青いチョコの中に、香ばしキャラメル「ケルノン ダルドワーズ」

シェアする

フランスでみた青いチョコ

観光客からは「古城めぐりの出発点」としても知られる、フランスはロワール地方アンジェという場所にある小さなチョコレートショップ「Quernons d’Ardoiseケルノン ダルドワーズ)」。

日本では「青いチョコレート」としてブームになり、ショコラ女子のみならず多くの人に知られる存在になりました。

というワケでこのページではそんな「Quernons d’Ardoiseケルノン ダルドワーズ)」について、その特徴、おすすめ商品、店舗詳細、お取り寄せ情報などお届けします。

スポンサーリンク

ケルノン ダルドワーズとは?

ケルノン ダルドワーズは、1950年創業のチョコレートの店、ア・ラ・プティット・マルキーズのショコラティエが発案した、ロワール地方アンジェの銘菓です。

ケルノン ダルドワーズ ミニサイズの箱

アーモンドとヘーゼルナッツ入りの薄いヌガティン(砕いたアーモンドを飴がけしたもの)を、ブルーに着色したホワイトチョコレートでコーティングしています。

ケルノン ダルドワーズ 中身

中身がヌガティンだと水分量が少なくて、日持ちするのも大きなメリットだとか。お土産にイイと聞きました。
…って、お土産でピンと来たんだけど、なんかこれ、(こんな風な言い方すると怒られそうだけど)雷おこしを思い出すます!

なんかどこか懐かしい、ほっこり味だと思っていたんですよね~。

フランスでも、やっぱり人気らしい。

フランスでもよく知られた存在なようで、食品イベントなどには必ず登場するのだとか。

フランスでみた青いチョコ

↑私も、日本でのブームよりも少し前かな?パリで開催されたサロンデュショコラで見かけました。ザクザクと置かれた試食、もちろんいただきましたよ♪

フランスでみた青いチョコ

その時は、マグカッププ入りのモノとか、大袋にギューっと詰められていたりとか、ハート形だったり…とさまざまな形のプロダクトが販売されていました。

アンジェ地方特有の屋根がモチーフ

「食品」としては珍しい、ブルーカラーの理由は、地元で使われている青い屋根瓦。

そういえば、ロワール川沿いの古城たちの屋根も青いところが多いような…?(関係あるのかしら)

アンジェ城

ちなみに、pariswave.comさんのページによると、「ケルノン」というのが、この地方のスレート屋根瓦の原料となる粘板岩のことなんだそうです。

ケルノン ダルドワーズ 店舗&通販情報

日本に店舗という店舗は存在しませんが、青いチョコレートが人気になった事から、日本でもワリと気軽に購入できるようになりました。

2017年(だったかな)では、高島屋の催事でも発見。

前園真聖 青いチョコレートを試食

スイーツ男子の前園真聖さんが登壇されたイベントの取材時では、いの一番に紹介されていたりも。

↑上の写真は「えっ、これチョコレートですか?」と、驚きの前園さん。

前園真聖 青いチョコレートを試食

もちろん、ネットでのお取り寄せはもっと気軽に。

火付け役のフェリシモのみならず、楽天やAmazon、そしてバレンタインシーズンには高島屋などのデパートでも手に入れる事が出来ると思います。

やじるしAmazonからお取り寄せする
やじるしフェリシモからお取り寄せする
やじるし高島屋のバレンタイン&ホワイトデイ商品をチェックする

グルメライターケイのひとりごと

すみません、私、コレいまだに、どれがブランド名(店名?)で、どれが商品名なのかよくわかっていません。

ケルノンがメーカー名?ア・ラ・プティット・マルキーズが店名?
ケルノン ダルドワーズが商品名??

スポンサーリンク