2017年11月、パリ中心地から東に約6キロほど離れたヴァンセンヌにオープンしたショコラトリー。

その南側には、広大な「ヴァンセンヌの森」が広がり、観光地として有名なヴァンセンヌ城、ドメニル湖などあります。

ヴァンセンヌの森

シェフ「ジュリアン・デシュノ」さんは、美食の街リヨン出身。ショコラティエである父の元で、ショコラに囲まれて育ちました。

数々の有名ショコラトリーで腕を磨き、カカオへの理解が大変深い、若き才能です。

こだわりの素材

素材には、ソヴリア産の砂糖漬けオレンジや、プロヴァンス産のアーモンド、ピエモンテ産のヘーゼルナッツなど最高級のモノを採用。

ビオ(オーガニック)やヴィーガンなどにもこだわりがあります。

プラリネがお得意

自社でローストしたナッツを使ったプラリネ*が得意。スペシャリテです。

プラリネとは?…ローストしたアーモンドやヘーゼルナッツに、砂糖を焦がしたキャラメルを加えてペースト状にしたもの。または、それがフィリング(中身)になった一口サイズのチョコレート全体の事。

詳しくは、「【チョコレート用語集】プラリネとは?」のページをご覧ください。

「ジュリアン・デシュノ」おすすめ商品

Boîte Pavés Vincennois(プラリネ)

地元 ヴァンセンヌの石畳(Pavé)を模した「Pavé Vincennois」。

カカオ72%のガナッシュ、ローストしたヘーゼルナッツまたはアーモンドのプラリネをフィリングに。

砂糖を出来るだけ使わずに、素材を生かした味わいが特徴です。

ジュリアンデュシノ シェフのプラリネアソート

高島屋のバレンタイン催事「アムール・デュ・ショコラ」(2020年)でも↑こちらのアソートを販売。

左から、アーモンド、そして中央のお城の紋章のプリントされたモノがヘーゼルナッツ、右がその2つのミックス…の3種類。

ジュリアンデュシノのプラリネ

アーモンドのプラリネは、やはり、在籍していたパトリック・ロジェのキューブ型のロシェと似ていますね。

ジュリアンデュシノのキューブプラリネ

カカオニブドラジェ

豆チョコ…と思いきや、なんと中身はカカオニブ(焙煎したカカオを砕いたモノ)。

それをミルクチョコでコーティングし、さらに紫色のサツマイモパウダーまぶしています。

サツマイモパウダーを使った豆チョコ

こちらも、高島屋にて販売。

Boite fruits confits

砂糖漬けされた、Soveria(ソヴリア)産のレモンピール、オレンジピール、ジンジャーをエクアドル産のダークチョコレートでコーティング。

タブレット(板チョコ)

パッケージがお洒落な板チョコにも注目。

カカオ産地ごとの、インドネシア、キューバ、ペルー、マダガスカルなどシンプルなものから、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ、アーモンド、ドライフルーツなどが乗ったマンディアンタイプのモノまで。

トリュフ

ガーナ産のカカオ75%のガナッシュ、マダガスカルオーガニックのバニラを使った生チョコ。

その他、チョコレートスプレッドpâte à tartinerやチョコタルト、ヌガー、豆チョコなど様々な人気プロダクトがあります。

「ジュリアン・デシュノ」店舗&通販(お取り寄せ)情報

店舗情報

Chocolaterie Julien Dechenaud

住所:32 Rue Robert Giraudineau, 94300 Vincennes, フランス(グーグルマップで開く
アクセス:シャトー・ド・ヴァンセンヌ駅から北へ300メートルほど。

電話:+33 1 45 73 94 02

営業時間:9時30分~19時30分
日曜日のみ9時30分~13時30分

www.juliendechenaud.com

ネット通販 お取り寄せ

日本からのお取り寄せは、高島屋オンラインショップにて。

やじるし高島屋のバレンタインデー お取り寄せページはコチラ

ライターのひとりごと

前述の、高島屋「アムール・デュ・ショコラ」のメディア向け内覧会で、シェフご本人とお会いしました。

マイクを向けられ、

「オハヨゴザーマース!」と日本語であいさつ。

自身のスペシャリテであるプラリネに関しては、

「一般的にたくさん出回っているプラリネとは少し違い、砂糖を出来るだけ少なくして、材料(ナッツ)の味わいを強く感じるものを意識して作っています。」と語ってくださいました。

ジュリアンデュシノ シェフ

ずっと気になっていた、プラリネのプリントについて伺うと「お城の紋章だよ」とニッコリ。

催事開始を待って、ぜひGETしようと心に誓いました!

ジュリアンデュシノ デモンストレーション